ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

新報道2001 橋下氏するどい 共産党タジタジ

「新報道2001」は面白かった。橋下氏だけは大阪のスタジオからの参加だったが、そのハンディをモノともせず、スタジオの東京のコメンテーターを圧倒していた。朝日は嘘の記事を書いたのだから取り消すだけでなく、日本国内、海外に向けて報道の謝罪記事、国際謝罪広告的なものをしなきゃいけないと言っていた。荻生田内閣特別補佐官も、食品会社ならば32年間もの間、嘘の品物を国民に提供していたのなら、社長が謝罪をする、賠償をすることはもちろん、企業整理まで考えられることだと思います。その通りだとボクも思う。

慰安婦問題を追及する立場の出席者は金(きん)なんとかという東海大学の先生と日本共産党の小池副委員長だけ。2人とも強制的に日本軍が連行したことはなかったにせよ、自由の身のない環境の中で閉じ込めたという広義の強制性は残る。だから日本は悪いという弁。

橋下氏などは、まずレイプ国家ではないことが証明されたことを世界中に訴えなければいけない。そのうえで戦時中の女性の人権が蹂躙されたことは、日本を始めてとして各国も一緒に反省していきましょう。道義的責任は償っていきますが、国家としての公的責任は日韓基本条約で解決済みでしょう…という意見である。

途中、小池氏が橋下氏の発言を遮って意見を言おうとすると、「話を聞きなさい、共産党!」と言葉を強めて諭した。小池氏はちょっと苦笑いをする。先日の東京都議会の失言問題を思い出した。その場で反論しなきゃいけないよ、小池さん。これはきっと、youtubeで何回も聞くことが出来るだろう。ネット上でにぎやかになることだろう。

話は飛ぶが、ボクは日本共産党は天皇制廃止論なのに、なぜ護憲政党なのか疑問だ。現憲法は象徴天皇制なのに。自分に都合の悪いことはしゃべらない、勝手だな。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-10 14:20 | 日本を考える

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan