ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

サブちゃん 最終公演 観る者は感動だ

北島三郎最終公演(博多座)に行ってきた。デビューして53年、函館の女から様々な演歌ヒット曲を飛ばす、日本の演歌界の重鎮だ。そのサブちゃんも2015年1月の博多座公演が長期公演(劇と歌)の見納めになる。御年78歳である。さすがに時代劇「国定忠治」の立ち回りでは、剣さばきなどの体力の衰えは隠しようがなかったが、歌謡ヒットパレードは見ごたえがあった。持ち歌がめちゃくちゃ多いから、フルコーラスではなく一番しか歌わない。それでどんどんつないでいく。
c0070439_0125071.jpg
そしてラスト30分は豪華な舞台上で、北の漁場、祭りを熱唱して場内は大きな盛り上がりを迎える。総勢100名を超える出演者が舞台に全員そろう。最高のフィナーレだ。あまり、若い頃は演歌に興味は持っていなかった。でも還暦を過ぎてしまうと、演歌にも興味を持ってきた。サブちゃんの最終公演だし、最後と思うと無性に目に焼き付けたくなった。期待に応える舞台であった。

周りを見合わすとボク達より年上の夫婦が多い、平均年齢が70歳はある感じ。ロビーでは携帯電話を広げている人が多く見受けられたあ、スマホではなくガラ携帯が圧倒的に多かった。やはり高齢者にはスマホのハードルは高いみたい。

今日が公演2日目、今月29日まで最終公演が続くが、すでにチケットは完売である。演歌の人気は下降線だが、北島三郎の人気の底力を感じた一日だった。やはり生の迫力はすごい。
by hyocori-hyoutan | 2015-01-08 00:25 | movie

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan