ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:デリカD5( 8 )

c0070439_82057100.jpg
先日、愛車のデリカD:5のフロントバンパーをこすってしまった。駐車場入れの時、見込みより少し前進しすぎて、筋が少し入った。それでもバンパー交換なら25000円程度だった。そこで思案‥‥。大型バンパーを取り付けよう、経費は60000円くらいだが、見た目はかっこよくなるからね。フロントグリルを取り囲む大口みたいなのが大型バンパー。これまで街中で出会ったデリカD:5でも、このオプションは少な目。本人としては気に入っている。
by hyocori-hyoutan | 2015-04-22 08:21 | デリカD5
三菱デリカD:5に乗って4年半が経過した。年末であり、その営業所の担当者から手紙が届いていた。「無料点検」のご案内であった。そろそろバッテーリーの交換時期であり「無料」の言葉につられて営業所に出かけた。10項目の無料点検だ。もちろんその中にバッテーリーの点検も含まれていた。待つこと1時間15分で点検終了、エンジンオイルの入れ替えもあわせて行う。

肝心のバッテリーの状態も尋ねる。4年半で6万kmも走っているので心配だ。でも担当者が言うのは「まだ大丈夫ですね。良く乗られているから、バッテーリーの寿命もいいみたいですよ」

これで正月前の臨時出費も防ぐことができた。本当にこの車は故障が少なく丈夫で逞しいものだ。少しは、来春の退職時に車の買い替えも考えていたが、この調子では、まだまだ今の車で15万kmまでは大丈夫かな…。そうなると、自分自身の寿命とも相談しなければいけないなあ。どっちが先にポンコツになるかなんてね。
by hyocori-hyoutan | 2012-12-25 19:06 | デリカD5
福岡地方は、開花宣言が出たというのに今日は寒い。今は施設管理を離れて、土日は休み体制の勤務になっている。確かに週休2日制がきちんとしていれば、生活にリズムがでてくる。金曜日の夜の解放感、そして土曜日のゆったり感がいいものだ。でも、オクさんは仕事なので職場まで車で送り届ける。

そのあとは、三菱の販売・修理工場に車を持っていく。三菱デリカD5の無償修理作業をしてもらう。調整弁の不具合らしい。ついでにオイル交換もしてもらう。昨年6月から乗り始めて9ヶ月になるが、もう12000kmも乗ってしまった。7000kmでオイル交換したから、ちょうど今がオイル交換タイミングだ。やはり新車のうちはエンジンを傷つけたくないので、交換の基準は守っておこう。ウィスキーじゃないがオイルボトルキープで5回分で13000円である。一回あたり2600円ということ。これで、来週に予定されている長距離ドライブの準備も万端だ。

それにしても、いくら乗っても全国高速一律1000円の導入前に出かけなければいけないのは、残念!

新型デリカD5になって外に出る機会も増えた。この車だと、どんなに遠くに行っても大丈夫だ。自分が居眠り運転や相手が飛び込んできたら避けるのは難しいが、剛性フレームが体を守ってくれるだろう。一人だと、思い切りボリュームを上げてドライブを楽しむ。あっそうそう、オクさんは迎へに行く時間になった。急いで迎えに行こう!
by hyocori-hyoutan | 2009-03-14 19:43 | デリカD5
ヤフートップページから、自動車-ユーザーレビュー-三菱ーデリカD:5に移動できる。実は、自分がデリカを購入する際に参考にした口コミコーナーである。そこでのデリカD:5の評判の良さが購入する際の大きな要因になった。だから、自分も口コミで投稿した。自分自身の備忘録として、自分のブログに掲載しておこう!
c0070439_23185841.jpg
デリカスターワゴン4WDに15年間16万kmを乗った。さすがに、パワーウィンドもきしみエアコン不調等のトラブルが多くなり、長距離ドライブに不安を出てきた。新車購入を検討して、まずデリカは大好きだったから、最初にD:5の試乗に出かけた。昔のデリカの車高の高さや運転席の見晴らしの良さをイメージすれば、別の車という印象でありピンとくるものはなかった。ディーゼル車からガソリン車への変更に伴うエンジンの静かさが第一印象であった。でも15年間も同じ車に乗っていた人間には新鮮な刺激の連続だった。当初はナビパッケージの購入を考えたが、シャモニーとの価格差は18万円であり、昔から「シャモニー」の特別仕様に憧れていたので、出費高額になるものの、すぐにシャモニー購入に切り替えた。
納車した次ぐの日は、片道600km(福岡ー大阪)のドライブを楽しむ。CVTの滑らかな加速、40km以上ならば一定速度で走行する「クルーズコントロール」は高速道路で重宝する。ちょっと刺激を求めたくなったら「パドルシフト」でマニュアル運転的なドライブを楽しめる。高速道路ではリッター12kmまで燃費も伸びる。パーキングエリアでは、キーレスオペレーションシステムが便利、いちいちキーを差し込む必要もなく、ミラーもドアもスイッチ一つで外からでも操作できる。
デリカD:5はトヨタや日産のミニバンと比べたら街中でも少ない。だから目立つしスタイルが大好きだ。別にオフロードを走るつもりはないが、オフロードも走破できる実力を秘めているだけで気持ちよい。
乗って4ヶ月で6000kmを走ったが、まだまだ乗るたびに新鮮さやドライブする楽しさを感じる。車体本体の剛性感がハンドルの動きにも感じられ、コーナリングもハンドル操作通りのキチンとした弧を描いている。三菱の車の良き伝統を受け継いでいる。やはり10年以上10万キロ以上は十分に楽しめるであろう。
c0070439_23195786.jpg
長所
◎オプションが豊富
・運転席前のダッシュボードの長いから断熱性の高い純正の「サンシェード」が優れものである。収納はセカンドシートの頭上スペースを利用した「ヘッドスペースネット」に収納すれば手入らずである。
・前後、高低、リクライニングを簡単なスイッチ操作で無段階制御できる「運転席パワーシート」もシャモニーには標準装備だ。小柄のオクさんには大好評だし、ボクもシートを一番高くするのは昔のデリカマニアなら同じことをするであろう。
・アンダーガードバーをフロントにつけた。精悍さがアピール出来て自己満足である。ただし、サイドとリアは予算の都合上カットした。
・デリカならアウトドアが必須!サイドカーテン、パーテーションカーテンがあれば車内泊も楽しい。遮光性高く外に光は漏れないし、マジックテープも思ったところにある。
◎2列目、3列目とアイポイントが高くなっており開放感がある。
◎3列目の脚周りも広く、シートの厚さも十分にあり長距離ドライブにも耐ええる。
c0070439_23205376.jpg
短所
◎フロントガラスはとても大きく長い。それを支えるサイドにつなげるフレーム支柱が大きい。そのため、右カーブ時に対向車の車が見づらい角度がある。体を少し乗り出せば死角は防げるが慣れるまでのはちょっと注意が必要である。
◎街乗り6.5~7km、もっと燃費が伸びて欲しい。ただし高速は11~12kmまで伸びる。
◎サードシートを一番後ろまで下げると、荷物スペースがない。
◎サードシートの跳ね上げが面倒である。ただし、背もたれシートを倒すと、シート上と下に収納スペースが一杯できる。大物荷物以外は積載可能である。

by hyocori-hyoutan | 2008-10-25 23:02 | デリカD5
デリカD5のリアビューのモニターカメラが素晴らしい。シフトチェンジしてバックに入れると、モニター画像は自動的に車両後方を映し出す。予想進路軌道を表示してくれるので、モニター画像を見ながらバックすれば安全そのもので追突の可能性は低くなる。更にサイドミラーもでかいし安全性は高い。
c0070439_0281082.jpg
それでもボクは心配だから、オプションでリアアンダーミラーも取り付けた。これだけ備えれば大丈夫だろう。ボク以外にオクさんも娘も運転するので安全には力を入れた。だって新車は嬉しいものだが、ぶつけた時のショックが大きいものだから。
c0070439_0581711.jpg
モニター画像はバックばかりではない。左サイドも前方も表示してくれる。狭い路地から見通しの悪い交差点に出る時は前方左右のカメラ、車庫入れのときはサイドカメラ……。世の中便利になったもんだ。15年間ぶりの新車は「浦島太郎」みたいな気持ち、カルチャーショックを受ける。
c0070439_120642.jpg
c0070439_1202196.jpg
このようなシステムを三菱自動車では「マルチアラウンドモニター」というとのこと。他の自動車メーカーでは同様なシステムがディーラーオプションでウン十万円も別途料金になっている場合が多いが、デリカD5の場合は標準装備(G-NAVI package以上)になっていたのが嬉しい。
by hyocori-hyoutan | 2008-07-11 00:26 | デリカD5
デリカD5に乗って2週間が過ぎた。もちろん、納車の次の日から大阪までドライブ、孫の顔を見に長距離ドライブをしたからであるが、もう1500kmも乗った。感想は上の上である。大変気に入っている。まずは燃費からである。2400ccエンジンに車両重量1800kgであるから期待してはいけないが、大阪まで高速道路を主体とした燃費では12km/lを記録した。これはなかなかの数値である。
c0070439_23262290.jpg
しかし、街乗りでは、2kmのルネサンス通いや天神までの渋滞8km買い物なんかでは6km/l平均かな……。これもやむを得ない。デリカD5の場合、運転席のインパネ中央のタコペーターとスピードメーターの間のディスプレーが、平均スピード、燃費、外気温、今のガソリンであと何キロ走れるか……の表示がボタン一つで切り替えられる。最初は燃費表示にしていた。(中央部下の7.7km/lが燃費を表している)これがよくない。燃費ばかり気にしてちっともドライブが楽しくない。燃費を気にしていたら軽自動車に乗ればいいのだ。ということで燃費表示を止めて、今は通常の走行距離表示だけにしている。
c0070439_23473516.jpg
ついでに今日は、宗像方面まで50kmほどの一般道使用の郊外ドライブであったが、燃費は8km/lであった。今のところ、高速道路12km、郊外8km、街乗り6kmという平均値ですね。これからエンジンを鍛えて燃費を伸ばしましょう。

ところで、このデリカD5は運転席前から前面ガラスまでのダッシュボードがとても長い。置いているものが転がったら、とても運転中は取れないと思う。でも、写真のように、このフロントの上にマンションの駐車証を置いていたのだが、どんなカーブでも動かない、流れない。両面テープで固定していないのに動かないのは不思議な気がする。よっぽど丈夫な滑り止めかな……。今日はココまで!
by hyocori-hyoutan | 2008-07-05 23:24 | デリカD5
一週間ぶりのブログ更新……忙しかった。先週の金曜日にデリカD5シャモニーが納車され、翌日の土曜日から2泊3日で関西まで新しい車で出かけた。走行距離は1300kmであった。そして関西遠征から戻って、すぐに1300kmも走ったので販売店に1ヶ月点検をお願いした。店長さんはボクの顔を見るなると……

「今日はどうしたんですか?」
「1ヶ月点検に来ました。」
「まだ1ヶ月も経ってないでしょう?」
「そう、まだ4日間しか経ってませんが関西まで車で出かけ1300km走ったもんで。」
「そうですか。すごいですね。車はどうでしたか?」
「いや、良かったですよ。最高です!」
「ありがとうございました。」  ……そんな会話を取り交わした。
c0070439_154211.jpg
片道550kmの道中であったが、クルーズコントロールのお陰でくたびれもせず楽しくドライブできた。クルーズコントロールとは、ハンドルの右側についているボタン一つで、今走っているスピードを維持して定速で走れる機能である。例えば高速で100km走行中にボタンを押せば、そのスピードを上り坂であろうが、下り坂であろうが自動的に維持していく。これは楽だった。足をアクセルの上においておく必要がないのだから、足のストレスもたまらない。もちろん、ブレーキを踏めばクルーズコントロールは解除になるから安全運転に支障はなし。また別のボタンを押せば記憶したスピード定速にリセットもすぐにできる。
c0070439_2251767.jpg
その他、いろんなデリカD5シャモニー紹介記事は、ボツボツ書いて行こう。思いを込めてデリカを買ったから書くことが一杯ありそうな気がする。

もちろん、主たる目的の初孫とのご対面も次回以降に気持ちを込めて書こう!
by hyocori-hyoutan | 2008-06-26 00:53 | デリカD5
15年間15万kmも乗った三菱デリカスターワゴン、ありがとう!
3人の子ども達が小中学生だった、1993年(平成5年)に車のローンを組んで購入した。車高が高く見晴らしが良い。どんなに渋滞しても視界も良さでイライラしない。バスが信号待ちの時に横に並ぶと運転席の高さが同じであった。そして、ディーゼルエンジン独特のやかましさも心地よかった。
c0070439_119328.jpg
遠くは東京まで行ったこともある。長男が東京の大学に行くことになり、引越しの荷物をデリカの後部座席に積み込み、家族は荷物の隙間に乗車するような感じで片道1200kmの旅もした。京都に行った時は高速道路でキャブレーターの冷却ホースが破れるといアクシデントにも見舞われた。そして、JAFのトラックにデリカが積み込まれ修理工場まで運ばれたこともあった。そして、一番大きなことは、事故もなく15万kmを走ってくれたことである。感謝の気持ちで一杯だ。いろんな出来事がデリカの思い出と一緒になってしまう。別れは辛いが仕方ない……。

そして、今日、新車がやってきた。新車の名前は、三菱デリカD5だ!デリカ40年の歴史の中の5代目だ。ミニバンとはいいながら他のミニバンとは一線を引く、オフロードOK、硬派の四駆だ。車に性能には詳しくないが、さまざまな機能がある。サファリラリーをサポートカーとして走破した実績もある。もちろん、ボクは砂漠や泥沼の中、未舗装の林道を走るつもりはない。でも、キャンプには持って来いだし、九重のやまなみ道路を走るには、やはりデリカがよく似合う。高い買い物だったけど、その分楽しまなきゃ……。ローン返済の愚痴なんて、デリカD5のオーナーになったんだから、文句は言わないようにしよう。
by hyocori-hyoutan | 2008-06-21 00:39 | デリカD5

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan