大晦日 若八幡宮 今年も厄除け祈願

大晦日恒例の若八幡宮の厄除け祈願に行ってきた。昔は押すな押すなの大混雑だった。お札やお守りも穴を掘ってその中で天まで届くような炎を上げていた。今はキチンと整列してお参りの順番を待つ。整列に並んで待つこと40分でやっと本殿に到着をした。
c0070439_22523769.jpg
境内の中にあったお札の返却所で昨年のお札を戻す。昨今の野焼き禁止、ダイオキシン対策で勝手に焼却はできないのも時節柄しかたない。昭和30年代から40年代は親に連れて行かれた。厄除け祈願をしてお札をもらうだけでは子どもはついていかない。夜店で必ず綿菓子などを買ってもらうのが楽しみだった。結婚してからは、年老いた親とオクさん、そして小さな子ども連れて行っていた。大晦日…寒が緩んだ時もあるが寒さ厳しい時もある。思い出すのはやはり寒さ厳しい年ばかりだ。近くの駐車場から肩を丸めて境内に飛び込んでいた。そばには老舗の和菓子屋「如水庵」の店もあり、筑紫餅や開運饅頭などを買っていた。そして、一緒に行っていた子どもを成長して、今年は夫婦二人だけの厄除け祈願になってしまった。月日は流れは早いものだ。
c0070439_22525715.jpg
参拝が終わっても大晦日だし忙しい。デパートに予約していたおせち料理を受け取りに行き、その帰りには博多駅に関西から戻ってくる長男夫婦のお迎えだ。2歳半になる孫息子も大きくなっていることだろう。
c0070439_2253884.jpg
今年の正月もあと少し。毎年同じことだが、同じ事を繰り返すお正月はありがたいものだ。毎年同じ事といえば、元旦の初詣三社詣りランも予定している。少しは寒が緩んでくれたらいいけどなあ…。

by hyocori-hyoutan | 2010-12-31 22:51 | 家族