ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

寅さん 来たけど休館 また来るよ!

【東京遠征6】 さあ、福岡に帰る月曜日だ。息子①を職場に送り出し、こちらも福岡の家路に向かうことにする。ただし、帰路の航空便は羽田発19:30……十分に時間がある。

c0070439_0102936.jpgそこで、前回、妻が一人で来た時に息子①から連れて行ってもらい、今回また行きたいと言った「月島」に行くことにする。月島とは、もちろん「もんじゃ焼き」の町である。浜松町から大江戸線に乗り換え、月島下車。駅前からすぐに「もんじゃの商店街」に入る。思い描いた以上に古い町並みで、戦前から建物、お店も目につく。東京の面白いところは、高層化されたビジネス街だけでなく、古びた町並みが残っているところも楽しい。月島もそんな町かな。

c0070439_0111313.jpgガイドブックに一番最初に載っていた「いろは」というお店に入る。もんじゃとお好み焼きを一品づつ注文、もちろん一本ビールもつけて。本場のもんじゃはうまいし、香椎浜のジャスコに入店しているもんじゃの店より、一人前のボリュームがある。といいながら、もう一人前を注文、「特製もんじゃを一つ追加です!」 そして、「もう一本ビールも……」 飲むのは私一人で、「飲みすぎじゃない?」と言われました。

さて、ゆっくりした昼食をとっても、まだ午後2時30分……。
「何処に行こうか?」
「葛飾柴又に行こう!」

c0070439_011417.jpgまた、浜松町の大門に戻り、京浜線に乗り換え「柴又」をめざす。
葛飾柴又と言えば寅さんの生まれ故郷、東京の下町かな……と思っていたが、
列車に乗ると浜松町から約40分、想像していた以上に小さな町と駅である。
駅前には寅さんの銅像がある、記念写真をとる。そして、柴又帝釈天の参道が続く。

映画に出てくるお寺の鐘や境内である。
なんとなく初めてであるが来たことがある気持ちにもなる。
c0070439_0122067.jpg
矢印をみると「寅さん記念館」もある。早速、境内を通り抜け、矢印の方向に進む。
歩いて7~8分、葛飾区観光文化センター内にある「寅さん記念館」に到着する。

しかし看板をみて、「あっ……」とする。月一回の休館日にぶつかってしまう。
しょうがない、警備のおじさんが「何処から来たんですか?」と尋ねる。
「福岡から来ました」
「それゃ残念だ。裏の河川敷は『矢切りの渡し』の記念碑もあるから見学していったら……」

c0070439_0133178.jpg裏の土手に登る。登ると江戸川の河川公園みたいな景色のいいところだ。
まてよ、ここは寅さんの映画のシーンに出てくる風景だ。遠くに鉄橋が見え、雄大な江戸川と、その緑の斜面、寅さんが座って、さくらや満男と「人生とは……」としゃべっているショートコントのシーンである。c0070439_0135575.jpg

帰りはまた、参道を通って行ったが、1作から4作に実際使用された「とらや」で草だんごを食べ、有名な松屋の飴総本店「セキトメ飴」をお土産に列車に乗り込んだ。
by hyocori-hyoutan | 2005-04-30 23:51 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan