盆に思う 祖先への感謝 今の大切さ

今日で盆休みも終わり、明日から仕事である。
盆は子どもの時から、墓掃除とご先祖様のお迎え、そして箱崎浜での精霊流しと日程が決まっている。そのため、昔から盆に遊びに行った事はなし。

今年も、13日~15日は同じような行動であった。親が元気な時はお手伝いだけであったが、自分自身が施主となってしまうと、無宗教な人間であっても、形式に拘らわる必要も出てきたかな……。そんな時は、いつもしきたりを重んじ、きちんとご先祖さまを祭ってくれる妻には感謝するばかりである。

息子①も東京から戻ってきた。炎天下、一緒に草刈りを2時間、汗にまみれて行ったことがいい思い出になったかな。亡くなった親や祖父母を思い出して、感謝の気持ち表すだけでなく、今生きている家族が、久しぶりに再会できる機会を与えてくれるのも盆であり、親の施しかなとも思う。

さあ、明日から、また仕事……、日々感動を求めて頑張ろう!

by hyocori-hyoutan | 2005-08-15 23:28 | 家族