ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々ランの雑感( 363 )

新年を迎えて新しいクロスバイクが欲しくなった。今回は少し頑張った。ブランドの"Giant RX3"だ。近くのDepoスポーツの専門コーナーで購入した。前回のクロスバイクはイオンの自転車コーナーから比べると大きな進化(?)だ。
c0070439_21523342.jpg
やはりブランド品が欲しかった。当初はGiantのX5であったが、スタッフの話を聴いているうちに、2ランクアップのRX3で話がまとまった。付属品を含めて8万円の大枚をはたいた。今日は2回目の通勤に使った。風を切って爽快にペダルをこぐ。とても楽にトップスピードに乗れる。もちろん、細身のタイヤ(28mm)だから乗り心地は路面のゴトゴトを拾っていくが、それも爽快に感じる。

サドルのポジションは、スタッフが勧めるポイントより低めにした。やはり、1年前の転倒、鎖骨骨折が怖い。スピードタイプの自転車であるが、年齢を考えて安全運転で行こう。これで通勤バイクも楽しみになった。もちろん、古いバイクもタイヤ交換して現役を維持した。雨天時や街の駐輪場使用時は古いクロスバイク、街中駐輪予定なく盗難の恐れのない晴天時のみGiantRX3を使うことにしよう。ルンルン・・・。
by hyocori-hyoutan | 2015-01-16 22:09 | 日々ランの雑感
福岡マラソン2014に当選した。昨日、ナンバーカード引換券が郵送されてきた。地元だから受付場所とか、その他の案内が目新しいわけじゃないから、漠然と目を通す。とりあえず、この引換券などを紛失しないようにしておこう。
c0070439_22561612.jpg
天神のど真ん中でスタートすること、それだけが素晴らしい。もちろん、これまでも毎日駅伝(実業団駅伝予選の九州大会)などは、天神スタートの大会もあるが、参加チームは20チームあまりだ。今回は1万人を超える参加者だ。福岡シティマラソンが始まった1989年、26年前には信じられない出来事だ。今は街中が土日には走るランナーであふれている。これも素晴らしい出来事だ。残念なのは、参加する本人(ボクのこと)の気持ちが高まらず、とりあえず完走気分から脱っしていないこと。還暦を過ぎてしまえば、これも当たり前。といいながら目標は4時間切りを目標に据えよう。あと30日を切ってしまった…。頑張るしかない。
by hyocori-hyoutan | 2014-10-14 23:11 | 日々ランの雑感
この時期にしては、雨の日が続く。自転車通勤もお預けだ。JRやマイカーで通勤をする。しかし、本日の帰路は雨が上がった。何日かのラン不足を発散するため帰宅ランを実行する。すぐに帰ると12㎞程度だから、海中~箱崎埠頭~貝塚ランプ経由で距離を稼ぐ。途中、みなと百年公園近くのコンビニではペットボトルを購入して水分補給をしていく。

手にはスポーツタオルを握りしめてのランである。額を拭き拭きのランである。いつの間にかそのタオルはずぶ濡れになる。両手で搾り上げると汗が勢いよく落ちていく。くもり空といいながら、この時期だからやはり暑い。ついでに、ビショヌレの上着ウェアも着替える。リュックに予備を入れていてよかった。

このコースは約17㎞だ。キロ6分ペースで走れば1時間45分くあいで我が家に着くが、本日は2時間かかってしまった。途中の着替えやコンビニに寄ったのだから仕方なし。足の疲労もなし。まあ、日ごろからスポーツクラブのトレッドミルで単調さに負けず走り込んでいるせいかな。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-04 22:48 | 日々ランの雑感
年間でも一番暑い7月下旬なのに、比較的涼しい日が続く。気温は平年並みだが湿度は低いみたい。丁度、避暑を兼ねて夏に久住に遊びに行っているみたい。そんな気持ちで昨日と本日の2日連続で昼休みに走った。これが最高に気持ちいい。ゆっくり入っても徐々にペースが上がるのが実感できる。でも呼吸が乱れ顔をしかめるほどは頑張らない。いつもの4.5㎞コースが24分10秒、そのあとのジョグ2㎞が13分であった。もちろん夏だからランニングパンツまで濡れ、靴下に浸透する直前で昼休みのノルマ達成だ。

走ることは健康維持のために続けている。自己記録達成の望みもない今、走ることへの情熱が薄れていることは仕方ないが、60歳を超えて走り続けられることへの感謝の気持ちは加齢とともに高まっている。当面は11月の福岡マラソン(出場確定)、来年2月の熊本城マラソン(8/1エントリー開始)に向けて頑張ろう。
by hyocori-hyoutan | 2014-07-30 00:56 | 日々ランの雑感
先日、リハビリに行った。右肩周辺をマッサージ、そして可動域を広げるトレーニングなどで30分間、お世話になる。その結果、トレーナーからリハビリ終了の通知をもらう。もう、ほぼ健常者と変わらないとのこと。また一つ前進した。

当面の目標は、今週末の熊本城マラソンである。といっても、練習は最大13㎞止まり。加齢と練習不足で結果は期待できない。それでも、最後の調整で帰宅ラン17kmを行った。リュックを背負ってのランであったが、6分ちょっとのペースで気持ちよく走れた。目標は4時間12分くらいで走りたい。
by hyocori-hyoutan | 2014-02-10 20:49 | 日々ランの雑感
今日の昼休みも頑張った。約4.5㎞の周回コースを走っている。コース上にポイント3か所を設置している。横断歩道とかトンネル入り口とか。そのポイント通過時間は、6分53秒、15分02秒、19分21秒で通過。こうなると、ラストの700mあまりを気持ちは全力で走る。何とか新記録の22分53秒を達成。そのあとも軽くジョグしていく。Tシャツも涼しくなったとはいえ、パンツ姿のランも秋風を受けて気持ちよし、汗もランパンまで浸みてくる。ゴール後は思い切ってTシャツを脱いでジョグ。爽やかな風が肩を冷やす、背中を冷やす。昼休みランも仲間がいれば、もっとスピードがでるかな…と思う。でも、だれもいない単独走の方が体に無理せずいいのかな。

ともかく恵まれた職場環境に感謝しなければいけない。そうそう、久しぶりに申し込んだフルマラソンの当落通知が今日届いた。北九州マラソンは落選、熊本マラソンは当選。でもエントリーをしてもサブ4切りも60歳の大台に乗って厳しさを痛感する。
by hyocori-hyoutan | 2013-09-26 23:44 | 日々ランの雑感
秋近し。今日は2回も夕立がやってきたが確実に秋は近づいている。今の職場に来て5か月が過ぎ去った。自分のペースで仕事をさせていただいているのはありがたいものだ。通常の事務処理はなく、施設利用者への訓示(施設の代表者としての挨拶など)が主な役割になっている。往き帰りの通勤も自転車オンリーになってしまった。いつの間にかランニングなしのチャリばかり。片道13kmを走るのはやっぱし苦痛。走るだけではなくリュックを背負うのが嫌になった。

たまに昼休みのランもやっている。これは最高!周回4.5㎞程度をその時の気分で走る。いまのところ23分が最高タイム。㌔換算にすると5分/kmである。結構キツイペースだ。最近テレビでは間かんぺいが1500mを6分05秒で走っていた。㌔4分ペースだ。かんぺいちゃんは64歳…。やはりすごい。ボクも1500m走で4分半/kmは維持できそうだが、それ以上のペースアップは体に堪えるだろう。大学1年生の体育時間で1500m走をしたが多分6分半くらいだった。まあ、18歳と60歳で同程度の走力を維持しているみたいだから、それに満足してもいいのか。日ごろのトレーニングを考えりゃ目標達成してないのか微妙かな。

今申し込みをしているのは北九州マラソン、熊本城マラソンの2本、どちらも抽選だからどうなるかわからない。でも参加しても目標は㌔6分ペースの4時間12分が目標かな。サブ4の目標も60歳の大台突破とともにだんだん遠い目標になってきた。
by hyocori-hyoutan | 2013-08-29 22:06 | 日々ランの雑感
今月も月300kmの走行距離を達成できる感じだ。この暑い中での300kmは立派。昨日も海中公園の外周4.5kmを2周した。海が近くて松林の中を走るのは、暑いのは暑いが都心のコンクリートの灼熱の暑さとは違う。時々吹きわたるさわやかな風、木陰の妙な涼しさもある。それでも9km走れば、パンツまで汗びっしょりとなる。これだけの暑さに耐えて走れば、夏バテもなさそうだ。

でも年齢も60歳になったことだし、あまりの運動過多にならないように注意はしておこう。疲れは残さない。夏場のロング走は控えめに…そんなことを考えておこう。そうそう、この月間走行300kmラン以外にも自転車がある。片道13kmで往復26km、月間では20日間くらいは通勤しているので、26km×20日=520kmになる。これが月間自転車走行距離、月で計算してみるとかなりの運動量である。特に夏場はアップダウンもあるので、職場に着くころには汗びっしょりとなる。

この生活パターンも約4か月経過しようとしている。海の中道バイパスの春のさわやかさも大好きだが、夏場の木陰の涼しさと遮蔽物のないガンガンの日差しの暑さも好きだ。あとは秋の紅葉の美しさ、冬場の過酷の海風も体験しなきゃいけないなあ。
by hyocori-hyoutan | 2013-07-18 22:52 | 日々ランの雑感
月曜日はルネは休み。仕事を終えて16時過ぎから家の周りを11km走る。心拍数を計りながらのランである。すぐに100を超えるが、そのあとは徐々にしか心拍数は上がらない。それでも走って10分経過すると120近くまで上がる。120まで上がるとキロ6分を切るスピードかな。

5km過ぎには、かもめ大橋の登り坂になる。ここで脈拍を上げようと坂道なのに腕を振って、ペースを上げて一生懸命走る。最高脈拍142を達成した。一度脈拍を上げると@130付近で一定してくる。呼吸は楽でありランニングハイ状態。

貝塚ジャンクション下に到着。48分くらいで通過。あとは新記録を目指して、ペースを少し上げる。つま先から足全体で着地、そして蹴り上げるフォーム、腕もリズミカルに振っていく。デオデオ角のゴールまであと少し…1時間1分15秒。結構いいタイム。これもフォームを変えた成果であろう。

その間の最大脈拍数は142(84%)、平均脈拍は122(72%)だった。85%以上が強度の運動負荷、70-85が中度の運動との定義である。だから全体としては余裕のあるランニングペースであった。汗の出方もやっと夏本番という感じだ。
by hyocori-hyoutan | 2013-07-01 22:51 | 日々ランの雑感
腕時計を買った。心拍数を計ることのできる時計だ。スピードはもうどうでもいい。問題は心拍数(脈拍)だ。これまでも心電図検査のたびに洞徐脈を指摘され続けている。安静時が40~45/分しかない。典型的な「スポーツ心臓」だ。でも問題は、それに付随する様々な病名が付いている。房室ブロックⅠ度、ST-T異常、巨大陰性Tなど…。でも運動時の心電図は15年前に取ったきりである。今は便利なものが出てきた。心拍数が計れる時計だ。
c0070439_23245233.jpg
POLAR(ポラール)の時計である。胸にベルト(発信機付)を巻いて、腕時計で受信する。その結果をパソコンで管理する。早速試してみる。トレッドミルで試す。8.5㎞/hなら100程度、10㎞/hにあげると115、11km/hに上げると125、更に12㎞/hに上げると132くらいであった。最大心拍数は、220-年齢で計算すると160になる。つまり心肺機能の80%で走り続けることは可能だから、ボクの場合は、やはり12㎞/h、つまり㌔5分が限界かな。その6割がにこにこペースだったかな。それだと8㎞~8.5kmになる。これが楽なペース。この数字を見てみると実感としてうなづけられる。

ちなみに、毎日自転車で13kmの通勤ランをしているが、その時の心拍数は95くらいであった。スポーツクラブのクロストレでも100くらいが継続できる限界であった。そう考えると、やはりランニングが体に効果的、あるいは体力増強に叶うトレーニング方法だとわかるかな。もちろん、リスクもあるのはしょうがないけど…。

最近は、効果的なトレーニング方法を模索中である。
by hyocori-hyoutan | 2013-06-18 23:24 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan