ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

阿蘇に遊ぶ ペンション泊まって しばしゆったり(3)

c0070439_0221286.jpg
朝は散歩から入る。昨晩、ワインボトルを飲み干したわりには爽快な朝であった。歩いていくと阿蘇100kmのスタート地点のヴィーナス温泉までたどり着いた。誰一人もいない静かなヴィーナスである。一歩一歩道を確かめる。100kmレースまであと40日あまりであるが、スタート地点を目の前にして少しづつ闘志もみなぎる。
c0070439_0175052.jpg
散歩からペンションに戻ると朝食タイムである。見晴らしのいい食事コーナーでゆっくりとご馳走になる。赤ちゃん連れであるので、赤ちゃんの着替えをしていたら、他の人より少し遅れてテーブルにつく。運ばれてきた朝食は北海道産のオケクラフトの器が使用されていた。木のぬくもりが気持ちいい。スープも美味しい、大好きな卵料理も美味しい。パンも朝出来立てである。
c0070439_0184012.jpg
c0070439_0185731.jpg
料理の後のコーヒーカップもオケクラフトだ。コーヒーにもこだわりがあるようだ。ボクはコーヒーにはこだわらないが、確かに美味しい。
c0070439_0193161.jpg
朝食が終わると、チェックアウト時間の10時まで部屋でくつろぐ。帰路のルートを考える。天気は曇りから雨の予報だ。久しぶりに大観峰に行ってみようと思ったが、雨の天気予報じゃ仕方ない。阿蘇のファームランドで時間を潰す。そして、赤水線から草千里に向かう。あいにくの霧の中で雄大な景色は見渡せない。仕方なくそのまま車から降りることなく吉田線を下って再び南阿蘇に出てくる。更に俵山トンネルを通過して熊本空港インターから高速で帰ることにする。途中いつも立ち寄る「萌の里」で買い物だ。西原産のさつまものが美味しそうだ。箱買いして関西にいる息子にも宅急便で送る。もうすぐ3歳になる孫が、サツマイモが大好きだ。孫の喜ぶ顔が目に浮かぶ。
c0070439_0195995.jpg
そして初めてであったが、「萌えの里」のレストランにも入る。ここの山菜や野菜を中心にしたバイキングがうまかった。しかも1000円だから手ごろである。これも病みつきになるかもしれない。
c0070439_0201344.jpg
今回の旅行は、阿蘇西原でのクロスカントリー大会出場が目的であったが、中止になっても十分に楽しめた。今度阿蘇に来るのは阿蘇100kmレースの40日後かな…。
by hyocori-hyoutan | 2011-04-30 00:54 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan