ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

忘れた頃に 吉報届く ペアディナー券

Ninaちゃんのエアロ60を終えて家に戻ると、玄関先に宅配メール配達の人が、丁度不在メモを作成中であった。

「何か届いたんですか?」
「サインをお願いします」
「はい、ご苦労サンです」

届いた封筒を見る。どうせ大したものじゃないかな……と思い差出人をみると”JAL"からである。一瞬、何かが当たったのかな、航空券かな?といい方に心が傾く。早速、はさみで封筒を切って一枚の紙を引っ張り出す。c0070439_2226562.jpg

2006JAL 『東京に行ってきぃ。応援しとぉーよ!!』 キャンペーンに当選したのだ!ホテル日航福岡/シーホークのディナーペアご招待券が当たった!

確か、6月下旬にサロマに行くのに羽田経由であった。jALのキャンペーン期間中であり、抽選カードを搭乗者に一枚づつ配布していた。「当日の当たり」はコインで削って当たりを見つける。運よく妻は「そら弁」が当たり、小生はハズレであった。でも、2度楽しめるカードであり、ハズレ券のみインターネットで応募すれば、航空券や食事券が当たるプレゼントもあったのだ。

幸運は忘れた頃にやって来た。いや応募していてよかった。

なお、このことは小生の妻に面識のある人は、「おめでとう!」と言っていいよ。妻にもしゃべっているからね。他にペアで食事に行く相手はいないもの。
by hyocori-hyoutan | 2006-09-02 22:13 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan