ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

阿蘇に遊ぶ ペンション泊まって しばしゆったり(2)

c0070439_2254395.jpg
高森湧水トンネル公園から車で30分くらいだったかな…ペンションメルヘン村に着いた。本日の宿泊ペンションは「北海道の輝き☆ティンクナ」である。メルヘン村自体が高台にあり、全部で7つのペンションが木立の中に点在している。宿泊の「ティンクナ」一番手前にある、高台の端にそびえている。とても見晴らしがいいペンションだ。
c0070439_22543390.jpg
メルヘン村の看板では一番下に表札がある。メルヘン村自体は創設から20年は経過している感じであるが、「ティンクナ」はまだ5年程度だから新しい。阿蘇の泊まりたいペンションランキングでは常に上位(1,2位)を占めている人気のペンションだ。到着してすぐにぺンションのオーナーが出迎えてくれる。こんな時は赤ちゃん連れがいい。話題は赤ちゃんになる。そして、部屋も3人+赤ちゃん(無料)にもかかわらず、ファミリーの4ベットルームに案内をしてくれた。それも部屋の模様替えをしてくれて赤ちゃんが落ちないように3ベットはドッキングだ。残り1ベットだけがちょっと離れている。当たり前のごとく、ボクは離れの1ベッド、3ベットは娘、オクさん、それに孫娘だ。家庭的な風呂、シャンプーバイキングの浴槽に身を沈める。その後は午後6時半からのディナータイムだ。
c0070439_22545886.jpg
まずはメニューを見て本日の献立を確認する。メニューを見るには10秒程度、アルコールのメニューを見るのは、約3分間だ。当然ビールを1本飲む。あとは冷酒にするかワインにするか悩むが、本日はワインに決定する。白ワインのオリジナルのラベル(ペンション名)が貼り付けてある、これを注文する。
c0070439_22551812.jpg
早速、前菜が出てくる。ハマグリがうまかった、きゅうり&イカの塩辛が酒にあう。もちろん、生ハム、その下に隠れていたホタテもうまい、合鴨ロースも日頃は食べる機会もないが美味だ。美食家ではないからコメントも味気ない…失礼。
c0070439_22553795.jpg
次の料理は鮭のチャンチャ焼きだ。これは上品な味だ。豪快なチャンチャ焼きではなく鮭のやわらかさに箸が進む。そしてメーンの阿蘇赤牛のひれステーキが出てきた。これはあまり美味しそうなので、ホークとナイフで口にヒレ肉を運ぶ。その後に写真撮影をすることを忘れていたことに気づく。次のスィートコーンスープも同じ、撮影を忘れてしまった。日頃のコーンスープとは味が違う。とうもろこしそのものの素材の良さを感じる。コーンを摺ったままの味である。うまい!
c0070439_2256222.jpg
最後はデザートとコーヒーである。デザートはボリュームがあった。アイスクリームは大きい、ケーキもうまい。
c0070439_22563841.jpg
いつの間にか720ccのフルボトルの白ワインをほぼ一人で飲み干してしまった。これで今夜も熟睡だ。1時間半ばかりの楽しいディナータイムは過ぎていった。本日のゲストは5組であった。赤ちゃん連れはわがグループだけだった。食事途中には、泣きもしない我が孫娘だった。親孝行、ジジババ孝行の孫であった。
by hyocori-hyoutan | 2011-04-26 22:53 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan