ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

白川郷ライトアップツアー 2泊3日 ラッキーの連続!(その6)

夕方5時過ぎには飛騨高山に到着した。今宵の宿「高山グリーンホテル」に寄らずに「飛騨の里」に直行した。合掌造りの民家の雪景色の2日目であるが、やはり素晴らしい。白川郷では完全日没の暗闇のライトアップであたが、ここ「飛騨高山の里」は日没前で明るいし全景が見渡せる。
c0070439_225952100.jpg
元々いろんな場所に合った江戸末期から明治初期の合掌造りの民家を集めてきた観光用のテーマパークであるのが、今も住人が住んでいる白川郷との違いであるが、観光用の方がコンパクトにまとめてあるから見やすい面もある。
c0070439_2301118.jpg
c0070439_2302542.jpg
早速カメラを構えて見事な風景をカメラに収める。寒さも厳しいとはいえ体も慣れてきたので、興奮度の方が増して寒さを感じない。九州じゃ見れない雪景色の連続だ。また、カメラに収める写真は全て雪が美しさを表現してくれる。カメラテクニックは全くの不要だ。
c0070439_231476.jpg
c0070439_2313426.jpg
民家を撮るにはストロボをたかない方が写真の出来がいい。手前の雪が黒く、ターゲットの屋根に積もった雪の白さが引き立つ。逆に人物を撮るには光量が必要でストロボが必要、少しくらい民家の雪が変色してても仕方なし。
c0070439_2315258.jpg
c0070439_2321165.jpg
c0070439_232315.jpg
c0070439_2325563.jpg
飛騨の里の中央にある池は薄氷が張っている。そこを照らすライトが美しさを助長する。一周を約40分かけてひとめぐりをする。その頃には陽も落ちて再び暗闇が合掌造りの民家を覆ってくる。静けさがあたり一面を包みこむ。
c0070439_23165434.jpg
さて、2日目のホテルに到着した。早速夕食タイムである。今回のツアーは歩くことが多かったが、まだまだ元気である。履いてきたトレッキング用のシューズは正解であった。雪や水が靴に侵入することはなし、凍結した路面でも滑ることは稀であった。そして、最大の功績は雨にも遭わず晴天続きのツアーであること。明日は最終日、明日も晴天でありますように期待を込めて乾杯をする。
c0070439_23171034.jpg

by hyocori-hyoutan | 2012-02-29 22:59 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan