カテゴリ:エアロビクス( 58 )

小巻ちゃんと ふくこい祭りで 再会を楽しむ 

台風が近づいているが、うちのオクさんに嬉しいメールが届いた。ルネサンススポーツクラブの創生期(15年前)に若手のバリバリのインストラクターで頑張っていた小巻チャンからのメールであった。博多で開催される「ふくこいアジア祭り」に初参加するとのこと。団体名は「小巻組」とのこと。ライオン広場前に早速出かけた。
c0070439_23321160.jpg
次の会場は岩田屋前広場である。あいにくの小雨模様であり観客も晴天と比べりゃ少ない。でも演技するほうのテンションは、観客ほど下がらないのは当たり前。
c0070439_2332523.jpg
この「小巻組」は小巻ちゃんがプロジュース、演技指導、監督をしたチームであろう。中学生と思われる子供たちも多くいたが、小さなところまでの振り付け指導、笑顔はさすがなものと感心した。
c0070439_23331475.jpg
3回目、最後の舞台は天神中央公園のメーン舞台である。雨脚は強くなるが、これがメーンイベントと思えば熱も帯びる。
c0070439_23333944.jpg
足元の芝生は雨でぐちゃぐちゃであるが熱気は冷めない。でも初参加のチームにとっては決勝進出の壁は厚かった。残念ながら予選敗退。でも、台風接近のため、その決勝ステージは中止になったらしい。来年のぜひ参加してもらいたいものだ。
c0070439_23335589.jpg
終わった後は、小巻ちゃんとしばし歓談だ。さすがエアロのスペシャリストであり、ふくこい踊りでも素晴らしい切れ味だったと健闘をたたえる。
c0070439_23534927.jpg
やっぱし、一緒に頑張り楽しんだ仲間との再会は楽しいものだ。

by hyocori-hyoutan | 2012-09-17 23:31 | エアロビクス

yamanoイントラ 復活エアロで こっちも復活

エアロビクスのレギュラーレッスンに出るようにした。イントラはyamanoさんである。夜のレギュラーレッスンは久しぶりというより初めてみたいな気がする。昔は土曜日のエアロ60が定番であったかな。ベテラン中のベテランだし、レッスン内容の濃くて分かりやすく、それぞれの参加者の充実感も飛びぬけている。だから、新しいイントラに飛び込むより、昔からの達人イントラに出たほうが断然楽しい。

まずは3km走って体を温める。そしてエアロではちょうど15分のウォーミングアップがあったけど、それが見事としか言いようのないものである。アップテンポのリズムに乗って、次から次に動きを変えていく。だから飽きることなくウォーミングアップだけでも楽しめる。そして、辛口とユーモアのある話芸が付いてくるから、参加者も楽しめるものである。

参加者といえば、周りを見回すとほとんど10年前と同じメンバーが前から3列くらいを占有している。イントラも参加者も10年の月日の流れを感じさせない……。これは喜んでいいのかどうかわからないが、10年を越える会員にとっては嬉しいもの。yamanoイントラの最初の挨拶にあった言葉……

「エアロ50は、エアロをし始めた人はもちろん、これまでエアロ60に出ているベテランの人にも、エアロの動きをきちんと見直すには、いいプログラムですから、頑張って楽しみましょう!」と言われた。しかし、動き始めたらテンションの高いこと限りなし……。掛け声も飛び交い、平均年齢〇〇歳の中高年の集団には思えない若さであった。終わってしまうと「このエアロ50を越えて60、もしくは75、いやいや未知のエアロ80だった……」との声も出てきた。シルバー軍団だから、自分の体力の衰えを差し引いても、十分に運動量のある基本に忠実なエアロでした。これで、ただ走るだけのスポーツクラブ生活から、ちょっとエンジョイできる生活に変化しそうである……。

by hyocori-hyoutan | 2008-10-14 23:40 | エアロビクス

養成あがり フレッシュぴちぴち これから楽しみ

朝一番のエアロビクスに参加してきた。飛び跳ねない「ローインパクト50」である。イントラ養成講習会を合格したばかりのMイントラのレッスンである。緊張気味にスタートする。でもウォーミングアップの組み立てが上手くて飽きない。コマめに動きを変えていくから楽しい。Qの出し方もなかなかのものである。

でも、アップから本編の動きに入ると、選曲が悪かったのかリズムがとり辛くなる。本人も慌てたのかちょっとパニックっていた場面もあったが、それも想定内で笑いで済ませる程度であった。最後のまとめも通しで3,4度と続く。

今は、一流のイントラに成長している人も、10年前はリズムがとれずパニックっていたこともあったのだから、今日の間違いは全く問題なしである。ボクもイントラの左横の好ポジションで一生懸命に動いた。わが子を育てるような優しい気持ちで踊っていた。一年もたてば、立派な一人前にイントラに成長することだろう。

by hyocori-hyoutan | 2008-09-23 20:48 | エアロビクス

語らい3時間 尽きぬ話題 またしゃべりすぎた……

みっちゃんと飲んだ。あっという間にしゃべりとおして3時間が過ぎていく。焼酎5合瓶が空になっていく。みっちゃんとゆっちゃんがメニュー注文やお湯割りのサービスをしてくれるから、気持ちよく杯を重ねていく。
c0070439_11213828.jpg
ルネサンスの話、夫婦円満の秘訣、ヨガの話し、実家の話し、ブログの長続きのコツ……。いろんな話をした。2時間の予定が3時間になっても足らないくらいであった。でも、飲みすぎて体の方が限界に近づいてきた。今晩はこのくらいにして家路に急ぐ。楽しいひと時ありがとうございました。

by hyocori-hyoutan | 2008-04-07 11:26 | エアロビクス

ステップ仲間 楽しい語らい 夜は更ける

週末は、ステップ仲間との飲み会になった。集まったのは10人、場所は香椎駅前の庄屋……。ビールのあとは焼酎に切り替える。飲んだ5合焼酎の瓶が転がっていく。今日は水割り、お湯割り係となって楽しむ。自分で適当にお湯割りを注いでいく。杯が進むにつれて酔いが回る。エアロビクスの話題が中心だから、話が永遠に続く。気がつけば居座って4時間も経過していた。酔った写真は店の玄関前……。
c0070439_2374646.jpg
帰路は、香椎駅前から歩いて15分、酔っ払ってしまえば寒さも気にならず。明日は仕事にも関わらず、ちょっと酔っ払った。枕元の電気をつけたままの熟睡である。頑張って走った分は十分に取り返した。また、楽しい酒が飲めるように頑張って走ろう!

by hyocori-hyoutan | 2008-01-28 23:13 | エアロビクス

寒くても ルネサンスに行けば 心も体も温まる

寒い朝……いつもの時間に家を出る。何も考えずにエレベーターに乗って1階へ降りていく。すると小雨模様の天気であった。でも、遅刻せずに職場に着くには、いつもの自転車しかない。乗っている自転車はマウンテンバイク、前傾姿勢だから傘をさして運転するような器用なことはできない。春雨じゃないけど濡れていくしかない冬雨である。着用している服は、もう10年以上前の登山ウェアのジャケット、少々の雨には大丈夫であるのが幸いである。

約30分間、自転車を漕いで職場に到着した。バイク用に手袋もしていたから寒さは全くなし。
30分漕いでいたから体はほっかほっか。ジャケットを脱いで、ニットウェアを脱いで、ロングTシャツを脱いで、Tシャツ一枚になってちょうど快適になる。

昼ごろには天気も回復して、昼休みに走るランナーも職場の窓から眺められる。いつの間にか昼休みランニングは中断したままである。昼休みは走るどころか弁当を買いに出かけて休憩室で昼食していたら睡魔に襲われ、しばしの居眠りである。走る昼休み、昼寝の昼休み……大きな違いである。これを取り返すには、夜のルネ通いしかない。

そんな気持ちで夜にルネサンスに行く。本当は走り一本にトレーニングをしたかったが、週末にステップメンバーで飲み会に行く企画が成立していた。その誘いにも誘われた。断わる理由なし、だから今日はそのステップ50(fujitaイントラ)に出場した。もちろん、ステップ前の貴重な時間(約20分)を走り通す。そのせいで汗もたっぷり、楽しくステップも過ごせる。今日も距離は稼げなかったが、ステップで満足。終わった後の寒風も気持ちよし。

by hyocori-hyoutan | 2008-01-23 22:42 | エアロビクス

ninaエアロ 体よりも 頭もフラフラ……

Ninaちゃんのエアロ60に参加した。代行のため通常のエアロ60よりレベルを落としているらしいが、それでも十分に難解度は高い。ともかくウォーミングアップから飛ばす、飛ばす。ここ1年はご無沙汰でも、それ以前は7,8年も付き合っているエアロだから脳の片隅、運動中枢の中に記憶があるため、自分で考えたよりも体が動く。ともかくテンポが速い、音楽が速い。スタートして15分で汗がフロアーに飛び散っていく。

そして、メーンの動きが始まる。今日はベイシックな動きしかしないことを心に決める。中途半端にNinaちゃんの動きに合わせて回転を取り入れると、頭の許容量をオーバーして、頭真白の状況が終盤に現われるから、それを避けるためマイペースを維持する。

3パートに分かれた動きも無事に終了をする。ボクが上手く動けたのも、最前列で踊ってくれたH女史のお陰である。動きが分からなくても前に達人がいれば安心して踊れる。スタジオを出て充実感に満たされて参加していたエアロ達人に声を掛ける。

「思ったより動けたよ。レギュラーレッスンの動きと同じレベルだった?」
「いや、違うよ。スピードとテンポが違う。今日は代行のため楽なレッスンだったと思うよ」

せっかく自信を持ったのに、エアロ達人の一言で現実を知ることになる。でも、もう一人のエアロ仲間が言っていた。
「体も疲れたけど、頭も疲れたエアロだった。」記憶力、集中力が要求されるエアロであることには間違いなし。体は無理でも、頭の若返りには最適のエアロでした。

by hyocori-hyoutan | 2007-12-21 23:29 | エアロビクス

yamanoエアロ あっという間の 60分

今月のエアロビクス参加本数はゼロであった。そして今日、今月初めてエアロビクスプログラム、yamanoエアロ60に参加した。スタジオに入った時から、14kmラン後であるから体も燃えている状態……。そして丁寧で、やる気を起こさせるウォーミングアップが始まると再び汗が噴出してくる。約15分のウォーミングアップだけでもTシャツはびっしょりになる。

そして、理詰めのエアロビクスが始まる。頭も体もフレッシュな最初のうちに、難しい動きがあり、時間の経過とともにシンプルでハードな動きになる。終盤には、4パートをつないで踊ってみる。不思議なことにその流れのスムーズなこと……。まさにプロだからできる技であり、教えるテクニックだ。素晴らしい!掛け声も自然に出てくる。

そして、最後のまとめも2回のみだから、もっと踊りたい気持ちもあるが、余韻も残っている。これじゃ来週も参加したくなる。結局は60分を越えて70分近くになったが充実のエアロでした。今は、走り込みに集中してエアロビクスはご無沙汰であるが、エアロの本髄、yamanoイントラのレッスンを受けてみて、エアロビクスもやはり続けていこう!

by hyocori-hyoutan | 2007-11-27 22:02 | エアロビクス

フラショー 踊ってみて分かる 奥の深さ

Beautiful HULA SHOWを観にいった。もちろん、オクさんに連れられての観賞である。ルネサンス香椎のフラダンスを指導しているshimizu先生のいろんな教室の会員さんが参加される発表会的なショーであった。
c0070439_142519.jpg
場所は、天神のKBC北側の”LIVE HOUSE CB"である。木枯らし一番が吹き荒れる寒い意一日であったが、スタジオ内は約100人の熱心なフラダンスファンが集い合い、常夏のハワイ、そのものであった。
c0070439_146776.jpg
ボクも4回ほどフラダンス教室に通ったから2,3曲は踊るまねごとはできる。「カイマナヒラ♪」の踊りが始まると、こっちも体が動いてくる。カイマラヒラとはハワイ語でダイアモンドヘッドのこと。手話的な手の動きで大きなダイアモンドヘッドを表し、指先の手で山頂を表す。歌詞の意味を知って初めてフラダンスが踊れる。
c0070439_1504191.jpg
昔、昔ハワイのポリネシアン文化センターに行った事がある。その時は強行スケジュールで、せっかくのフラダンスショーも眠りこけてしまった。近いうちには、ホノルルマラソンにも行きたい。今度行ったときはフラダンスを本気で観てみようと思った。

by hyocori-hyoutan | 2007-11-12 00:51 | エアロビクス

ninaエアロ 何回でても 難解エアロ

半年ぶりにninaエアロに出た。お気に入りのHP上では、ninaエアロのことを「難解エアロ」と表現されている。ともかくテンポがいいというより速い、速い。ウォーミングアップの動きから目がクルクル、体もクルクルである。でも、顔の表情はninaちゃんからもきっと誉められるであろう笑顔一杯であった。自分でも不思議なくらいの笑顔であった。参加できる喜びから来たもの、後方の位置取りの気軽さも気持ちを楽にさせた。

動きの達成感は、ウォーミングアップでもあった。汗も出る、出る。軽快な動きからシャッセやチャチャチャが多いから、つま先でリズムを取っていかなければいかない。でも、次から次に回転技が加わってくると、ベイシックな動きは頭から抜け落ちてくる。同じ動きには見えない。かろうじて頭のなかに残っている残像の動きだけで組み立てていくことは至難の業である。だから難解エアロと言うことになる。

後半15分は魔の時間帯になる。通しの動きである。確か3パートからの動きであるが、1パート、1パートが通常のエアロビクスより長いからマスターするのは難しい。参加者約30名のうちの2列目までの10人くらいが完璧(?)に踊っているだけである。水飲み休憩のたびに「難しい」と言う声が聴こえてくる。

こっちは、出来なくても当たり前の世界だから気が楽である。最後はちょっと時計を気にしながらも1時間踊り通した。スタジオの外でたむろしていたら、スタジオの吹き掃除を終えたninaちゃんから声を掛けられた。

「久しぶりね。」
「勤務の都合で土曜日なかなか出られなかったからね。また、やせたんじゃない?」
「やせてないよ。また、出て来てね……。」

僅かな時間であったが、気持ちのいい会話であった。歓迎してくれたことが嬉しかった。それと、一般的には「やせたんじゃない」は誉め言葉かもしれないが、いつもスレンダーなninaちゃんには「やせたね」は禁句だった。こんどは「ふくよかになったんじゃない」と言ってみよう。喜ばれかな……。

by hyocori-hyoutan | 2007-10-13 23:10 | エアロビクス