人間ドッグ 一年に一回 無事で安心かな…… 

人間ドッグも無事に終わった。和白病院(和白検診クリニック)での人間ドッグ受診も8年目である。慣れたところであるが、今年はちょっと違っていた。本業の病院の方は新築の立派な建物に移転して、今までの本館が人間ドッグ専用になっていた。狭い休憩室等が広いスペースに移転して、気持ちはよかった。

人間ドッグのメーンは胃カメラと大腸内視鏡検査……2時かけて2Lの腸の洗浄水(?)を飲み、喉をシロップみたいなもので麻酔をかけられ、横になると胃カメラを飲み込むためにシュノーケルみたいなものを口にくわえされられた。いつもはその後は麻酔のために全く意識は無いのだが、今回は麻酔の利きが悪かったのか、胃カメラを飲み込むところまで意識あり、異物が喉を通過する時の気分の悪さ……ちょっとつらかった。

でも、やはり気が付けば全て終っていた。終了時刻は午後2時過ぎ。最後は医者の診察結果についての結果報告……

”胃は綺麗ですが、ところどころ荒れていますね、慢性胃炎でしょうが年齢的にはよくあることですから心配は要らないでしょう”
”心臓が大きいですね、胸より大きいですね、心電図も正常じゃないみたいですね”
”そうですか、運動しておられるんですか、心臓の専門家に心電図は見てもらいましょう”
”詳しい結果は3週間後に郵送で知らせますが、特に問題は無いでしょう”

安心したものの、大腸内視鏡検査の後遺症である腹部へのガス溜まりには参った!空気を入れての内視鏡検査だから仕方が無いらしいが、夕方まで悩まさせられた。

といいながら、夜はルネサンス福岡大橋まで遠征しエアロビクスをエンジョイしたのだから元気だったのかな……。

by hyocori-hyoutan | 2005-07-15 23:20 | 家族