キムチと羊羹 摩訶不思議な 組み合わせに酔う

いつものようにルネサンスで14km走って帰宅する。楽しい夕食タイムだ。まずは腹ごしらえで牛乳をコップ一杯飲む。スポーツ後の牛乳は美味い。そして、メーンドリンクのビールである。邪道かもしれないが、冷蔵庫で作った氷をグラスに2,3個落として、その上にビールを注ぎ一気に飲む。この泡具合、冷え具合が堪らん、堪らん……。そして今日はいつもの夕食プラスで、本場のキムチもある。知人からのもらいものである。ビールによく合うキムチだ。テレビ、新聞を見ながらひと時が過ぎていく。

今日は、これくらいにしておこうと思ったら、キムチ以外のもらい物があるという。美味しそうな羊羹である。
オクさんの「どうしますか?」と言う声に対して
「食べていいよ!」の一声……。

ちょうど、辛いキムチで口の中はヒィヒィだった。空になった焼酎グラスに焼酎を3分の1ほど満たし、お湯を注いで「お湯割り」の追加の一杯出来上がりである。羊羹を肴に飲みだす。世の中にはいろんな人はいるが、羊羹で焼酎飲むのは珍しいかな。ヒリヒリの舌に甘い羊羹はオツなものである。これも美味しく食べほし、焼酎も飲み干す。

気がつけば11時過ぎになっていた。週末でもないのにじっくりし過ぎた。くつろぎすぎだ。こんな気持ちになれるのも、ノルマのランニングを予定通りこなして、心の余裕が出来たからであろう。明日も仕事にランニングに頑張ろう!お休み……。

by hyocori-hyoutan | 2007-11-28 23:14 | 家族