ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

孫娘誕生 ほっと安心 母子健康 

無事に2人目の孫が生まれた!!

出産で里帰りしていた娘は予定日を迎えていた。そして何事もなく過ぎようとした夜の11時過ぎから陣痛の気配が生じてきた。結局眠らずに朝方4時まで我慢をして、それから親であるボクたちを起こしに来た。病院に連絡をしてオクさんが…、娘が…症状を病院側に伝える。電話を切ったあとは、車で15分のレディースクリニックに直行する。幸いにも週末であったため、娘婿も同行することもできる。

3分間隔の陣痛、周期的に襲ってくる。陣痛の痛みを和らげるためにオクさん、娘婿が交替で背中を擦ってやる。ボクはじっと見守るばかりだ。実は陣痛の苦しさを見るのは初めてだ。子どもは3人いるが、一番上の長男のときは、オクさんは里帰り出産で陣痛に立ち会うことは出来ず。そのあとの長女、次女ともに里帰りせず我が家にいたが、陣痛がでて産婦人科に連れて行くだけだった。当時は、夫が出産に立ち会うということはなかった。だから、病院の通路横のソファーで待機していたら…
「まだまだ、時間がかかりますから、生まれましたら家に連絡しますから、家で待機していてください」
「はい、わかりました。家で待機しています」
そう言って自宅で待機して、生まれたとの連絡を受けて病院へ直行した。

時代は移り変わった。出産の立会だけでなく、陣痛の苦しみも共有する時代になっていた。こんなときは男は無能である。オクさんは、娘の気持ちを和らげるように声をかけていく。早朝から昼、そして夕方と状況は変わらない。助産婦さんからは「明日の早朝に出産かもしれない」と告げられる。早く陣痛から解放させてやりたいが、自然の摂理に従うしかない。

状況が変わったのは夜の9時過ぎだ。様子がおかしく看護婦詰め所に行くとすぐに分娩室に入る。娘は不安だから、母親である「オクさん」が横についていて欲しいと言う。母親は強くてたくましいものだ。そして、娘婿とボクは病室で待機だ。夜10時過ぎにはオクさんが待機していた病室に飛んでくる!

「もうすぐ、生まれるよ!」
娘婿も分娩室に入る。ボクは相変わらず病室で一人で待機する。病室のテレビからは、ワールドカップの試合が放映されている。歓声やブブゼラの音がスピーカーから流れてくる。でもその音もボクにとってはBGMみたいに右耳から左耳に流れていく。

そして、11時過ぎには無事に生まれた。母子ともに無事でよかった。出産後はボクも分娩室に横たわる娘と生まれてすぐの孫娘を見つめる。気持ちは昔風に言うと「こんにちは、赤ちゃん…」という感じだ。2926gの赤ちゃんを抱かせてもらう。目もくっきりと開けてくれている。口はもぐもぐと動かしている。しわくちゃな手は生まれてまもない感じ、そして指には薄い透き通るような爪も生えている。頭にはニットの帽子をかぶせ、その帽子には母親の名前もきちんと書かれていた。

そして一息、日付けが変わった午前1時頃には安心して帰宅する。翌朝に行ってみると、何とわが孫(娘)の後には、5分後に一人、朝方3,4時頃に3人の新赤ちゃんも生まれていた。昨晩で5人の赤ちゃん誕生だった。大きな丸いセンターロビー沿いのガラス部屋には、生まれたばかりの5人の赤ちゃんが仲良く並んで気持ちよさそうに寝ていた。
by hyocori-hyoutan | 2010-06-27 23:47 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan