カテゴリ:健康化大作戦( 75 )

不注意で 年末年始吹っ飛ぶぶ 鎖骨折れ

c0070439_727123.jpg
明けましておめでとうございます。今年は年末から年始にかけては、不注意から災難に見舞われた。鎖骨骨折、鎖骨縫合手術で現在も入院中。どうにか仕事始めには間に合ううかどうかというところ。転倒して折れた瞬間は全くわからなかったが、痛みが続く鎖骨に手をあて背中に向けて手を滑らしていくと、途中にでポッコリと段差ができていた。ヤバイと思い、自分で救急車119に緊急電話をして救急車要請。5分後に救急車到着。近くの病院に搬送をしてもらう。

時は、12/21(土)午後5時頃…。早速レントゲン撮影。右鎖骨がポッキリ。しかし問題はそこからであった。運び込まれた病院は年内は手術予約で一杯である、年内無理…ということは年明けの6日以降になる。冗談じゃない、固定バンドを装着したままで今から2週間は過ごせない。

そこで、別の病院を紹介してもらう。それでも3連休だから12/21~23までは自宅安静だ。骨折箇所が痛む。起き上がれない、顔が洗えない、服が着ることができない。楽なのは横になった時だけ…、それでも妙な動きで痛み出す。苦痛の3泊4日の自宅安静だった。12/24(火)、朝一番で和白病院に出掛ける。

緊急病院での紹介状を差し出す。その後主治医と問診。レントゲンを見て、即決定。本日入院、12/25のクリスマス手術。ホッとする。その後、CTスキャン、心電図、血液検査、胸エコー検査などを実施する。ただし整形外科の病室は満杯のため、特別個室となる。部屋代は毎日〇〇千円だが、入院が優先事項だし即了解。ということで念願の入院となる。

by hyocori-hyoutan | 2014-01-01 07:55 | 健康化大作戦

気が弱いだけじゃなく 心臓もガタガタ でも長く生きなきゃ

先日、人間ドッグに行ってきた。今までは共済組合だったから結構格安で受けることができたが、退職して今年の4月からは組合けんぽになった。割高になった。それでも例年のことだから、毎年同じ検査を受けないと気持ちが悪い。しかし、今回は心臓でつまずいた。心臓の悪いのは覚悟というか慣れていたが、心電図にP波が表れてないとのこと。そのため、鎮静剤を使う大腸内視鏡、胃カメラは見合わせようとのこと。その代りに循環器内科の紹介状をもらった。その足で循環器内科に受診。再度、心電図検査と24時間ホルダー検査を実施した。その結果を聴きに今日行ってきた。

先生の言では…
昔ならペースメーカを入れないといけないな。でも運動をしているので「スポーツ心臓」から来ているかもしれない。昼間の運動、心臓の使い過ぎで、夜就寝時に副交感神経が活発になって脈がとんだりして最大2.8秒の脈がなくなっている。夜だけ薬を飲んでみましょう。「ロートエキス錠」を飲んでみましょう。2週間後に、また来てください。

そんな訳で、今日から薬を飲み始めた。いっぱい薬を飲むようになったもんだ。血液サラサラ、血圧を下げるもの、インスリンの出が遅いのに合わせて消化を遅くするもの、そして今回の脈拍を速める薬…。年は取りたくないもの。でもその成果、今晩の脈拍は、いつもの40くらいから50に増えた。喜ばなきゃいけないな。自分の体といっても自覚症状がないから面倒なもの。医者の指示に従って養生して行こう。

by hyocori-hyoutan | 2013-11-22 00:12 | 健康化大作戦

月一検診 今月も健康体クリア やや工作ぎみだが

月例の病院通い。特に朝から行く必要もなかったので、仕事が終わって病院に行った。もちろん、病院通いの前の運動は欠かすことができないので、十分にトレッドミルで12㎞走った。その結果、先月並の体重にやっと落ちた。本日は血圧、血糖値のみ。血圧は運動直後のため90-55くらい…理想的。血糖値は採決30分前にコンビニでフランクフルトと豆乳、プロセスチーズ少々だったから、104で理想的。

問題は前月の数値を維持するためには、検診直前に10㎞ランをしなきゃいけないのが、少し問題であるが、とにかく10㎞ランで主治医の先生から褒められる快感は忘れられない。そんな訳で今月、いや今後一か月も安泰になった。

帰宅途中、ローソンに立ち寄り、ローソンスイートを購入、少しばかりの自分へのご褒美だ。

by hyocori-hyoutan | 2013-04-23 20:19 | 健康化大作戦

正月太り 取り戻して検診 褒められても恥ずかしい

昼からは休みした。本当は午前中に月一の病院に行こうと思っていたが、新年の挨拶回りが一件あったために、午後に休みを振替して病院に行ってきた。ただし今回は絶食血液検査が検診メニューにあったため、朝からずっと断食中であった。更に午後の診察は午後3時からのため、時間は十分にある。お腹はすいていたが、食べずにルネサンスに行ってランニング、サウナに打ち込む。正月休みの間に増えた2kgの体重を落とすために必死に汗を流す。運動終了後、更衣室の体重計に載ってニンマリだ。どうにか前月並みの体重になった。

その成果を持ってクリニックに向かう。尿検査、血液検査(血糖値)、血圧、体重検査などがあった。尿検査は尿がでない。30分前までトレッドミルで汗をびっしょりかいていたから出ない。それでもどうにか検査用の30ccくらいを絞り出す。尿からはケトン体が検出された。空腹、絶食、過度の運動直後に血糖値維持のために血液中から検出されるらしい。僕の場合は、その条件にすべてあてはまるので問題はないとのこと。空腹時血糖値は88で正常。血圧は105-60くらいでこれも正常(運動直後は血圧が下がることは経験的に知っている)、体重は前月より300g減量…。

問診では、正月休み明けで体重が増えている人が多いのに、減っている人は珍しい。生活習慣病の患者では優等生ですね…とお褒めの言葉をいただく。どっちかというと、病院診察に合わせて偽装工作(早朝ランや直前の食事制限)をしているのに、それを褒めていただくなんてちょっと後ろめたい。でも偽装工作したにせよ正常値まで戻したりできるのは立派なことだろう。そう思えばすべて解決する。

あまり喜んで今晩、暴飲暴食しないようにしよう。

by hyocori-hyoutan | 2013-01-09 19:33 | 健康化大作戦

人間ドッグ 口からお尻から 検査は続く

人間ドッグに行ってきた。福岡和白検診クリニックには40歳の時から毎年受診をしている。朝の7時には受付を済ます。受付番号は3番であった。早く受付しないと段々と混雑をしてくる。早速、検診用病院着に着替える。最初は脳MRI検査である。狭いベッドに寝かされて耳栓をして静かに眠る。耳元ではガン、ガ~ン、キンキン…とうるさい音が鳴っているが、その音が子守唄に聞こえてちょっと眠ってしまう。

あとは、胸レントゲン、エコー検査などの通り一遍の検査が続く。10時ころには、待合室は満杯となる。昔と比べるドッグ受診者は飛躍的に伸びていることを実感する。待合室で次の検査を待っていると、同年輩の夫婦の人と話す機会を得る。そのドッグ受診者の方は、カナダのバンクーバーからやってきたという。日本でドッグを受けるために…。もちろん日本人でカナダに夫婦で永住している方である。

カナダの病院の治療はできるが、予防的な検診制度はほとんどないし、各病院を回って受診しなければならない。手間もかかるし費用も相当なものである。だから里帰りを兼ねて日本で人間ドッグを受診に来たとのこと。昨日からドッグ検査(もちろん、ドッグ検査の最先端のペット検査受診)を受けて、昨晩はホテルオークラデの宿泊だったらしい。(羨ましい限りだ)検査後は日本を観光して2週間後くらいにバンクーバーに戻るとのこと。

それと比べる必要はないが、こっちはこれから人生で…年一回くらいはパックの海外旅行に行く事を目標にしよう。人の人生と比べる必要がないが、ちょっと比較してしまうのは仕方なし。

ドッグは続く。やっとメーンイベントの胃と大腸の内視鏡検査準備に入る。朝から絶食、昨日から消化にいいものを摂取するように準備をして、最終的には2リットルの食塩水みたいなものを2時間かけて飲み干して胃&大腸を綺麗にする。もちろん出すものは出して透明の便になるまでのトイレ通いだ。

でも、この検査は好きだ。ベットに横たわり横向きに寝て口に管パイプみたいなものをくわえさせられる…そこまでは意識があるのだが、そこから先は麻酔が効いて全く記憶なし。深い眠りに落ちていく。気がつけば、口からお尻からの内視鏡検査を終えて、隣室のソファーに横たわっている。その記憶を失っていたという感覚、目を覚ました虚ろな気分が非日常的な出来事であり、何となく好きだ。

全ての検査を終えて、病院着から自分の普段着に着替える。待合室には、クッキーや煎餅、チョコが置いてある。検査を終了した人には自由に食べて良い。今日はじめての食事である。コーヒーにお菓子、好きなモノばかりである。次から次に口に運び空腹感を満たしていく。

最後に医者との問診である。正式な検査報告書は後日であるが、おおまかな検査結果は教えてもらう。脳異状なし、胃、大腸ともに綺麗で問題なし。肝機能…お酒の飲み過ぎに気をつけなさい。数値が高くなっているよ。血糖値、血圧正常。目は白内障の傾向もあるので一度眼科受診を勧める。心臓は定期検査を継続するように。そして体重はほぼ標準値であり、このまま体重を増やさないように。

以上が、ボクの体の現状でした。

by hyocori-hyoutan | 2012-11-21 22:43 | 健康化大作戦

驚く看護婦 体重計差し替えても 減った体重は同じ

本日(7/23)は午前中休みをとって月一回の病院通いである。先月は前日の飲み会や朝食後の朝寝の影響で結果数値は散々であったが、今回は準備万端で好数値(健康な数値)を目指す。その第一として朝ランを挙行した。塩浜の仮住まいから雁ノ巣RC経由のドッグラン先までの片道7㎞である。朝の6時15分には出発した。雁ノ巣RCまでは25分40秒、その先は19分50秒の45分30秒であった。復路は、トータルで44分20秒だった。約6分10秒/kmペースを守った。ウェアは膝下までのハーフタイツを着用したので、汗は飛び散らないので好都合であった。その結果、体重もいつもの体重に戻ったので安心した。

病院に到着して着衣のまま体重測定をする。示した値は61.7kgである。測定をしたのは先月と同じ看護婦さんである。先月の数値データーを持っている。デジタル体重計が示す数値を見て大慌てである。何を考えたか…、デジタル体重計から、よく風呂場においてあるようなアナログ体重計を引っ張り出しで…

「この体重計の乗ってね。デジタル体重計は故障したみたい。ずいぶん先月と体重が違うから」
「そんなことないです。デジタル体重計は壊れていません。ボクが減量したのだから」
「でも先月と6kgも軽くなっていますよ」
「それくらい痩せてます」
「どんなことをして痩せたの?」
「炭水化物カット食事療法の徹底と酒量を少し落としました」
「すごいね。優等生ですね。本当にびっくりした」

看護婦さんからとても褒められた。ついでに血圧(90/60)、食後血糖1hの血糖値(126)についても褒められた。褒められて悪い気持ちはしない。

そのあとは、栄養士さんと面談である。同じようにびっくりされた。日頃の食事内容を説明したら、減量の結果に納得されたみたいである。ただ、これからも続けていくように指導を受けた。もちろん、続けていくつもりだし、健康のために元に戻すわけにはいかない。

最後は主治医との面談である。明らかに目に驚きの表情が現われている。数値だけでなく、顔が精悍になったことを伝えられた。理想的な数値とホメ殺しである。先月と大違いだ。

もちろん、朝ランで血圧が下がり体重が落ちたことも数値改善の理由の一つであるが、それ以上に劇的な数値の改善であった。この結果は来月の通院のプレッシャーになるなあ。体重を増やす訳にはいかないし、あと3kgくらい減らしてもっと驚かしてやろう!そんな遊び心が生じてきた。目指すは体重57kgでウエスト76cmらくらくの状態に持っていくことである。

by hyocori-hyoutan | 2012-07-23 11:31 | 健康化大作戦

60歳直前に 待望の60kgアンダー あと少し

本日は休み。マイカーのデリカD:5のATF交換に出かけた。

2日前にガソリンスタンドの点検で「もう50000kmを超えているならば、ATF交換をしなきゃいけませんよ。VIP会員になっていただいているので、7500円で交換できます。」と言われた。当方としても心配だからネットで検索してみる。やっぱし交換をした方がいいみたい。でもディーラーの方が良いというコメントもあったので、早速ミツビシ自動車工場に聴き取りをしたら、やっぱし交換をした方がいいとのこと。それで、ディーラーの方に車を持ち込んだ。やっぱし、少々高くてもディーラーでの交換が安心だ。

そして交換が終わると休みで暇になる。そうなるとルネサンスに直行だ。昼過ぎに10㎞ラン、夕方に8㎞ランのあわせて18㎞ランを行った。一日1回と2回では体重減少が大いに違う。2回目のランを終えてルネサンス更衣室の体重計に載ると、何と60.9kgを指した。目標の60kg切まであと1kgに迫った。この1kg減は大変だ。油断すれば2,3kgの増は簡単だが、あと1kgの減は、あと一週間の節制が必要だ。

もし60kgを切れば、約20年ぶりのことになる。仕事の残業や毎日のような飲み会で40歳代には75kgまで増えた体重であったが、50歳代から少しづつ節制をして、大目標の60kg切りまでリーチの状態になった。なんとか、60歳の大台突入の前に体重は60kgを下まわりたいものだ。

こうなりゃ、さらなる努力と節制で目標を達成しよう。この年になると人生の目標、仕事の目標よりも、個人レベルの目標、健康や趣味の目標を優先させなきゃいけない。

by hyocori-hyoutan | 2012-07-10 22:04 | 健康化大作戦

何度取り組んだ? 今度は本物? 体重減量化

今は通勤チャリ往復26km(約1時間40分)とトレッドミルラン8km(傾斜をつけて400m登る;1時間)がメーンの運動量である。それに出来るだけ炭水化物カットの食事を中心にやっていた。でも、食事療法だけで酒の方は、ビールに焼酎はいつもの通りであった。

そして、先日の月1回の通院の日を迎えた。朝食は、サンドイッチ、洋菓子(半分)、牛乳を一杯飲んだのはいいが、あまりに早い朝食だったので、1時間朝寝をして病院に行った。すると食後(1時間半)血糖値が145くらいあった。少し高めである。先生の指導は、「食後は15分でも20分でも散歩でいいから運動しなさい」とのことである。

食後の運動の大切さを痛感した。そしていくら運動しても、酒を飲み過ぎては努力も水泡に帰することも再々確認する。これまで何度、禁酒もどきを繰り返したことか…。10回,20回はあるだろう。もちろんその結果、いくらかの減量に成功はしているが、理想とする標準体重までは、7~8kgオーバーか。

そこで、炭水化物カット食事をより厳密に、夜の食事も500ccの糖質カットビールだけに絞り込んだ。すると、相対的に夜の食事量も落ちて、みるみる体重が落ちて行った。ベルトの締める位置も全然違う。ズボンをベルトで締めずに腰の位置で落ち着くという腰ベルトの感覚も味わうことが出来てきた。このまま、体重が落ちるように努力を継続しよう。この取り組みを始めてまだ10日しかないのに成果が表れたのは嬉しい。

あとは大台切れの体重になったら万々歳だ。もしかして、ウエスト76cmのズボン(可能性大)、73cmのズボン(やせ過ぎか)も射程内かな。

by hyocori-hyoutan | 2012-07-05 23:14 | 健康化大作戦

善玉コレステロール 高い数値に 気も晴れて

本日、月例の内科検診というより1ヶ月分の薬をもらいにM内科医院に行ってきた。血圧は115/75くらいだった。食後2時間後の血糖値は115くらいであった。まあまあであろう。そして、栄養指導(食事指導かな)も受ける。相変わらず炭水化物カット食事療法を継続していることを伝える。それに昨晩の食事や今朝の朝食内容を伝える。

しかしながら病院に行く前日にもかかわらず、昨晩は大盛りの焼きそばや食後のクッキーやマカデミアナッツチョコを食べたことを正直に告白した。
栄養士さんは…
「ちょっと甘いものを食べ過ぎですね。食べた後に運動をすればいいのですが寝るのであれば控えましょう」
「はい、わかりました。理屈は分かっているのですが、実践が伴わないもので…」

次は、主治医との面談、前回行った血液検査の結果分析をしてくれた。
「善玉コレステロールが100を超えていますね。100を超えていることはいいことです」
「何がいいんですか」
「100を超えている人で、血栓等が出来た人はいませんね。余った脂肪が血液が肝臓まで運んでくれます」
ってなことを言ってくれた。よくわからないが嬉しいものだ。

病院が終わると早速、クロスバイクに乗って職場まで直行だ。2月も上旬が終わりになりそうだ。まだまだ忙しい日々が続きそうだ。診察の結果を受けて、ペダルを漕ぐ足も軽快だ。

by hyocori-hyoutan | 2012-02-07 22:24 | 健康化大作戦

炭水化物カット 夕食は粗食 これで長寿を目指そう!

本日、月一回の内科受診日。前回24時間心電図ホルダーをつけていたので、その結果を教えてくれた。不整脈は24時間で700回くらい出ている。特に朝方(3時~6時)の不整脈は、脳梗塞などを誘発するので要注意である。その予防には、夕食は粗食、炭水化物を摂取しないに限る。炭水化物を夕食や宴会で大量に摂取すると、血糖値が上がった状態が深夜続き、その反動で朝方に低血糖になることが多い。この朝方の低血糖と不整脈が要因になって、心筋梗塞や脳梗塞を誘発するとのこと。

「原因がわかったので良かったですね。ともかく、夕食は粗食、炭水化物を摂取しないを守っていきましょう」
と言われた。出来るだけ守っているが、最近は中弛みになっていた。体重減量も停滞気味になっていた。良いことを聴いた。もう一度気持ちを引き締めて健全な生活に戻ろう。

先日、costcoに行ってビッグなポテトチップ袋(塩味が濃い)やポップコーンBOX(シロップまぶし)などを買ってきて、まだ残っている。こんな大箱入りの商品を買って体に良いことはない。costcoに行っても菓子類の購入は控えておこう。久山トリアスに行っても映画鑑賞だけにしてcostco買い物は限定商品(必要なものだけ)にしておこう。

by hyocori-hyoutan | 2012-01-12 10:52 | 健康化大作戦