ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

小田日和 語りかける歌詞 人生は楽し

昨晩は、小田和正のコンサート「小田日和」をマリンメッセ福岡で観てきた。独特の高音の美声、繊細な歌詞としっとり聴かせるメロディーで小田ワールドに導いてくれる。マリンメッセ福岡(12000人)は超満員で空席ゼロである。
c0070439_953561.jpg
小田ワールドは、人生賛歌であり、短い人生の中で何をしていくのか。愛するものが生きがいを生む、はかないから何もしないのではなくできる限り前向きに生きていく。そんな気持ちを話し言葉の語りで歌っていく。難しい言葉は歌詞には含まれない。良いフレーズは繰り返すことで、2倍、4倍、8倍と説得力を持ち続け、深い意味を与えてくれる。

小田ワールドはステージだけでなく、客席の中に四方に伸びていく花道まで熱が広がっていく。66歳とは思われない若々しい声と体力、走り回る脚力、息が上がらない体力に満ちている。

最後には、このステージも終わりに近づいていることを述べる。「軽々しく、じゃまたね、言えない年齢に差し掛かっている」その瞬間、ちょっと涙ぐむ。繊細だからこそ、人生の有限性、はかなさを実感しているからの言葉だ。その繊細さが生み出す歌詞やメロディーに我々は酔いしれる。

人生って、10年後の自分を楽しく想像できる内は楽観的でいられるが、10年後のことを想像したくない年齢に差し掛かると悲観的にとらえていく。その悲観的感情を前向きに考えることが出来るのは、愛する人であり2度と繰り返せない人生への未練かもしれない。そして、何年か先にある「小田ワールド」を再び見ることも、感動ある人生を続けたい生きがいにつながる。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-15 10:23 | movie

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan