カテゴリ:ああ無常( 82 )

酔っ払い バスで熟睡 気づけば終点

昨晩は飲みすぎた。でもタクシーに乗らずに23時頃のバスに乗って帰宅した。そして久しぶりのことであるが、終点の香椎浜営業所まで乗り過ごしてしまった。

運転手:お客さん、終点ですよ!
小生: (無言)

でも、一瞬の間をおいて状況を把握する。慌てて、立ち上って小銭入れをあける。でも小銭入れにはバス代の360円が入っていなく150円程度しかない。そこで財布を広げ、運転席横の料金入れの前で、小学校1年生みたいに運転手の指示通りに料金を入れる。

運転手: 千円札ですね。まず札の折り目を伸ばして両替器にいれてくださいね。
……
運転手: 次に100円玉3個入れてください……

酔っ払い扱いされると気分は悪いが、気が動転して運転手の指示のままに従う。無事にバス代を払い、バス下車後、我が家までの道のりは徒歩で15分くらいかな、歩いてどうにか我が家にたどり着き、そのままリビングで寝てしまう。楽しくても飲み過ぎには注意しなければならないと再確認いたしました。

余談ですが、翌日朝早く、香椎浜営業所から電話有り、「小銭入れがバスの中に落ちていました。受け取りに来てください」とのこと。やはり、"酒は飲んでも飲まれるな!"ということですね。

by hyocori-hyoutan | 2005-07-24 00:28 | ああ無常

人生の 目的って 難しいですね

金曜日の夜は何も無いより予定があったほうがいい。暑くなるしビールも飲みたい!
企画した飲み会は、元職場の飲み会、昔の職場というのはいいですね、気心のあった仲間とだけで飲めばいいんですから……。

今の時代に珍しいほど純粋無垢の気もちの優しく女性、マイペースながら人生を裏表なく生きている妹思いの男性、ちょっと婚期は逃しているもののひたすら地域活動やパチンコの熱中している憎めない奴、そして仕事を定年退職して嘱託勤務の人生の達人の元小学校校長と元警察の少年犯罪抑止の専門家……いつも飲んでいる楽しい仲間である。

そして今回は、それに一名のゲストを呼んだ。隣のセクションで仕事をしていた何故か気の合う女性……彼女は40歳台後半にも関わらず退職してしまった。これだけのメンバーがそろえば、飲みすぎるのは必然の結果かな……。昔の職場の思い出話等に話は盛り上がる。でも、やはり定年を迎えずに退職をした話に盛り上がる。

彼女の話では、一番反対すると思った夫が一番に賛成したと言う。やはり一家の大黒柱は男であるようだが、実際は女性だね。お母さんが精神的に余裕があり、笑顔で暮らしていたら家族はみんな明るくなる思う。娘もお母さんが仕事を辞めたことで精神的に甘えがなくなったという。

世の中、金の多い少ないが全てみたいですが、最低限の金さえ確保されていたら、後は心の持ち方ですね。自分の場合も心豊かに暮らすには、丈夫な体や家族の健康、笑顔が第一かな……と再確認した夜でした。

by hyocori-hyoutan | 2005-07-23 09:31 | ああ無常