ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

波乱の8月 9月も養生し 節酒と水健康法で

波乱の8月もやっと月末になった。7月に人間ドッグに行き、要精密との検査結果を受けて8月上旬に再度検査を行った。その結果は心臓に異常ありであった。10年以上も前から分かっていた事であったが、「スポーツ心臓」だからしょうがないと思い込んでいた。しかし事実は違っていた。「心房粗動」と「心房細動」の中間みたいな病状らしい。自覚症状は全くなし。めまいや息苦しさも全くなし。でも心電図を見れば明らかに正常なものとは違う。

今日は、週一回の通院日であった。血液検査を実施して血液サラサラ度をチェックする。そして、心電図検査を実施する。検査終了後、検査室から2Fの循環器外来に心電図の検査結果用紙を持って上がる。エスカレーターに乗っている途中、クリアーファイルを開けて、その結果を覗く。残念ながら、一週間前と同じの大波、小波の心電図であり異常ありのままである。

そして、待合室で待つこと30分、担当医から呼ばれて問診である。投薬の結果、血液のサラサラ度は基準を超えてOK。心電図は異常のままであり、治療するには「電気ショック」あるいは「カテーテルカブレーション(焼灼)」が効果があるとのこと。言葉は過激であるが、治療は別に怖くないらしい。完全に治すには、カブレーションが良いとのこと。まあ、先々に方針を決めましょう!

先生によると、長島茂雄氏も心房細動の影響で血栓が脳血管で詰まって脳梗塞を起こしたらしい。西城秀樹も同様らしい。そんな事を聞くと、やはり怖いものである。だから、珍しく病院で調薬してもらった薬を真面目に飲んでいる。優秀な患者である。

運動については、病気との因果関係ないとの事であり、無理をしない程度の運動はOKとのこと。でも10kmランは激しい運動かもしれないが、あえて先生には訊かず。小生にとってみれば、スピードさえ落とせば呼吸も乱れず、速歩の延長として考えたら大丈夫!やはり適度の運動をしたほうが、ストレスも溜まらず心身のリズムも保てるからね。
by hyocori-hyoutan | 2006-08-31 22:34 | 健康化大作戦

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan