ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

仮住まい やっぱし仮の生活 中途半端に過ぎていく

またまた狭い家の話…。狭いキッチン兼リビングでは、座り込んだ生活がメーンになる。食事もしゃぶ台の上で済ませる。家具付きのウィークリーマンションといっても、ちいちゃな四角い座卓が一個あるだけだ。座り込んでしまうと正座もアグラも苦手だから、壁にもたれて足を伸ばしたままの行儀の悪い食事風景になってしまう。そうなると、立ち上がらずに手を伸ばして、必要なものを手に入れようとする。無理に手を伸ばして物を取ろうとしたらひっくり返すハメになる。

備付きの冷蔵庫も小ちゃな2ドア冷蔵庫だ。今までの450リットル冷蔵庫とは収納量が違う。缶ビールのスペースは1本だけになった。毎晩ビールを1本飲むと、冷蔵庫横のビール箱から500ccの缶ビールを取り出して明日用として冷蔵庫に入れて冷やす。このことだけは忘れないで実施している。晩酌のビールへの執念だ。

食事が終わるとそのまま備付きのTVを見るが、このTVの画面も小さく映像もクリアではない。まあ、備付きだからあまり文句は言えない。それでも、日本人同士のプロボクシング世界タイトルマッチは面白かった。リフォーム中の我が家にあるレグザの大画面で見たかった。

さあ、そろそろ寝ようか。寝室は2階だ。2階には2部屋ある。エアコンのついている部屋がボクの部屋。寝る前にノートPCを開いてメール等をチェックする。そのノートPCを置いているのも丸椅子の上だ。必要な作業をしたらPCも閉じる。仮の住まいだから暇だろう…暇な時間に写真の整理もしようと持ち込んだデーターは一杯あるが、作業テーブルがないとやる気はでない。なにもしないままで仮の住まい生活が続くであろう。そう自分に言い聞かせて卓上スタンドの電灯を消す。
by hyocori-hyoutan | 2012-06-21 22:05 | ああ無常

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan