ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

元気を贈る 西日本! これからはそうありたい 

いつの間にか年度の表記の仕方が変わってきた。昔は昭和60年、平成6年などのように元号に基づく表示が日常生活や仕事の中でも統一されていた。でも最近は元号よりも西暦表示が中心になってきた。これも昭和から平成に時代が移ったせいかもしれない。

ボクたち世代にとっての元号と西暦表示の融合点は、1964年=昭和39年である。この年は東京オリンピックの開催年である。ボクも小学校6年生…これで全ての事象を整理する癖になっている。「昭和の年号に25年加えたのが西暦だ」とか、「君は東京オリンピックの年は何歳だった?えー小学1年生、じゃボクより5歳若い」とか。

そして平成元年が1989年ということもボクの頭に刻み込まれている。この年はボクの長い仕事の上でも忘れられないのが「福岡シティマラソン」の開催年だったこと。若かりしボクが全力で達成した仕事だから覚えている。当時ボクは36歳だったかな。この平成の覚え方は「平成の年号に88年加えたのが西暦」ということになる。でもボクの年齢的には、敏感な昭和から鈍感な平成に移ったせいかもしれないが、若干混乱して分からなくなることもある。これも仕方ないことかもしれない。でも、今年は西暦と平成をつなぐもう一つの大きな事件があった。平成23年に88年加えて2011年の今年…東日本大震災のあった年であること、これもあと10年、20年たっても忘れられない出来事であろう。

幸いボクは西日本に住んでいる。悲惨な状況はテレビや新聞、雑誌を通してしか知らない。温度差はあるので、今年の花見は開催されるであろうが、やはり例年の5割、6割になるだろう。今も大変な生活を強いられている東北3県や東日本は大変だから心情的に遠慮する。でも西日本が心情的に自粛していてもしょうがない。出来るだけ活発に生き生きと生きていかなければいけないと思う。今年はまだ3月である。1年は長い、12月までには元気な日本の半分くらいは復活しなければいけない。今日はそんなことを思った。
by hyocori-hyoutan | 2011-03-30 22:09 | ああ無常

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan