カテゴリ:家族( 210 )

博多湾を 眺めて過ごす 海中ホテル

2005/3/27(日)c0070439_1273129.jpg
家から8km、車で約10分のところに海の中道ホテルがあります。リゾート型といっても都心に近いし、交通の便もいいですね。テニスコートもあり開放感も一杯です。日常生活から開放されるために、高速道路を飛ばして阿蘇や長崎に行く事は、もちろん大好きですが、近場のホテルでくつろぐのも、ある意味では贅沢なことですよね。
c0070439_1275326.jpg先日、休みをとって、その海の中道ホテルに泊まってきました。チェックインは早めにして、ちょっと部屋でくつろぎ、夕方は、いつものスポーツクラブに出かけ一杯の汗をかき、ホテルでちょっと贅沢な食事と美味しい冷酒を飲み、展望風呂で博多湾の夜景を見るという計画です。途中までは、上手く行ったのですが、ちょっと冷酒を飲みすぎて部屋に戻ったらバタンと寝てしまい、展望風呂には行けませんでしたけど……。
c0070439_1281310.jpgそれと、海の中道ホテルの朝食バイキングが美味しいですよ。だから、より美味しく食べようと早朝ランニングも実施しました。たまたま好天にも恵まれ、とりあえず30分走って折り返してくれば、1時間走になるという計画でした。こういうコースを設定すると必ず後半が速くなります、早く帰って来ようとする心理が働きます。ビルドアップ走法にはもってこいですね。
c0070439_1284088.jpgそして、朝食バイキングのフレッシュジュースは、これまた美味い!立て続けに3杯も飲んじゃいました。腹いっぱい朝から食べると、当然眠くなります。チェックアウトぎりぎりまで、部屋に戻って寝ることも気分はいいものです。そんなプチ贅沢生活の一泊ニ日でした。

by hyocori-hyoutan | 2005-03-27 23:23 | 家族

雨降り続く 余震も続く 福岡の春遠し

2005/3/22(火)
冷たい雨が一日中降り続き、午後4時頃には震度4の余震も起こる。
天気も良くなり、春の陽気になれば気も晴れるが、天気さえもまだ味方をしてくれない。

なんとなくさえない気持ちが続く。
日曜日から連続3日間、運動していないのも大きな要因かな……。

でも、友人の結婚式や遊びで、地震当時、福岡を離れていた娘①.②が家に戻ってきた。
「残念やったね、震度6の経験が出来なくてね」と、大きな被害を受けなかった我が家だから
言える言葉もでた。

明日は少しでも運動をして、気持ちを上に持っていこう!

by hyocori-hyoutan | 2005-03-22 23:17 | 家族

心配し 電話をくれた 心に感謝

2005/3/21(月)
今日も一日中、災害出動であった。
くたびれた体で自宅にたどり着く。
学生時代の友人から電話があったと事を昼間に妻からメールで連絡を受けていた。
早速、友人に電話をする。彼は島根県在住である。
やはり、安否を尋ねてくれる友人は嬉しいものである。

逆に、自分がこれまで、災害時の友人等に安否の連絡をしたことがあるか自問した。
ほとんどない、いや全くないかもしれない。
結構、友人関係に拘っているようで淡白な自分の性格だろう。

これから先、忙しく働いていた時代から、少しは自分の人生を振り返っていこうという年齢になってきた。
今まで疎遠にしていた友人関係も少しは見直していかなければと思う。

元気な昔のままの彼のかん高い声を聞いて、自分も少し若帰ったような気がした。
さあ、明日も地震の後片付けが続く、頑張ろう!

by hyocori-hyoutan | 2005-03-21 23:04 | 家族

地震とは 突然やってくる 実感!

2005/3/20(日)
「おはよう!」「おはようございます!」
いつもの賑やかな会話が始まる、日曜日恒例の10時30分からのエアロ60を待つ風景である。そして、エアロ60は始まった。ウォ-ミングアップ……、ターン、ニーアップ、シックスマンボと徐々に複雑な動きに移ろうとしていた。
そのとき、午前10時53分にM6弱の地震は突然やってきた。大きな縦ゆれにとほぼ同時に、建物の音なのか、地鳴りなのか分からないが、「ドーン、ドッ、ドッ」となかなかうまく表現出来ないけど、強い衝撃を体全体に受ける。天井から吊り下げられているスピーカーが大きく揺れる。音楽は鳴りつづけるけど、全員の動きは止まる。窓の外を覗くと電線も大きく揺れて、歩行者も何が起こったのかわからないといった様子で立ち止まっている。
その情景を何秒か見ていたが、次の瞬間には、「全員、屋外に退去してください。ジムトレーニング室の非常階段を使って、屋外に退去してください!」とスタッフの声が響き渡る。屋外の駐車場には約50人が集まる。Tシャツにパンツスタイルが大半であり、プール利用者はパンツ一枚というスタイルである。スタッフは急遽、バスタオルを配布し寒さを防ぐ。
避難者は若干の時間が経ち冷静になると、家のことが心配になる。11時30分前には、着替えのための更衣室の立ち入りが許可されたので、全員急いで家に戻る。

マンション住まいの我が家は8階であり、当然のごとく通常はエレベーターを利用しているが、これも当然のごとく停止したままである。8階まで、階段を使って登る。久々の階段利用である。

マンションのドア-を開ける。玄関の下駄箱の上の花瓶は落下、パソコンラックのプリンターも落下、本棚に無造作に積み上げていた本も落下、整理ダンスの上に載せていた整理ボックスも落下、リビングに置いていたピアノも水平方向に10ch移動……。片付けをし始めると職場から電話がかかる。災害呼び出しである。とりあえず、大きいもののみ片付け、職場に急ぐ。盗難防止のために8階まで上げていた通勤自転車を担いで非常階段を降りる。そして、自転車に乗って職場に急ぐ。
ということで、私の三連休は日曜日の朝10時53分で終わりました。
下の写真は、その通勤途中の筥崎宮で見かけた倒壊した石塔です。
c0070439_2246555.jpg

by hyocori-hyoutan | 2005-03-20 23:35 | 家族

早朝ラン おはようの声に 足軽く  

2005/3/16(水)
今朝はいい天気、珍しく早朝ランニング。志賀中の近くを走っていると、「おはようございます!」と、突然、大きな声をかけられる。横を見ると、登校途中の志賀中の中学生男子が車道の反対側の歩道を歩いている。彼が朝の挨拶をしたのである。こちらも条件反射的に「おはようございます!」と大声で挨拶する。時間にして5秒ほどである。こちらは、走っている足を緩めることなく、その場を走り去る。
何か、晴天の朝の天気と同じようにすがすがしい気持ちになる。やはり、挨拶、特に若者から先に挨拶されると気持ちが良い。
次は、オートバイの大人から声をかけられる。
「○○!おはよう!元気がいいな!」
志賀小学校の先生でオートバイ通勤している途中の知人である。
先ほどの志賀中生徒の件を話し、「小学校の教育が中学校でも生きているよ!」と言おうとしたが、知人は、赴任して一年目のはず、今日の中学生とは関係ないはずである。
「今日は気持ちがいい日ですね」と天気なのか、気分なのか、分からない返事をしたまま、笑顔でオートバイを見送る。
一年の計は元旦にあり、一日の計は早朝にあり……。

by hyocori-hyoutan | 2005-03-16 22:54 | 家族

皆出かけ 火事と騒ぎ 集まる人まばら 

2005/3/15(火)
c0070439_22512899.jpg家にいたら、サイレンの音が聞こえてきた。サイレンの音はよく聞く音なので、気にしないでいたら、家の近くでサイレンは鳴りっぱなしになった。それでも、特に気に留めていなかったが、「お父さん、火事よ!」と妻が叫ぶ。
外を見ると道路の向かい側にあるビル住宅7階の火事である。黒煙がどんどん大きくなっている、消防車は2台到着しているが、放水はまだである。消火器を背中に担いだ消防隊員が非常階段から火事現場に急行している。
そのうち、7階のベランダに向けて放水が始まった。幸い、その日の夕方のニュースで住人一人の軽い怪我をしただけであった。火事の怖さを目の前にして、火の始末の大切さを再確認をした。
この火事で、もう一つびっくりしたことがあった。昔から火事場の消火を邪魔するのは、「何処からともなく集まってくる野次馬」というが、今回の火事で集まったのは、10人程度しかいない。そして、火事の起こったビル住宅のベランダの洗濯物は干したままであるということ……。つまり、この住宅地には平日の昼間は誰もいない、学校、職場に出かけ、無人化しているという事実である。地域コミュニテイづくりといっても、平日の昼間は誰もいない、この住宅地は、まず防犯対策(防災)をどうすべきかと思った。夕方、家に帰った住人がずぶぬれになった洗濯物をみてどう思うだろうか。

by hyocori-hyoutan | 2005-03-15 20:14 | 家族

仕事のほかに もう一方の生きがい 今見つけねば……

2005/3/2(水)
昨日、3/1(Tue)は、K小学校PTA役員のOB会が開かれました。
娘②が小学校4年生のときにPTA活動に入り、3年間会長、副会長をしました。
その娘が、今年、成人式を迎えたので、もう10年前の出来事です。
仕事上の出来事は、今も昔も同じようなことをしているので、10年前の事も、つい最近のように感じられます。
しかし、今、全くしていないPTA活動は、遠い過去の出来事のように感じられます。

酒も進み、昔の役員や校長先生と話が弾み、PTAというボランティア活動が素晴らしかったと再確認させられました。
私も50歳台に突入し、仕事ばかりでなく地域活動もしていく必要を感じています。
60歳になって「さあ、退職したから地域活動をしよう!」と周りの人に言っても、誰も相手にしてくれないでしょう。
仕事が忙しくても、今のうちに地域でのネットワークづくりに貢献していなければいけないと思います。60歳からでは遅すぎます。

ということで、いまのところ、スポーツクラブ「ルネサンス」でエアロやランニングを通して、楽しい仲間との交流を図っています。また、妻も同じ趣味というのは、会話も弾みいいものですね。

by hyocori-hyoutan | 2005-03-03 00:10 | 家族

用心・用心 海外旅行の盗難 誰の責任

2005/2/18 (金)
娘①が卒業旅行で、イタリアにいったのは1月。
楽しい旅行になる予定が宿泊先のホテルで、スーツケースがなくなってしまった。
当初は盗難と言われ、旅行中は代わりのスーツケースを購入して不自由な旅行を続けて日本に帰宅しました。

しかし、日本に戻ってきて、旅行会社から連絡があり、スーツケースを部屋に届ける際に、ホテル側が誤配をしてしまい、帰国後に発見され、日本へ送っているとのこと。
そして、3週間後の今日税関に行き、スーツケースを引き取って来ました。

なつかしのスーツケースとの再会です。それにしても、精神的苦痛を含めて、誰に文句を言えばいいの!旅行会社はすいませんと謝罪するのみ、それだけで済むのかな?

by hyocori-hyoutan | 2005-02-18 10:14 | 家族

モツ食べて 楽しいひととき みな善人

2005/2/17 (木)
前職場の有志6人での飲み会が開かれ、久しぶりに「もつ鍋」を食べました。

年齢は20歳台の女性から60歳台のOBまでの幅広いメンバーで、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
人間って、善人、悪人というようにキチンと分けられないのが常と思いますが、気の合う者同士の飲み会なんかは、みんな善人だから楽しい……つい思ってしまいます。

2次会は更に居酒屋でワインを飲み干して帰宅しました。
最近は、外で飲む機会もめっきり減り、ルネ三昧の日々ですね。
酒を飲むよりスポーツで汗を流した方がどれだけ爽快かは、ス
ポーツしている人間しかわからないでしょうね。

by hyocori-hyoutan | 2005-02-17 10:17 | 家族

楽しさが 長続きの秘訣 無理は禁物

2005/2/12 (土)
時間潰しに本屋に立ち寄り、文庫本2冊買いました。
最近というか、もう10年以上、定期的に本を買うことがなくなりました。
買うのはランニング雑誌かパソコン雑誌くらいになりました。

新しい情報を入れなくても暮らすには困らないし、
毎日スポーツクラブ「ルネサンス」に通っていると時間がないのも事実ですね。

いつまでもスポーツばかり出来ないし、読書もしなければ……
と思いますが、そんな義務感で続くはずなし。
読書が楽しくなければ、スポーツと同じで、長続きはしないはずですね。

by hyocori-hyoutan | 2005-02-12 10:50 | 家族