ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

またまた大東園 焼肉と冷酒 今宵も楽しく…

土曜日は走りこみ仲間と一緒にランニングをした。でも所用で2時間の予定が1時間しか走れなかったが、気分は上々で打ち上げにも積極的に参加した。飲んだ場所はいつものランニングコース沿いの浜辺公園であった。各自で持ち込んだ飲み物、食べ物で愉快に過ごす。ボクはロング缶2本と、より盛り上がった時の非常用の焼酎を持参する。他のメンバーと比べても走っていないのに盛り上がりでは負けない。これも計算のうち、非常用の焼酎も飲むのも計算のうち…。そして家に戻るとだんだんと酔いが回ってくる。それに合わせて焼酎のロックを濃い目に一杯飲み干す。これから先は記憶なく、家族の翌日の会話で再現をする。まずはオクさんの一言…。

「明日の日曜日は焼肉を食べたいね」
「いいよ、食べに行こうか。どこに行こうか」
「焼肉にいくなら、大東園にしようか」
「いいよ、大東園なら美味しいもんね」

と言う会話をしたらしい。日曜に夕方に「さあ、そろそろ大東園に行こうか」と家族達は用意を始める。「何のこと?」と不思議がるボクに昨日の夜の会話が再現される。そうだったのか。酔いが回っていなければ「ウエストの焼肉」で済んだのに、酔いが回っていたので「大東園」の焼肉の約束をしてしまった。少しの悔いも残るが同じ食べるのなら美味しいほうがいい。早めの夕食で日が明るいうちに出かける。
c0070439_23124736.jpg
やっぱし美味い!美味い!娘2人とオクさんの計4人で食べ始める。飲むのはボク一人。昨晩の飲みすぎにもかかわらず美味しい焼肉の前では食も進む。土日でゆっくり家でくつろぐのも好きだが、皆が喜んでくれるならば外食もいいもの。4人の中では一番テンションが低く家を出ても、いつの間にか一番テンションが高くなってしまった。
c0070439_23172076.jpg
肉だけでなく、冷麺やサラダも次から次に注文をする。そして、生ビールのあとには、冷酒を飲み始める。飲んだ冷酒の瓶はころころと転げだす。といいいながら飲むのは一人。2本だけでほろ酔い気分となる。6月の梅雨前の爽やかな土日も楽しく過ぎていく。
c0070439_23203062.jpg

by hyocori-hyoutan | 2010-06-06 23:22 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan