海中公園 コスモス満開 孫と必死に遊ぶ

10/21(日)は国土建設週間の海中公園無料日になっていた。孫を連れて公園に出かける。家から10kmほどのロケーションにある公園だ。2歳4カ月の孫だから遊び範囲は限定だ。それでも、思ったより成長を感じられた。何と高さ5mくらいの"らせんすべり台"も自分で滑り終えることができた。
c0070439_21453445.jpg
もう一人の生まれたばかりの孫(まだ2週間…)もいるので、母親は自宅で静養、公園に行ったのはジジ、ババとまだ独身の娘である。でも母親がいなくても、外に遊びに連れて行ってもらうのであればテンションは高い。朝から「さあ行こう」という雰囲気であった。
c0070439_21454234.jpg
c0070439_21463439.jpg
公園内はコスモスが満開だ。それも大きな花弁のものが一杯だ。風もなく暑くなく寒くもなく最高の天候である。早速、乳幼児の遊びエリアに脚を運ぶ。
c0070439_2146476.jpg
好きなローラー滑り台で繰り返すこと、20数回である。最初はババやおババが一緒でないと滑れなかったけど、そのうち慣れて一人で滑りだす。
c0070439_2147199.jpg
いいアングルで写真やビデオを撮影しようと、邪魔をする子どもがいた。滑り台を逆走して上ろうとしたり、手で"とうせんぼ"をしたりしている。少し頭に来たので、その子を片手で邪魔にならないところで運ぶ。すると、オクさんから注意を受けた。
「他人の子どもに触っちゃいけないよ。親が見ていたら大変よ。腕が抜けたりしたらどうするの。今の世の中、どんな親がいるのかわからないのよ」
確かに、現場の保母さんの指摘は正しい。変な親が見ていたら大変だ。弁解も出来ないものね。近くに親がいなくてよかった。それにしても住みづらい世の中になったものだ。「地域で子ども育てる」ということが最近の標語になっているが、現実は厳しいものだ。
c0070439_21471344.jpg
コスモスが綺麗!今年の秋も素晴らしい。一週間の間にどんどんと色鮮やかになっていく秋である。そう新聞に載っていたが九重の山々。大船の頂上も紅葉一色になったらしい。今年は時期を失った。来年こそは九重の紅葉をみたいものだ。
c0070439_21493118.jpg

by hyocori-hyoutan | 2012-10-22 21:44 | 家族