ゴッドハンドも 過労になった わが身は治せず

東京に行った時には必ず寄るところがある。アキレス腱付着部炎症の治療である。もともと右足だけであったが、今は均等に左右ともにカカトがいたい。それでも、以前と比べると軽快はしている。その病状の好転の理由は、この「ゴッドハンド」治療である。
c0070439_2323341.jpg
東京に着いて、鎌倉見物のあとにこの治療院に出かけたものの休診であった。ドクターの体調不良によるものだ。がっかりだ。せっかく東京まで来たものの治療が受けることができず残念であった。そう思っていると、帰路はアキレスが余計痛くなったような気がした。また、近日中に東京に来る予定もある。それまでにドクターも元気になってくれたら嬉しいが…。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-28 02:41 | 健康化大作戦