ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

阿蘇に遊ぶ ペンション泊まって しばしゆったり(1)

土曜日の雨…金曜日の夜から続いている。でも、とりあえず熊本西原に向かって出かけよう。そんな気持ちで朝5時半の起床した。そして、いつものようにPCを立ち上げメールチェックを行う。すると。キューネットの楽しく走ろう大会事務局からのメールが届いていた。メールの内容は、雨のための中止…。すぐに準備に取り掛かっていた家族にすぐに伝える。

「キューネットは雨のため中止だと。メールで連絡が来た!」
それを聞いた家族は、PCの周りの集まってくる。でも、みんな安心したみたい。雨の中の芝生は大変、雨が止んだとしても多分ぬかるみの状態は間違いなしだから。

「では、皆さんもう一度寝ましょう!、阿蘇に行くの行くよ。せっかくペンションの予約を入れたのだからね。次に起きた時間が出発です」
と言って再びベッドもぐりこむ。

起きたのは朝9時であった。そして10時には阿蘇に向けて出発だ。10時に出発してもペンションに直行するには時間が余りすぎる。そこで仙酔峡ロープウェイから阿蘇山に上ることにする。阿蘇登山道坊中線を過ぎて行くと宮地駅のそばから仙酔峡に向かって右折する。そこに大きな看板があった。
「仙酔峡ロープウェイは休止しています」とのこと。聞いてみると2010年5月から休止しているという。実質的には廃止だろう。かなり老朽化していたし、新規に設備投資するだけの財力は地元にはないだろう。観光地化が進んでいなくても仙酔峡のつつじは有名だったので残念なことである。
c0070439_22115571.jpg
仙酔峡は、阿蘇の中でもボクの好きなところである。仙酔峡の下には「国立阿蘇青年の家」がある。今は特別行政法人になって「…青年交流の家」になっているみたいだ。この風景がいい。敷地内のなだらかな丘陵、芝生地帯、そして真近に根子岳を見上げることが出来る。ロープウェイが閉鎖されていても、インフォメーションセンターは閉鎖されずにオープンのままであった。そこの事務所のおばさんが面白かった。親しみ深く話しかけてくる。
「どこから来たの?」
「可愛い孫さんね」
「今からどこに行くの」
「桜は千本桜がいいよ」
「高森に行くなら高森湧水トンネル公園に行きなさい」
c0070439_2212141.jpg
そう言われて、ボクは行ったことのないない湧水トンネルに行ってみた。延岡~高千穂の鉄道(高千穂線)と高森を繋ぐ鉄道敷設のためのトンネル工事であったが、湧き水が多くて工事を断念したらしい。入口から奥まで500mあまりを歩いていく。夏場でも気温17度という涼しさを維持している。最近の観光スポットになっている。
c0070439_22123170.jpg
c0070439_22131028.jpg
このトンネル見学を終わるともう午後3時だ。さあペンションに向けてドライブをしよう。
by hyocori-hyoutan | 2011-04-24 21:29 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan