ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 31日 ( 2 )

お疲れ様でした。今日は年度末である。妻が勤めていたK保育園でのパート勤めも今日が最後の日になった。丸9年間の勤めであった。9年前といえば、我が家の子ども達も中高校生の頃であり、家事をしながらのパート勤め(今も同じであるが……)は大変であったと思う。

世間では、家にいる専業主婦より働いているほうが気晴らしになるという。それも事実だが、保育士としての体力的な負担は大変である。更に、我が家の場合は、夜のスポーツクラブ通いもあった。これをこなすには体力が大切であるが、どっちかと言うと華奢な体型の妻であり、よく体が持ったなあ……というのが実感である。逆にスポーツクラブに行って体力をつけたから、今日まで全うすることが出来たとも言える。そして、今では、全国年齢別フルマラソンランキングの50位以内の走力になったのだから不思議である。c0070439_152465.jpg

家に戻ると沢山のプレゼントとご苦労さんケーキがあった。訊ねると、職場の保育士さん達からのお別れのプレゼントらしい。手作りの似顔絵のクッキーや、やはり手作りのステンドグラスなど……。頑張ったからこそ、得られる貴重なプレゼントである。ここ2日間は、若い保育士さんからの感謝や別れの言葉などを頂いて、感激の涙ばかりだったらしい。感謝され、ありがたく思われることは素晴らしい。帰宅した娘達も、プレゼントの多さにビックリ!である。ある面では、いい教育になったのかなあ……そんな気持ちである。

そんな状況だから、小生からはお疲れさんケーキのプレゼントである。「お疲れさま よく頑張ったね!!」
そして、「これからも元気に、家庭でも保育園の中と同じように、大きな声で活発におしゃべりしてください!そして、いつまでも100kmマラソンにチャレンジできる健康さを持っていてください!」というメッセージも心の中から発します!

さてさて、自分も定年退職まで10年を切っている。退職する時に後輩から感謝され慕われるように、日々自分に厳しく、人のために尽くし優しく接しなければ……と再認識しました。再認識させてくれてありがとうございます。いつも頭が上がりません。
by hyocori-hyoutan | 2006-03-31 23:59 | 家族
荒川マラソンの時から痛めていた右手首痛……もう2週間以上も痛い。我慢できず、今日の昼休に整形外科に診察に行った。博多駅前の整形外科クリニックである。昼休のため患者は一杯であり、約20分待たされて診察を受ける。

院長: はい、手を広げて。痛いところはどこですか?ここですかね?
  (院長は手を掴んで親指を内側曲げようとする……)

小生: あっ痛、痛!

院長: 腱鞘炎ですね。念のためにレントゲンは撮ってみましょう。超音波治療やレーザー治療、それに飲み薬で治癒すると思いますが、それでも治癒しなければ手術をしなければいけません。出来るだけ手術は避けたいですね。痺れが残る場合もあリますから。まあ、できるだけ毎日治療に来てください。はい、では治療室へ……

小生: ありがとうございました。出来るだけ治療にきます。

ということで、病名もわかり一安心、本当はもう一つ聴きたいこともあったが、質問は止めにした。その質問は「先生、毎日エアロビクスやランニングをしていますが、腱鞘炎に影響ありませんか?」……だって、「駄目です!」と言われても、辞めるつもりがないものだから……。

そんな訳で病名もわかり、治療を開始したら痛みも軽減した。夜のトレッドミルランも調子を戻した感じで調子がよかった。不安が解消すれば元気が出るものですね。
by hyocori-hyoutan | 2006-03-31 23:13 | エアロビクス

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan