ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

毎日新聞の11/29の夕刊に小惑星探査機「はやぶさ」のことが”近時片々”に掲載されていた。

「はやぶさ」の使命はイオンエンジンと遠距離探査等の技術確立で、小惑星の岩石採取は「おまけ」であった。しかし、世の中の関心は、その「おまけ」に集まる。「おまけ」の成否がプロジェクトの成否になった。でも、そのようなことはよくあることだ。時に歴史は「おまけ」で動く……(抜粋要約)

そうなんだよな、歴史と言うほどじゃないけど、自分史を振り返っても「おまけ」で動いてきたことが一杯ある。自分が生まれ、親の住んでいる場所で育てられ、小学校、中学校に行く。そこまでは、自分では決められないことばかり、親の言うとおり……の道でしょう。

でも、自分で道を選択できるようになっても、自分の思いもしてない事やどうでもいいことが、その後の自分の進路を決めていく。まさに「おまけ」で自分の人生や生き方が決まっていくことだらけですね。

たとえば、就職してからも自分の希望していない職場への異動が決まり落ち込んでいたら、そこはランニングの盛んな職場、その中で揉まれて自分は走る世界に入っていた。
大学でも、本来なら勉強して、その学問を社会に出てから生かさなければならないのに、その道に進まず、クラブ活動でしてきたことが今の人生の糧になっている。
スポーツクラブに行って体力を維持していくのが当初の目的であり、今もそうでしょうが、ルネ仲間という「おまけ」も本流近くになった。

人生なんて、自分の思うようにならないところが人生らしいでしょうかね。最初の目的どおりに進むことは稀、進まなくても行動していたら、必ず「おまけ」がつくもの!それをゲットしなきゃ!

小惑星の話じゃないが、地球から見れば人間は小さなもので「おまけ」みたいなもの、その中の自分なんて、「おまけ」の消え行く”かけら”にしか過ぎない。だから、くよくよせずに、大胆に生きなきゃ!でも一日一日を大切に……。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-30 23:54 | ああ無常
寒くなった月末ではあるが、10日後のフルマラソンに備えて、ちょっと気分も盛り上がってきた。だから、ヘッドバンドに手袋、WBの装いでアイランドに向けて走り出す。足も痛くなく気分よく飛び出すが、今日の連れ合いの女性2人は疲れ気味とおしゃべりに夢中でペース上がらないので、仕方なく実質一人ランとなる。前半は35'40"のまあまあの出来具合であった。

後半、最初から30分を切るのを目標に飛び出す。当然のごとく往路の無風は、後半の復路では向かい風となる。風に立ち向かい腕を意識的に振って走る。スピード練習に慣れていないので、部分部分によっては、ペースを意識的に上げるランニングもしておかなきゃ……

最後の照葉の街は、ちょっとくたびれ気味になる。ジャスコ横信号機は24'40"で通過!残念!30分切れず。残りをどんなに飛ばしても6分はかかる。気合が抜けた感じであったが、今までの自己新(10月28日:31'58")を大幅に破るのは確実である。結局、1分以上も更新した30'41”を達成!まぁまぁでしょう。

13kmランの後は、トレーニングジムで前屈のストレッチをしていたら、横で見ていた新婚ほやほやのY女史が、「あれ、○○さんって、体が硬いですね!」

「いいと、走るには体が硬くていいと。だから恥ずかしいから、ペアストレッチもせんと…‥」と答えておく。確か、旭化成の選手もみんな足首が硬いと言っていた事を思い出した。そんな彼女も明日までで退会だという。新天地での生活である。小生の生活には、新天地はない。今のままの生活で満足である。本当!
by hyocori-hyoutan | 2005-11-29 23:36 | 日々ランの雑感
青島太平洋マラソン大会のナンバーカード通知書が送ってきた。大会まであと2週間である。昨年は那覇マラソン、今年は青島太平洋マラソンである。気持ちの高まりはそれほどない、気負いもない、平常心のままである。だから、記録への執着はない。それでも3時間59分をめざそうかな……という気持ちはある。

ハーフ1時間47分くらいがベストなら、上手くまとめれば、その2倍に1割程度の持久係数をかければ4時間は切れる。計算上は可能な数字である。問題は70kgの体重が1割程度増しの持久係数で走り通せるかどうかである。相棒とのハーフでのタイム差は現在3分程度であり、これが倍のフルの距離になると、逆転される可能性は大である。

勝ち負けなんてどうでもいいのだが、遊びの気持ちで競り合いを楽しむ気持ちである。この心境を口ではなかなか表現できない。日々の練習も数字とのにらめっこ、タイムに拘るみたいだが、タイムという客観的な数値で今の自分の主観的な体調を推察している感じである。

ともかく、少しでも暴飲暴食を止めて体調を整えて、師走の宮崎、青島で頑張りたい!
by hyocori-hyoutan | 2005-11-28 22:52 | ランニング大会奮闘記
丸3日連続のラン休み、その後の久しぶりのラン、当然調子はいい。ランニングセミナーに行った者のアドバイスで……

登り坂: 腕は後ろに強く振る、視線はちょっと落とし加減、リズムもとって……
下り坂: リラックスして、やや勢いに身を任せて……

特に登り坂のイメージは忘れていたイメージ、そうなんだ、後ろに腕を振り胸を張り出すように走る。何となく理解できる、昔は意識して走っていたイメージであった。そうイメージを大切に走る、するとだんだん加速できた感じであった。

11月の下旬であったが、暖かく薄着でもOKの天気の中の爽快なランであった。余裕の復路25'50"であった(海中大橋折り返し)。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-27 23:54 | 日々ランの雑感
c0070439_22221528.jpg
ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきた。前回は限定販売で購入することが出来なかったが、今回はエキスプレスパス・ブックレット7を買うことが出来た。要するに並ばなくて人気アトラクションにすぐに入場できる優待パスチケットのこと、これで人気のアトラクションをすぐに見ることが出来る。そのため、疲れずに見て廻ることができた。JAWSやターミーネイター、BackDoraftなどの人気アトラクションも午前中だけで見てまわることができた。

c0070439_22241979.jpg
でも、2時間近く並んでいる列の横をすり抜けて行くのは、子どもと一緒であれば、教育上、好ましくないのかな……という妙な正義感、道徳心も頭をよぎったが、2時間並び続ける苦痛の前では、そのわだかまりもすぐに吹っ飛んだ。

時期はクリスマスの前、特別プログラム、ビッグなクリスマスツリーも用意されていた。でも、映画を素材とするアトラクションが同じため、TDLと比べたらリピーターが多いとは思われない。大人にとっては、ディズニーランド、シーの方が魅力的かな……。もちろんシーに1回しか行ってないので大きなことは言えませんがね。それと、このようなテーマパークは、テーマパークを楽しむのでなく、気のあった仲間、家族と共通の体験を楽しむことが大きい。そのことを考えると、ちょっと物足りないものでしたね。
c0070439_22402592.jpg
それと今回も、名門カーフェリーで行ったわけですが、行き帰りとも自腹で特別料金を払って特別室での船旅であった。バストイレ付きのツインベットで、ホテルと同じ感じであった。他のメンバーはごろ寝の2等客室、気持ちはいいもの……。
今回の旅は、金さえあれば並ばなくいいチケット、金を一杯払ってベッドで寝れる船旅と、まあ気持ちのいい旅でした。今度は、家族連れで行ってみたいですね。老後は500万払って、世界一周の船旅も宝くじが当たったら考えてみましょう!
by hyocori-hyoutan | 2005-11-27 22:08 | ああ無常
昨晩は、昔の職場の仲間6人での今年最初の忘年会であった。時代は昭和62年から平成2年頃の仲間、あれから20年もたったのなあと思う。仕事もよくがんばったし、遊びにもよく行った。職場の仲間とは、一緒に仕事してプライベートでも遊ぶのが普通の時代であった。

九重への家族を連れての山登り、当時は、まだ幼稚園程度の子どもたちであったが、久住山、平治岳にも登山をした。職場旅行といえば、どんちゃん騒ぎをしても、朝4時頃から、高千穂峰や由布岳にも二日酔い登山をした。若かったし元気があった。

その仲間も、みな定年退職まで一桁の年齢になってきた。年はとっても気持ちは若い。若い時とは違う楽しみ方を各自している。そのひとつのキーワードは、「夫婦」である。夫婦旅行や共通の趣味で過ごす時間が増えているみたいである。子どもは成長成人して一段落、残っているのは連れ合いという構図ですかね。

(でも、結構、ニートやフリーターの子を抱え定年前であるが、頭が痛いみたい…‥)

そんな付き合いをしてきたから、今一緒に飲んでいても楽しい。輝いていた頃の時代は振り返っても楽しいものである。でも、時々振り返るから楽しいのであって、いつも振り返っていたら、愚痴ばかりになる。

今を輝くために何をするか、やはりキーワードは「人」、「連れ合い」であろう。そして、それを結びつける手段として、ランニングがある。走れないほどつらいものはない。

”走る苦しさは喜びにつながる”が、”走れない苦しさは、肉体だけでなく精神をも蝕む”

先ほど「掲示板」を見たら、”アウトマウス”さんから伝言が届いていた。タフネスマンであった彼が膝の手術をしたとのこと、走れない苦しさを知った人間が走れることの素晴らしさを真から感じることが出来るであろう。こころからランニングへの完全復活を祈ってます。

飲んで書いているので、話が飛び飛びになっているが、これからも人とランニングを大切にしなきゃいけないと考えています。

明日から職場旅行、ユニバーサルスタジオジャパンにフェリーで行ってきます。時代が移り変わって職場旅行なんか廃れているご時勢で、気持ちは家族や友人で行ったほうが楽しいが、付き合いも大切でしょう。付き合いを断りきれない世代でもありますね。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-25 01:39 | ああ無常
c0070439_2222127.jpg2時間走大会も無事に終了した。なかなかの盛り上がりであった。
スタートの午後1時05分は、風も穏やかであったが途中から風が強くなったが、まあまあのコンデションだったでしょう。参加者は17名で思ったより多くの参加であった。全体の結果は後日まとめるとして、とりあえず、自分の反省記を記載しよう!
(1周約1630m)


8'05" 7'53" 7'52" (給水30秒)
8'02" 8'05" 8'07" (給水20秒)
8'13" 8'10" 8'30" (給水20秒)
8'50" 8'51" 8'53" (給水20秒)
8'28" 8'38"    計14周と300mで、23.1kmの走破!

スタートは、Kirishima、Takeuchi、Yamada氏に引っ張られるように飛び出す。一周8分程度のスピードは好調な出足、しかし、それを上回る上記3人の出足はすごい!多分7'30"くらいの飛び出しであろう。後方は、離れてしまい、最初から一人ランの状態になってしまう。

6周までは、ペースを維持できた感じであった。でも、水飲み休憩後の7周目から少しペースが落ちた感じがした。そして更に、苦しかったのは10周目からかな……。足も上がらず、一周につき2度ある上り坂でのペースダウンが顕著になる。c0070439_2232882.jpg
相変わらずの一人旅……。前を行くTさんはだんだん離れ、周回ですれ違うたびに引き離されていく……このままじゃ、周回遅れになることを覚悟する。後方は、周回すれ違いチェックで、我が家の相棒を探すが、見つからない。ということは、すれ違わない後方300m~400m差でついて来ているのかな……と思う。

2時間走も、正念場はやはり1時間越えてからである。13周で、ほぼハーフマラソンの距離であるから、ハーフは、約1時間50分で通過した事になる。まあ上出来でしょう。この難コースですから、急坂が13回もあるコースなんか稀でしょうからね……。
そしてゴール、感心したのは、17人のうち誰もスタート地点で数分早めのゴールとせず、2時間目一杯走り通したこと、皆さん走ることへのひたむきさを感じましたね。
c0070439_224287.jpg
終了後は、その場ですぐに打ち上げ、これがいいですね、遅い人も早い人も一緒の時間にゴール、だからすぐに飲める。飲み会も盛り上がり、いつものように酔っ払ってしまいました。走り通したことの満足感ばかりで、反省しないことはいつもの通り、このままでは、サブ4の確率は4:6で厳しいかな……。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-23 23:06 | 2時間走・大脱走
c0070439_15375151.jpg高橋尚子の快走はすごかった!前半5,6人の集団で推移していたが、みなフォームは個性的、特にリトアニアのジビレ・バルシュナイテ選手のダイナミックなフォームでの積極的なレース展開は魅力的であった。それに対してQちゃんは、力を抜いたリラックスしたフォームで、スピード感は感じられないが、ピッチはすごいのでしょう、絶対に遅れないから……。



c0070439_15561372.jpg勝負どころは36kmと読んでいた。2年前の悔しさを振り返る時、やはり36km過ぎの上りで勝負したい、それも頂上付近で抜け出すのではなく、坂の下の36kmで絶対スパートすると思っていった。すると、画面が36kmに入る直前にQちゃんはスピードを切り替える、テレビカメラ、アナウンサーも意表をつかれた感じであった。それも、普通のスピードの切り替えではないので、あっという間にバルシュナイテ(リトアニア)、アレム(エチオピア)選手を置き去りにする。ゲストの千葉ちゃんの応援するコメントもカメラマイクは拾っていた。”Qちゃん、がんばって、そのままの調子で!”

c0070439_1651232.jpgあのスピードの切り替えはすごい!誰でも、ランナーならしてみたい”あと6km”でのスパートである。それが出来るのだからすごい!優勝後のコメントで「前半は我慢、我慢の展開でした……」とのこと。

そして、その後の独演会みたいになった優勝コメントは立派!たまたま、40km付近で解説者の増田明美さんが、日頃からのQちゃんへの密着取材からQちゃんの考え方を代弁して言ってました……。
c0070439_16252642.jpg
増田明美: Qちゃんは、今、沿道の人に感謝して走っていますよ。サングラスを掛けて走っているのは、はずすと応援の人に手を振ってしまうと言っていましたから。多分、自分の復活が多くの人に勇気を与えることを願っていると思いますよ!



それを受けての、本人の優勝コメントだから、すごい!自分のことだけでなく、常に周りへの配慮や、過去の自分を支えてくれた人への感謝の気持ちを素直に言葉に表せるのは立派である。同じ競技場にいた小出監督も手をたたき、こぶしをあげて喜びを表現していたもの……。
c0070439_16421582.jpgこれからも、Qちゃんは走り続けるだろう。金メダルを目指すことも目標だろうが、それ以上に、3年先の目標に向けて一日一日大切に過ごすことを知っている人生へのメッセッジーを多くの人に発信しながら……。
あの笑顔を、やっぱし人気の源泉ですね。天分があって謙虚、感謝の気持ちが豊かな人は見ていて気持ちいい。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-20 15:55 | スポーツに一言
飲み過ぎたのに、寝る前の相棒との会話は覚えてる。

相棒: 明日の朝は早朝ランよ!
小生: 了解!いいよ!
相棒: 10kmだよ!
小生: 10kmでも20kmでもいいよ

そんな会話をして寝床につく。夜中に目を覚まし牛乳を飲む。しかし、すぐに再び眠りにつく。朝6時頃目覚ましのベルがなる。あれ、(相棒は)起きるのかな……と思う。

そのうち、起きて台所に行った気配、ベランダを開けた気配……

「さあ、走るよ!起きてね」

仕方ないか、早朝ランだな……。本当は寝ておきたい気持ちもあるが、頑張ろうかな。実は本日は、休暇をとっている。だから走ろうと思えば走れる朝なのだ。

つい、1ヶ月前までは、爽やかな秋の朝であったが、もう冬の気配の朝である。ニットのヘアーバンドに手袋の冬装備で走り始める。でも、1kmほどで、体は暖まり、ヘアーバンドが暑苦しくなり、それを手に巻きつけての走る。いつもの照葉の街は、増え始めた通勤の自動車の排気ガスで息苦しい感じになる。でもピッチはまあまあである。折り返しのかもめ大橋は32'30"で到着!

しばしの休憩……
”昨晩10km走ったにも関わらず、アキレスは痛くない”
”昨晩酒飲み過ぎたにも関わらず、胸焼けはない”

後半も頑張る気持ちは高まっていく。特に「花どんたく」の会場を横にみて、ピッチを上げる。100mスピードあげ、50mは自重……その繰り返しで、相棒との距離は開く、ジャスコんの横では150mの差をつける。まあ、調子はいいのかな。そして、今は夜になったがアキレスも痛くない、このまま上手く、フルマラソンまで調整できたらいいのかな……。

ただ、忘年会を控えての飲み会が心配の種だね。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-18 22:14 | 日々ランの雑感
前日は、エアロ一本とトレッドミル10kmのプログラム消化、そして、体に溜まった水分を汗で噴出した感じである。

その後、すぐに家に帰ればいいものを、ちょっと寄り道して、ビール、焼酎を飲む。問題は、その後……。家に帰っても、酒の肴が一杯あり、またビールから飲み始める。せっかく、ルネサンスで汗を出しても、ビールで体重は元に戻り、お湯割り焼酎で体重は運動前以上になってしまう。

夜中は、喉が乾きで目が覚まし冷蔵庫を開ける。そんな時、水を飲めばいいのに、つい牛乳パックに手が伸びる。飲み過ぎの時の牛乳の美味しいこと!

昔から、二日酔いの時は、牛乳、コーラー、アイスクリームが大好きな人間である。年はとっても食べ物、飲み物の好みは同じままである。それでも糖尿病にならず、毎日酒を飲めるのはスポーツ、ランニングのお陰ですかね。

でも、油断は禁物、運動を続けてさえいれば、健康であり続けることは有り得ないのだから……。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-18 21:07 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan