ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

草原の風 走って食べて 秋は深けて行く

さあ、講習会は終わった。次は楽しむ時だ。長者原から牧ノ戸経由の瀬の本、そして南登山口に向かう。恒例の九重高原クロスカントリーコースだ。
c0070439_21335541.jpg
今日は7周を目指す。一周3kmだから7周すれば21kmだ。クロカンコースで21kmも走れば十分である。まずは、隣りのレストラン「星降る館」で利用届けに記載して、利用カンパ箱に200円を入れる。ウォーミングアップも入念してゆっくりと一周目に入る。呼吸が乱れないゆっくりペースだから、いつまでも走れる雰囲気である。陽射しは柔らか、時々雲が陽射しを遮る。ちょうど昼食時のため、ほかに走るランナーはいない。マイペースを維持できる。
c0070439_21341979.jpg
アップダウンが繰り返すコースは楽である。キツイのは3km周回コースのラスト1kmのダラダラ上り坂である。この区間だけ真面目に走れば、あとの2kmは起伏があるため、精神的には楽のまま走れる。
タイムは、21分から19分40秒、20秒、10秒、05秒、18分30秒、30秒……とずっとペースアップが出来た。ハーフ走っても疲労感はない。この年齢になって実力がついてきたとは、言い難いがランニングフィーリングは上々である。
c0070439_21483936.jpg
終われば、例の如く九重高原コテージで露天風呂に入る。今回はデジカメを持ち込み、露天風呂撮影をしてしまった。ここはいつも突風が吹く。いつ来ても、この開放感がたまらない。阿蘇五岳は霞がかかっていたため、いまひとつだったのが残念!
c0070439_21551658.jpg
遅めの昼食は、瀬の本高原レストハウス前のだご汁定食の店である。ボリュームもあり隠れた名店だ。
c0070439_21575270.jpg
翌日は、「九重高原まつり」に参加した。地元の豊後牛のロースステーキ、ヒレステーキが市価の半額での即売である。朝から長い行列で整理券をもらう。半額ならば買わなきゃ損の発想で、また財布が軽くなった。ついでに七輪付きの焼肉が出来るので、九重高原の青空の下で朝から焼肉パーティになってしまった。
c0070439_2158192.jpg
もちろん、地元の新鮮な野菜もカゴ一杯に購入してしまった。いつもの場所、大好きな九重での2泊3日の旅も無事に終了愛車のデリカD:5ご苦労さんでした。
c0070439_21583885.jpg
c0070439_22382597.jpg

by hyocori-hyoutan | 2008-10-23 21:33 | 家族

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan