ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

狭くても 環境に順応 ボクと孫娘

狭い家の話しの続き…エアコンの電気代も契約の中に入っているので自己負担なしだから、ついエアコンのスイッチをいれてしまう。昨晩も台風通過したあとの涼しさは十分で気温だったが、エアコンのスイッチはONへ‥‥。しかしあまりにの涼しさ、いや寒さに夜中に目を覚ましてエアコンをOFFにする。するとそれから熟睡してしまった。変な話だ。

こんな借り住まいも、あと1ヶ月は続く。部屋の掃除は狭いので楽、コンパクトな生活は結構気軽である。またマンションでは味わえない2階建ての階段のある生活は面白い。でも、そう思っているのはボクだけみたい。同じ住人のオクさんや娘は狭いのが嫌みたい。そうそう、もう一人の住人がいた、娘の子どもである2歳の孫である。この孫は環境に影響されず、すくすくと大きな声、大きな鳴き声、笑い声を発しながら元気そのものである。環境に影響されないのは、ボクことジジと、可愛い孫の二人だけだ。


朝も微妙な時間帯、出かけるジジと、起きてくる孫娘‥いつも朝はすれ違い。簡単な朝の挨拶をしてボクは13kmのクロスバイクに乗って職場までの道程を漕ぎだす。手を振って見送ってくれた孫娘ともしばしの別れである。帰宅すると、狭い家だから玄関のドアを開けると、必ず孫娘の顔が目に飛び込む。狭い借り住まいであるが、それなりの楽しさを見つける生活は続く。
by hyocori-hyoutan | 2012-06-20 22:25 | ああ無常

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan