心電図 見た看護婦さん 心配す

職場の定期健康診断があった。人間ドッグには受診したから、届出をすれば検診は免除できる。しかし、念には念を入れて朝一番に検診を受ける。自己申告欄では、「現在治療中の病気」の欄があった。『心房粗動』とちゃんと書いて受ける。

心電図も一応受診する。横になって2分程度で終了!看護婦さんが心電図を見ながら
「病院にかかっていますか?」

こちらは、シャツや靴下を元に戻しながら
「はい、治療をしています。」

明らかに正常の心電図と違うので、看護婦さんも気になったのだろうかな。今までは「スポーツ心臓です!」と答えていたのだが、はっきりした病名を言うのは、何か気持ちが良かった。

定期診断も30分で終了し、職場復帰する、血液検査があるために朝食抜きをしていた。そのため昼食までの長いこと!水を飲んで気を紛らし、どうにか昼休みになった。相変わらず食欲は旺盛で市販の弁当を軽~く食べ上げる。酒抜き生活1ヶ月になるが、体重は大台を少し割れたままの状態である。今度は、食事量も少し減らさないと目的の体重には到達が出来ないかな。

心臓、生活習慣病、腱鞘炎……半世紀を過ぎたからだは酷使せず、これからは少し労わってやらなければいけないなあ。鍛えるばかりの年齢は過ぎ去っている……。

by hyocori-hyoutan | 2006-09-13 23:36 | 健康化大作戦