孫の運動会 nikonを抱えて あっちこっち

10/12の日曜日、台風19号は九州の西海上で徐々に方向を東に換えている。どうにか運動会も開催できるかな…と考えていた。娘からの連絡で、昼食休憩なしで運動会会開催、終了予定時間13時半とのこと。風が強いことが予想されるので、本部テントは設営するがあとはテントなし。(このテントなしが撮影にはベストだった。テントがないからどこからでも撮影できた)
近くのイオンで車を止めて、徒歩10分で小学校グランドに到着する。この幼稚園は体育教育を重点にしている。規律正しいし大きな挨拶を園児がしてくれる。気持ちがいい。
c0070439_02129100.jpg
孫は年少のクラス、「かけっこ」はトラックの半周、よういドン!で一斉に飛び出す。撮影場所は3段の脚立を用意してくれるので撮影がしやすい。集団演技が続く。大きなバトンリレーだ。必死の園児たち、先生も機敏な振る舞いでプログラム間の時間ロスが全くない。結構日頃から先生たちも鍛えられていることが想像できる。
c0070439_0213984.jpg
年長の集団演技は圧巻だった。鼓笛隊、チアーダンス、体操、団体行進的なものをかなりの時間、ノンストップで演じる。こどもの可能性を思い切り引き出していることを感じる。
c0070439_0215090.jpg
未就園児の親子競技にも多くの人が参加してくれる。これもすぐに集まるので時間ロスがない。結局、午前中のプログラムを11時40分頃には終了、そのまま午後のプログラムに突入する。
c0070439_02224.jpg
終了前には、保護者と職員のリレー競技が開催される。もちろん、父親も参加しているが、なんと職員チームが6連覇中とのこと。案の定、職員チームはスタートから速い。途中、保護者も追い上げたがバトンミスもあって職員チームが7連覇達成。
c0070439_0221424.jpg
閉会式では、心温まる園長先生のことば、礼儀正しくきびきびした園児たちの行動、あっという間に閉会式まで迎えた。望遠ズームも買ったし、nikon一眼レフの性能を十分に感じられた。あとは慣れでその性能を引き出さなければいけない。それにしても適正な露出をセットすること、焦点のセッティング方法を判断することは難しい。これも初心者から次のレベルに行くとマニュアルセットをする時に越えなければいけない壁だからね。
c0070439_0222532.jpg
最後に、運動会カメラ撮影は結構難しかった。わが子供たちの時は、標準レンズのカメラしか持ってなかったので、運動会でのベストな写真は諦めていた。でも時代は変わった。若い保護者の一眼レフ所有者、それもcanon、nikonが圧倒的に多い。時代は豊かになりました。

by hyocori-hyoutan | 2014-10-14 00:50 | 家族