ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

不思議な治療 気導術学 走りが楽しみに…

ボクのアキレス腱痛はもう整形外科では治らないから、いろんな治療を模索してきた。板橋のゴッドハンド治療もかなりの成果を生み出した。車を降りた後や、朝起き直後の痛みも軽減してきた。でもまだ完治という具合にはいかない。そうした中で耳より情報を取得した。佐賀の整骨院(気導術学みたい)の治療が効果あるらしいとのこと。

百聞は一見にしかず…ということで本日早速でかけた。大きな家の玄関を入ると、普通の家の土間があり、右側の和室2部屋が待合室兼診療室になっていた。もちろん、予約して診察に来た訳だが待つこと約30分で診察の順番がきた。問診の前に今の症状を説明しなければいけない。

「アキレスが痛いです。整形外科に行っても治りません。大腿部の裏側に突っ張り感があってとれません。走っていると自分は気付かないのですが、他の人から体が傾いて走っていると言われます。バランスが悪いのかな…と思っています。速く走りたいです」

そんなことを説明した。診察台の前でまづ直立をさせられた。2mほど離れたところからボクの体を見つめること5秒程度でボクの体の作りが判明したらしい。次は両手を体の前に平行に伸ばし力を入れて体制を維持する。先生は上から手を下ろそうと上から力を加える。もちろんボクが力を入れて踏ん張っているから手は下に落ちない。今度は体の向きはそのままで両手の向きだけを右45度、左45度にして同じことを繰り返す。不思議なことに左45度は踏ん張られても、右45度は力が出ず少しばかりの上からの力で手が下がってしまう。

これは体の中の力がプラスとマイナスになっていなければいけないのが、プラスとプラスになっているからだそうだ。わかったようでわからない。でも施術されたら右と左にバランスが良くなった。

次は仰向けになってまっすぐに寝る。左足の方が長いらしい。左足の付け根を先生が押す。飛び上がるみたいに痛い。その痛いところをボクに抑えたままにしておきなさいと言う。先生は頸椎あたりを指圧みたいにマッサージされる。すると左足付け根の激痛が緩和した。足も右足、左足の長さが同じになった。不思議なものだ。ボクは左肩が上がり、右肩が下がっていたのは左足の方が長かったのが原因みたいだ。

三番目は、股関節周りの可動域を広めるマッサージだ。これが一番痛かった。うつ伏せでお尻の骨が出ているところを強くマッサージされる。足の先まで電気が走る。手を握り締めて痛さに堪える。すると大腿部裏側のしこり、鈍痛が消えたみたい。最後は猫背と腕振りの矯正だ。肩甲骨を抑えられて矯正をされる。これも少し痛かった。賞味の治療時間30分かかったかな。

体が軽くなった。左右のバランスも良くなった。これで12月のフルマラソンも快走できるような予感がしてきた。この高揚感は久しぶりだ。乞うご期待だな。
by hyocori-hyoutan | 2011-11-27 20:34 | 健康化大作戦

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan