ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

何度取り組んだ? 今度は本物? 体重減量化

今は通勤チャリ往復26km(約1時間40分)とトレッドミルラン8km(傾斜をつけて400m登る;1時間)がメーンの運動量である。それに出来るだけ炭水化物カットの食事を中心にやっていた。でも、食事療法だけで酒の方は、ビールに焼酎はいつもの通りであった。

そして、先日の月1回の通院の日を迎えた。朝食は、サンドイッチ、洋菓子(半分)、牛乳を一杯飲んだのはいいが、あまりに早い朝食だったので、1時間朝寝をして病院に行った。すると食後(1時間半)血糖値が145くらいあった。少し高めである。先生の指導は、「食後は15分でも20分でも散歩でいいから運動しなさい」とのことである。

食後の運動の大切さを痛感した。そしていくら運動しても、酒を飲み過ぎては努力も水泡に帰することも再々確認する。これまで何度、禁酒もどきを繰り返したことか…。10回,20回はあるだろう。もちろんその結果、いくらかの減量に成功はしているが、理想とする標準体重までは、7~8kgオーバーか。

そこで、炭水化物カット食事をより厳密に、夜の食事も500ccの糖質カットビールだけに絞り込んだ。すると、相対的に夜の食事量も落ちて、みるみる体重が落ちて行った。ベルトの締める位置も全然違う。ズボンをベルトで締めずに腰の位置で落ち着くという腰ベルトの感覚も味わうことが出来てきた。このまま、体重が落ちるように努力を継続しよう。この取り組みを始めてまだ10日しかないのに成果が表れたのは嬉しい。

あとは大台切れの体重になったら万々歳だ。もしかして、ウエスト76cmのズボン(可能性大)、73cmのズボン(やせ過ぎか)も射程内かな。
by hyocori-hyoutan | 2012-07-05 23:14 | 健康化大作戦

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan