ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

2009年 02月 13日 ( 1 )

春一番が吹き荒れる一日になった。こんな日は自転車を漕いでの通勤はキツイものがある。通常は35分で天神北先の勤務場所まで到達するが、今日は40分もかかった。

こんな日は、早めにスタートするほど几帳面ではないので、ぎりぎりに職場にたどり着いた。そして、暑いことこの上ない。春一番の生暖かい風が吹き荒れても気温が高い。いつものウィンドブレーカーの下にフリーズも着込んでいるから、中は汗が出てくる。信号待ちの間に、ウィンドブレーカー、フリーズを脱いで、ショルダーバックのベルトに巻き付ける。もちろん手袋も脱いでしまう。

もう春が近くなったのかな。冬になれば夏が恋しく、夏になれば冬が恋しい……わがままな性格は仕方ないもの。そんな気持ちになるのも、冬のレースも終了したせいかもしれない。これからは春のレース(桜満開の頃)、初夏のレース(阿蘇100)が待っているから、もう春みたいな気持ちになってきた。正月を迎えたばかりなのに、もう夏のことを考えている。これって幸せなこと?かな。

そうそう、マラソンレースだけでなく、今年のメーンイベントも次から次に決まっている。全てのイベントをきちんとこなすのは、やはり体力が必要だ。マラソン3時間30分切りも目標だが、それ以上に若く充実した生活を送るためのランニングだ。手段と目的を履き違えないようにしよう。
by hyocori-hyoutan | 2009-02-13 23:28 | 生活の知恵と愚痴

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan