鬼でも福でも 馬があえば 文句なし

夕食も終わりくつろいでいると、うちの奥さんの大きな笑い声がする。

「何を笑っているの?」 と訊ねる。
「これ、面白いよ、見てよ!」と雑誌のページを開いたまま、小生に渡す。

開いているページは「鬼嫁かどうか」のチェックコーナーであった。質問項目は12項目あり、それに該当するかどうかをチェックをつける。5項目以上あれば、鬼嫁の資格有り。8項目以上あれば、あなたは立派な鬼嫁!という判定ゲームである。奥さんは自己採点して大笑い。小生も奥さんを採点して大笑い。

詳しい内容はちょっと支障があるので、差し控えておくが、単純に面白かった。少し甘やかし過ぎたかな……、頼りすぎたかな……と自己反省するものの、まあ、円満に行っていれば、鬼でも福でもなんでもいいや……と思いました。

by hyocori-hyoutan | 2006-01-26 23:41 | 家族