ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

アキレス腱 痛みも慢性化 でも治さなきゃ(1)

5泊6日の旅から戻ってきた。別に海外に行ってきた訳ではない。空路と陸路で東京、大阪、京都に行ってきた。まずは、東京である。羽田空港に着いて京浜急行で都心へ向かう…。目的地の駅に着いて、早速、宿泊ホテルにチェックインだ。朝一番の飛行機だからチェックインも朝10時だった。もちろん荷物だけホテルに預けて行動開始である。今回の主たる目的である足の治療を行う病院に向かう。

ブログでいつも書いているように、ボクのアキレス腱の痛みはもう15年前からだ。本当に痛みを堪えて走っていた。あまりの痛さに城南区神松寺の佐田整形外科に10年前に通院したら「アキレス腱周囲炎」と言われた。アキレス腱とは、ふくらはぎの筋肉と踵骨を繋ぐ腱のことである。走り過ぎると走るのに必要なふくらはぎ(ひらめ筋等)と踵を繋ぐアキレス腱にストレスがたまる。だからアキレス腱の下部の炎症を起こし腫れてくる。腫れがひどくなると石灰化してきて盛り上がったままの状態になる。その状態がボクの状態だ。走り始めは痛みが強く走り続けると緩和される。だから最初の走りだけ我慢すれば走れる。その繰り返しであった。良くなったり悪くなったりであった。

だから、足のことを書くといつも矛盾していた。同じフォームで走っていて今日は抜群でも次の日は駄目みたいなことになる。フォームではなく、病状「アキレス腱周囲炎」の調子によって変わるのだから当たり前のことでる。その整形外科ではなかなか直らない治療に、別の道を見つけようとするために名医を求めて東京まで出向いた。

その病院とは…今日はここまで。長旅の疲れもありお休み!
by hyocori-hyoutan | 2010-04-25 22:43 | 健康化大作戦

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan