ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ああ、大きな失敗をした……。後悔、先にたたず……

日々の練習を記録している”WEB練習日記”の記録を更新しようとしていたら、突然睡魔が襲ってきた。無意識の眠い中で、いくつかとキーをたたいたらしい、すると3か月分(7/26~10/24)のデータがいつの間にか飛んでいった。

どうしよう?……と思っても、どうしようもない。
月間走行距離のデーターだけが残っているから、一応、”WEB練習日記”の管理人にメールしてデーターの復活が出来ないかどうか、尋ねてみた。返事を気長に待とう。もちろん、淡い期待は持たないようにしよう。バックアップを取っていなかった、自分が悪いのだから……。

練習日誌なんてたいした事じゃないけれど、1年後に振り返る時は、とても楽しいものである。まあ、11月から、また小まめに練習日誌をつけていこう。もちろんバックアップも忘れずに!

そんな訳で、今日はリレーマラソンのことは書くのは止~めた!まだ記憶が残っているから、明日でも書けるだろう。
by hyocori-hyoutan | 2005-10-31 22:55 | HP&ブログ
海の中道から戻ってからは、リレーマラソンHPの更新で夜が更けていきました。
眠たくなりました。明日は月曜日、睡眠不足で一週間の始まりです。
リレーマラソンのブログ記事は明日にしよう!
by hyocori-hyoutan | 2005-10-30 23:28 | ランニング大会奮闘記
明日は、リレーマラソン九州大会が海の中道海浜公園で開催され、ルネサンス香椎から3チームがエントリーした、総勢30名を越すメンバーである。その中で小生も参加させてもらう。受け持ちは3区間、一区間2kmだから計6kmかな。

本当ならば、3回とも8分でまとめたい!

……と言いたいところだが、先日の大濠公園(1.95km)の駅伝大会では、なんと8'29"のワースト記録であり、今回は自信ない。でも精一杯頑張らなきゃ!狙いはオーバーペースにならないように走ることしかない。

昔から海の中道海浜公園のマラソンレースには数え切れないほど出ている。その中でも思い出深い2レースをちょっとだけ振り返ってみる。

① もう17年も前かな。第1回福岡国際クロスカントリー大会にエントリーした。出場選手は約100人で、クロスカントリーが得意なアフリカ勢も多数参加している。恥ずかしながら職場の走るのが3度の飯より好きな人間数名と参加した。

スタートは大芝生広場であり、そのスタートラインは50mはあった。参加者は100人程度だから、せいぜいスタートの列は3列程度である。当然1列目のカモシカみたいなすらりと伸びた足のアフリカ勢のすぐ後ろに農耕馬みたいな小生の足である。場違いな感じ……

でもスタートの号砲はなる。出足の速い事!すぐに最後尾の3,4人の集団を作る。一周3kmのコースを4周する12kmレース、途中には砂浜や倒木を越えなければならない障害物もある難コース!(クロスカントリーでは当たり前だね)

そして終末はおとずれた。3周目の松林を走っていると、サクサクと後方からの足音がだんだん大きくなる。先頭集団が迫ってきている。抜かれるのは時間の問題!前方にはテレビカメラが構えている……。

やばい!このままではテレビに映ってしまう!

瞬時のうちに状況を判断して藪の中に身を潜めてしまった。棄権である。やはり国際レースに市民ランナーが出ているような感じの大会であった。でも、翌年はもう一度参加して、見事完走してリベンジをはたした。最初で最後の国際クロカンの完走であったが……。

話が長くなったので、2番目のレースは次回に……
by hyocori-hyoutan | 2005-10-29 22:35 | 海の中道海浜公園の思い出
ちょっと疲れ気味の木曜日…‥でもランは10kmコースを選択した。メンバーはアポさんとchieさん、三人ラン!

今日はゆっくり走ろうと誓い走り始める。前半は30分ちょっと、まあ予定通りのラン…‥。後半は少し趣向を凝らしハンディキャップレースとした。まず、ラビット役のchieさんを走らせ、その1分後に二人でラビットを追っかけるというレース展開を作った。

一分差とは距離にして200m弱であるが、橋の上りと緩やかなカーブでラビットが見えない。まあ、そのうち見えてくると思い、こちらもあせらずに落ち着いた飛び出しとなる。海中大橋の南にある三叉路交差点では約100m差かな。照葉の街に入るカーブに差し掛かる。ラビットは後ろを振り返り、その差を確認したようだ。

照葉の街の直線は長い、その長い距離を利用すれば追いつくのは簡単!…‥心の中で思う。

しかし、今日のラビットは賢い、マラソンのレースをよく知っている。ラビットがペースを上げた、縮まりそうで縮まらない。ジャスコが見えてきて40m差まで追い上げるがとうとう逃げられてしまった。

ゆっくり走ろうといったにもかかわらず、面白いレース展開を作ったため、結局26分を切るレースとなりました。まあ、よかった、足が痛くならなければいいのですがね…‥。
by hyocori-hyoutan | 2005-10-27 23:19 | 日々ランの雑感
昨日の駅伝大会の筋肉痛はないということは、それほど追い込まなかったということかな。
そう思うと、元気が出てくる。

今日のルネサンスは、走り一本勝負!13kmコースに挑む。メンバーは、我が家の相棒とAri女史。昨日の反省があるのか前半より飛ばす。基本は自分のペースで走ろうということである。でもちょっと遅れているもののレディズランナー2人は遅れない。後方20mくらいをキープしたままであり、”強いね!”と心の中で思う。

その展開のまま、かもめ大橋の袂の信号機が赤になり一緒になる。あとは橋の上までの約600mで折り返しの休憩場所……。信号が青になって飛び出す。最後はぶちきりでと思うものの、足音が離れない。更に、橋の頂上付近では、足音が大きくなり横に並びかわされる、なんと相棒に抜かれた。

そのあとも、離されないように後につけるが、相棒から笑みと笑いが走りながら聞こえる。小生が一生懸命走っているのを抜いてしまっておかしくなったとのこと……。いやいや力をつけてきたものだ。こちらも、全力ではないが、それを抜く走力はすごい!

(どうも小生は坂道を走りきる力が弱いみたい、先行しても上り坂で差を詰められるみたい)

後半もわが道を行く感じで、マイペースで走る。だいぶ離れたかなとジャスコのカーブで後方を確認すると、やっぱし30m差で二人ともついてくる。強い!

結局、ゴールのルネサンスで20秒差くらいであった。とりあえず往路復路とも新記録を達成!特に復路の31分58秒は立派でしょう!
by hyocori-hyoutan | 2005-10-26 23:38 | 日々ランの雑感
職場の駅伝大会が大濠公園で開催された。もちろん、仕事が終わってからの開催であり、午後7時のスタート!

昨年もアンカーで出場したが、遅いチームであったので、トップチームがゴールした後にタスキを受けてスタートしなければいけなかった。当然、気合は入らなかった。そこで、今年は自ら申し出て、花の一区を担うことになった。そこまでは良かったですけどね……。

チーム数は10チーム、第1区のメンバーを見ると、20~30歳台が7人くらい、50歳台が3人というアンバランスの構成?スタート号砲で飛び出すが、やっぱし速い飛び出し……、
前半自重し後半に勝負する考えであったが、早くも目論見が崩れる。

500m地点で9位争い、つまりブービー争い、8位は10m前……。

800mの橋の上、やっと振り切り単独9位、8位は15m前、もう余裕はない……。

1200m地点、もう追い上げる気力、走力なし。差は30mと広がる。

中継点が近づく1700m、ただスピードを落とさずにゴールすることだけを考える。ラストスパートの余力無し。

第2区の走者のタスキを渡す1950m地点、腕時計のタイムを押す!8分29秒、9位……。

残るのは記録のみ、予定より50秒も遅い、昨年でさえ7分40秒で走ったのに……。

原因は一杯あるかな?

昨年より1歳年齢を重ねた、昼休みのランニングを止めたためスピード練習をしなかった、
ランニングの距離を伸ばしても体重は落ちなかった……。

いろんな原因はあるが、全てを素直に受け入れなければいけないかな。昔から大濠公園1周(1950m)のタイムが、10kmレースやフルマラソンの記録に結びつくという考えに支配された続けた人間にショックなタイムである。

でも走るよ、タイムのために走っているのではなく、自己表現のために走っているのだからね!
by hyocori-hyoutan | 2005-10-25 23:35 | 日々ランの雑感
昨晩ちょっと遅かったせいか、朝ランには起きれなかった。でも久しぶりのゆっくりと朝寝も気持ちいいもの。

まあ、いいか、エアロのあと夕方ランをしよう!

とういうこと、今日のスポーツは午後3時からスタート、まず4kmのトレッドミル、だんだんペースを上げて走る。腰痛が嘘みたいな快調さ!最後は㌔4分10秒までペースを上げる。そのまま、エアロになだれ込むが、ウォーミングアップから汗が噴出してくる。junエアロはよく出ているから、よく動ける、ターンも全てマスターしている、だから汗もよく出る。途中にTシャツも交換してエアロに熱中!

そして、夕方ランは午後5時過ぎにスタート、折り返しの海の中道大橋の上で、ちょうど陽が西の海、糸島半島に沈むのを見ながらのラン、赤く染まった西の空を見ながらピッチも快調であった。初参加のIn-mountainさんも快調であった。年も同じなのであるが、いいフォームでのラン、足の上に体がきちんと載っている、だから重心の移動がスムーズであり、軽快感がある。やっぱしエアロビクスで鍛えた心肺機能と足腰はランニングでも通用するものである。

後半は、アポさんを追う展開になったが、思い切って前に出るようにスピードアップし、抜き去る。……するとアポさんが追いかけてくる、足あとと息遣いが聞こえてくる。ここでもスピードを緩めずにいると、徐々に足あとが遠ざかる。頑張ったせいか、後半は新記録の25分35秒!腰痛もちの状態とは考えられない記録でした。皆さんの力のせいであり感謝!
by hyocori-hyoutan | 2005-10-23 22:28 | 日々ランの雑感
久しぶりにブログのカテゴリーの分類を整理した。

毎日のランニング日記的なものが増えてきたので、「日々ランの雑感」というカテゴリーを作った。それ以外では、ホークスがプレーオフで負けたのをきっかけに、ホークスのブログも増えたので「HAWKS」も作った。それと、いつも気ままに書いていることは、人生のはかなさにつながるような記事が多いので、「ああ無常」とした。それに、家族の記述についても「家族」のカテゴリーも作った。

もう少しブログを書き続けていると、カテゴリー別に小冊子が出来るかも。もちろん市販しても売れるようなものではないけどね……。

それとブログのタイトルを、いつも、川柳崩れでまとめているが、これは昔(20年前くらい)に5,6年続けて書いた子どもの成長日誌のタイトルにしていた川柳崩れの流れ、もう少し、五七五でまとめる努力をしなければ……という気はあるんだけどね。

でも、HP、ブログを立ち上げて8ヶ月になるが、よく続けて来たと、自分を誉めてやりたい!
といって自分を甘やかすことは良くないかな……。
by hyocori-hyoutan | 2005-10-23 21:29 | HP&ブログ
今夜は、食事に行った。場所は以前に行った事のある「大東園」……。焼き肉はうまいし、冷麺、ユッケ、キムチも最高!焼酎もロックで3杯も飲んでしまった。c0070439_23105096.jpg
最初は、甕仕込みの熟成された焼酎で有名な「森伊蔵」を注文するも、入荷されてなく残念!仕方なく次に、その上の「海から贈り物」をオーダーする。焼酎の銘柄に詳しくないが、美味かったのかな。c0070439_23112141.jpg

十分満喫して、大東園を後に駐車場に向かう。隣は楠田神社、人だかりがあり、のぞいて見ると「博多灯明ウォチング」が開催されていた。このイベントが開催されているのは知っていたが、まさか今晩とは思わなかった。いい巡り会わせであった。

c0070439_2313416.jpg

今日のメンバーも三世代であったが、いいことしていると、いいことにめぐり合えた感じかな……。深酒せずに明日は日曜日、頑張らなくちゃ!もちろん、エアロにランニング!
by hyocori-hyoutan | 2005-10-22 23:13 | 家族
アキレスの慢性炎症が小康状態になったら、今度は腰痛が襲ってきた。腰が曲がらないから、ズボンがはけない。手が地面に着かないし足も上げられない。靴下は座らないと履けない。情けない限り……。でもルネにはなんとか来ている。どうにか着替えをして、エアロ専用のシューズを履けば、見た目はきちんと歩行して、他人に迷惑を掛けずにエアロビクスが出来ている。

なんだか、”体調の悪い役者でも舞台に立てば、きちんと背筋が伸びて演技をこなす”みたいなところでしょうかな。ムリをしてはいけない事はわかっている。でもムリを少しする程度に頑張ったら快方に向かう……。本日は、ムリをしないランニングとちょっと頑張ったエアロをしたら、腰が随分軽くなった。

そのことを我が家のトレーナーに言うと……

”今朝痛み止めの薬を飲んだでしょう。だから痛くなかったの、無理しちゃ駄目よ!”と言われてしまった。

月間300kmの目標も遠くなってきた感じであるが、腰痛が快方に向かえば、とりあえず270kmくらいに目標を下げて頑張ろうかな。

これまで大きな怪我もせず、ランニングを日々25年近く続けてこれたのは、丈夫な体であり感謝している。でも、これから先はこまめなメンテナンスが必要になってきたことを実感する腰痛でした。
by hyocori-hyoutan | 2005-10-22 17:01 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan