不注意で 年末年始吹っ飛ぶぶ 鎖骨折れ

c0070439_727123.jpg
明けましておめでとうございます。今年は年末から年始にかけては、不注意から災難に見舞われた。鎖骨骨折、鎖骨縫合手術で現在も入院中。どうにか仕事始めには間に合ううかどうかというところ。転倒して折れた瞬間は全くわからなかったが、痛みが続く鎖骨に手をあて背中に向けて手を滑らしていくと、途中にでポッコリと段差ができていた。ヤバイと思い、自分で救急車119に緊急電話をして救急車要請。5分後に救急車到着。近くの病院に搬送をしてもらう。

時は、12/21(土)午後5時頃…。早速レントゲン撮影。右鎖骨がポッキリ。しかし問題はそこからであった。運び込まれた病院は年内は手術予約で一杯である、年内無理…ということは年明けの6日以降になる。冗談じゃない、固定バンドを装着したままで今から2週間は過ごせない。

そこで、別の病院を紹介してもらう。それでも3連休だから12/21~23までは自宅安静だ。骨折箇所が痛む。起き上がれない、顔が洗えない、服が着ることができない。楽なのは横になった時だけ…、それでも妙な動きで痛み出す。苦痛の3泊4日の自宅安静だった。12/24(火)、朝一番で和白病院に出掛ける。

緊急病院での紹介状を差し出す。その後主治医と問診。レントゲンを見て、即決定。本日入院、12/25のクリスマス手術。ホッとする。その後、CTスキャン、心電図、血液検査、胸エコー検査などを実施する。ただし整形外科の病室は満杯のため、特別個室となる。部屋代は毎日〇〇千円だが、入院が優先事項だし即了解。ということで念願の入院となる。

by hyocori-hyoutan | 2014-01-01 07:55 | 健康化大作戦