下関で 自然薯蕎麦 暑さも忘れる美味さ

下関に向かう。オクさんの実家の月命日の墓参り。前日の土曜日は我が家の墓参り…。土日は墓参りで忙しい。そんな年になってきたのであろう。年老いた親を連れてボクが運転で下関に向かう。元気なオクさん、その両親もボクにとっても大事な人(義理の父母)である。ボクの親は既に他界しているので、なお更のことである。
c0070439_23474891.jpg
墓参りの後は、いつものように蕎麦を食べに行く。行ったところは下関の長府武家屋敷の土塀沿いにある、そば処「はつ花」である。今日は満員でなく待たずに席に案内された。いつも悩むのメニュー…、腹いっぱい食べるには大エビがのっているエビ天丼だが、今日は少し上品にエビ天そばにした。自然薯もついてくる。これが美味い。
c0070439_23475938.jpg
c0070439_23481038.jpg
食べ終わったら、後は福岡に帰るだけだ。腹いっぱいで眠気に襲われるのが怖かったが無事に帰宅。そして仕事に向かう。今は忙しい時期だ。職場に夕方5時に着いても夜9時までは仕事ができる。休み出勤の4時間は平日の8時間以上の仕事がこなせる。電話はなし、話し相手もいない、仕事に集中するのみ。アフター5の残業より土日出勤残業の方がなんとなく好きだ。さあ、これで月曜日からのスタートダッシュができるかな。

by hyocori-hyoutan | 2011-07-26 23:47 | 家族