里帰り トンボ帰り 子は元気!

2泊3日の里帰りから、娘が再び職場の東京に戻っていった。東京に行ったのは今年の2月だった。3月には東京での生活ぶりが心配になり妻と一緒に視察に行ったが、その後は電話やメールでのやり取りだけであった。

半年ぶりに合った娘は昔のままであったが、少しばかり逞しく、一人くらしの自立生活の強さも身につけてきた感じがした。ハードと思える仕事も淡々とこなし、平常心で暮らしているみたいだ。そして、仕事ばかりでなく東京での暮らしも満喫して、いろんな所にも遊びに行っているみたいだ。

こちらも、娘への信頼感から取り立てて連絡も密にはしていなかったが、やはり半年ぶりの再会は嬉しかった。日々の生活ぶりを夕食の時に会話の中で聞き取る。堅実な生活ぶりとメリハリをつけた生活を送っている。もう大丈夫であろう。子の親離れは順調だ、親の子離れも順調だと思う。今度の再会は正月かもしれないが、何も心配は要らないであろう。

空港から戻ってしばらくしていたら、朝9時30分には娘からメールが届いた。
「無事に羽田に着きました!」というメールであった。すぐに返事を出した。
「はい、気をつけてね!ではまた……」

親子一緒に暮らすも良し、離れて暮らして再会を喜ぶもまた良し……。全ては子どもが心配しないようにいつまでも元気で、夫婦仲良くしていれば幸せなものである。

by hyocori-hyoutan | 2007-09-21 09:40 | 家族