孫の入園式 成長は楽しみ 自分も老いに負けないぞ!

孫の幼稚園入園式に参加してきた。たまたま休みだったから参加できた。入園式に参加している親は、ほとんど正装に近い。聴いたところによると、「幼稚園のセレモニーはきちんとした服装で来てください」との連絡があったらしい。いいですね。雰囲気が凛々しい。やはりセレモニーはこうでなきゃいけない。3歳の孫も嬉しそうな気持と不安な気持ちで、ちいちゃな心が揺れているみたい。でも、1か月も経てば元気になるだろう。
c0070439_0405574.jpg
園長の挨拶も立派だった。これからは親の愛情を注ぐことも大切だが、できるだけ自分自身でできるように仕向けないといけない。必要以上に手を差し伸べないこと、社会生活の中でわがままを言うときはキチンと怒ること…それを父親に望む。その通りでだと思う。

その状況の中で、いつのまにかジジの立場になった自分がいた。父親と比べて気持ちは楽だ。でもこの孫が成人式を迎える頃まで生きてられるか考えると、ちょっと寂しくなった。寂しい分は優しくしようと思うなら、さっきの園長先生の話と違ってくる。子どもをキチンと怒りなさいとは、ジジが受ける言葉かな。

by hyocori-hyoutan | 2014-04-15 00:54 | ああ無常