<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

サロマ100km 幕引きの前に ドラマはある

【60-70km区間】
60-65--65-70km
42'14"--45'54"

小生: 60-70kmは少しペースを落としていこう、宿泊しているホテルが近づく70km過ぎは必ず元気になるから、この10kmのキムアネップ岬めぐりのコースで道も平坦だよ、でも完走できるかどうかの正念場だ!ホテルの「お汁粉」が待っているぞ!
妻: わかった……

60kmからは意識的に落としたペースのつもりであったが、予想以上に落ち込みが激しくなってきた。気がつくと、妻は後方30mくらいに位置している。先を急ぐものの気分転換をしようと思い、一部、ウォーキングを取り入れて精神、肉体の回復を待つ……。魔のキムアネップ岬めぐりとなった。でも70kmまでたどり着けば、何とかなるとあくまでも完走を目指す。

67.5km付近だったかな。道を左に曲がり街中に入るところがあった。左折しながら少し下っているところである。その下りが走れずに歩いてしまう。もう何も言えない、『完走を目指して走ろう!』とは言えない。ひたすら後ろから歩いて自らの意志で走り始めるのを待つ。200mほど歩いただろうか……。前方のガソリンスタンドに私設エイドステーションがあった。

ボランティア: 70kmの関門まで、あと2km強だよ。㌔8分ペースで行けば間に合うよ!

突然の声であったが、状況がすぐにわかった。周りのランナーも急に少なくなってきた。そうか、関門に引っかかるのかな……と思う。エイドステーションに着く頃の呼び掛けは「㌔7分で行けば間に合うよ」に変わってしまった。万事休すである。

妻: 私は完走するのは無理だから、先に行っていいよ。完走目指してね!
小生: いいよ、俺もくたびれた。今年は70kmまでにしよう。お汁粉も原生花園も無理だったね。

諦めがついてエイドステーションではしっかり休憩をする。凍結していたプチゼリーの美味しいこと、5,6個も口に放り込む。あと2kmはウォーク&ランで70kmまで目指す。何故か気持ちが晴れ晴れして周りの景色も白黒からカラーに変わったみたいに見える。

道沿いに一軒の民宿が見え、オーナーの人たちが応援をしている。

オーナー: 頑張ってください!
小生:    ありがとうございます、今年は70kmでレース終了で~す
c0070439_2311530.jpg
その宿の看板をみると『さろまにあん』となっている。15年前に走っていた時に知人から撮って貰った写真がすぐに脳裏に浮かんだ。『さろまにあん』は鶴雅リゾートのすぐそばの民宿と思っていたが、実は69km地点付近にあったのか……。今のレースと15年前のレースが何となく融合したみたいな気持ちになった。
(写真は15年前の颯爽と69km地点を走る小生)

70km地点は午後1時50分に到着!早朝5時に始まったレースも8時間50分で終了した。収容バスに乗り込み、シューズから記録計測チップも取り外し、フィニッシュ地点に向かうバスに揺られて行く。ゴールの常呂町に近づくとコースと並走する形になる。窓の外にはゴールを目指すランナーが脚を引きづり苦しそうであるが、痛み以上の勲章を手に入れようとする喜びに満ちて一歩一歩ゴールへの道を刻んでいる。本当に心からおめでとう!と思うし羨ましい気持ちも高まる。c0070439_2313449.jpg

荷物を受け取り最初にしたことは、10km毎の通過タイムを携帯に配信していたので、70km以降の配信タイムが途切れているはずである。心配している知人友人がいる。その人たちにメールをする。

「残念完走ならず!70kmでレース終了!応援ありがとう。でも元気です」

by hyocori-hyoutan | 2006-06-30 23:50 | サロマ100km

サロマ100km 小さな誤算が あせりを生み出す

【0-20km区間】
スタート-0-5-- 5-10--10-15-ー15-20km
2'38"-33'16"--34'16"--44'07'--31'54

c0070439_23191552.jpg予定通り一番後ろからのスタートである。スタートラインに到着するまで2分半を費やす。ボチボチ、オーバーペースにならないように走り始める。走り始めは㌔6分半のペースでゆっくりと入り、5kmは33’16”であった。スタート直後は結構、尿意を催すものである。所々に仮設トイレも用意されているが、同じ生理現象の人も多く、とりあえずパスして走り続ける。ところが4km付近から街並みが途切れると仮設トイレも途切れてしまった。だからトイレを探すために集中力も切れた5-10kmは約34分もかかってしまう。

そして、やっと12km地点で駐車場のトイレを発見する。すると、多くのランナーも我慢していたのか、トイレに殺到する。特に女子の方は長い行列である。並走している妻は「先に行っていいよ!」と言うものの、「大丈夫、待っておくよ」と答える。でも、気ながら順番を待った結果、その時間ロスは約15分にもなってしまった。集団で走っていたメンバーはもう2.5km以上先に行ってしまったことになる。そして、出すものは出して身も軽くなって走り始めると、ランナーはもう疎らになってしまっている。ほとんど最後尾付近まで落ち込んでしまった。

以後、若干の焦りも生じペースが急に上がる。多分5分半を切った走りである。これが後半にどう影響するか心配になるが、走り出している以上はやむを得ない。特に竜宮台折り返しまでは快調そのものであった。

【20-40km区間】
20-25-25-30--30-35--35-40km
33'31"--32'39"--33'24'--35'51

20-30kmも田園風景の中を予定通りの走りである。しかし35kmから㌔7分ペースに落ちたが、これは予定よりも早くちょっと不安……。国道から離れ「月見ヶ浜道路」に入ったところで、フルマラソン(42.195km)を通過、タイム4時間57分である。トイレでのロスタイム15分はあるものの予想より遅い。

【40-60km区間】
40-45--45-50--50-55--55-60km
35'47"--38'21"--49'48'--35'21

そして50km過ぎには、100kmコースの中でもダラダラ登りの難所に入る。腕を前後にしっかり振り競歩ぎみにピッチを刻んで登り来る。100kmの半分を通過して考えることは、ペース配分のみである。どうもこのままではやばい!㌔8分ペースでぎりぎりである。それに関門時間など今まで眼中になかったが70km関門が予想以上に厳しいことに気付いてしまった。

そのため、54,5kmのレストステーションで20分休憩の予定であったが、着替えとトイレを済ませるとすぐに走り出す。すると、一瞬のことであったが奇跡が起こりかけた。55-60kmで㌔7分まで復活したのだ。このペースだと12時間くらいでゴールである。

小生:いいピッチに戻ったよ。このままのペースを守ろう!
妻: 腰や膝がバラバラになってきたみたい、でも完走したい!

いいピッチを刻み、㌔ごとのタイムを読み上げ妻を励ましながら走っていると、我々の後ろに集団が出来てしまう。いいペースメーカーと思われたのかもしれない。

でも、このまペースを維持したら、再び落ち込むと思う……先が長いからなあ…

by hyocori-hyoutan | 2006-06-30 22:44 | サロマ100km

サロマ100km レース前にも 物語あり

c0070439_22543944.jpg
金曜日の朝8時30分発の羽田乗り換えで女満別空港に飛び立つ。女満別に着いたのは、昼の0時30分であった。機上から見た北の大地、北海道は小雨模様であった。気温13度程度であり上着が必要でありベストを着用する。着いてもホテルに行かず、選手受付会場の湧別市総合体育館に向かう。北海道は広い、約1時間のバスでの行程であった。
c0070439_23131853.jpg
そして3泊する、今回のホームタウンのサロマ湖鶴雅リゾートに到着する。15年ぶりに見るリゾートホテルであるが、前回の記憶は断片的でしかない。でも断片的な記憶が今見ている風景と重なり、15年前のことが少しづつよみがえって来る。サロマ湖畔に佇むホテル、ホテルの周りには何もない、一見、故郷の志賀島にある国民休暇村を思い出すが、サロマ湖の干潟、野鳥の数は圧倒される。
c0070439_2312192.jpg
そうなんです。部屋に入ると望遠鏡が常設されているのには、ビックリ!部屋から眺める景色は100%のサロマ湖ばかりである。野鳥が干潟で餌の魚をつついているのがはっきり見える。それに野鳥図鑑も置いてあったから、まさにリゾート気分を満喫である。室内もゆったりと和洋折衷の畳もあり、ごろ寝も出来るから嬉しい。
c0070439_073226.jpg
食事タイムも素晴らしかった。タラバ蟹やホタテも食べ放題のバイキング形式、窓の向こうはサロマ湖に沈む夕陽、そしてレストランでは、バイオリンの生演奏である。演奏している曲は、スタンダードナンバーばかりである。でも曲名が浮かばないのは小生の限界かな。また、気分は盛り上がっても飲みすぎなかったのは、100kmレース前の緊張感が自制心を維持できたお陰である。
c0070439_018794.jpg
翌日といっても、まだ土曜日である。今日の予定は開会式や前夜祭に出席するだけである。朝早く起きて、ホテルの周りを探索する。サロマ湖100kmに出場する選手にとっては、このホテルの立地条件は素晴らしい。コースの74km地点であり、最大の難所の80km過ぎのワッカ原生花園まで近道して約2km弱で到着する立地である。だから、早朝の散歩はワッカ原生花園に行く。本番では、関門等で走ることが出来ないかもしれない……ということで、走っているところを写真に納める。(まさに、その通りになってしまったが……)
c0070439_033198.jpg
ついでに、ホテルの1km手前の73km地点の標識で記念写真、ここまで来れば絶対に元気になると、妻を励まし、イメージトレーニングを高める。今回は鶴雅リゾート前のエイドステーションでの「お汁粉」を絶対食べるぞ!との意気を高める。
c0070439_041134.jpg
ホテルに戻っても、まだ部屋の掃除を終わっていない。だからホテルの隣の海の市場を覗いてみる。すると、市場でオーダーした魚介類をそのまま、焼いて食べることが出来る。朝食を食べたばかりなのに、ホタテ、巻貝、ホッケ等を注文して、その場での炭火焼きである。もちろん缶ビールも飲み干す。北海道まで来て車の運転はないもんね。その美味しさは最高である。焼く前の写真は食い気が勝り、撮った写真は食べたあとになってしまった。
c0070439_11633.jpg
そして、午後4時からの開会式と前夜祭会場の湧別町文化センターに参加する。会場では、10年前からの知り合いのR雑誌のS氏に出会い記念写真を撮る。今回のサロマには主催者の一員として仕事での参加であり、今は仕事で一筋と頑張っているように頼もしく思えた。嬉しかった彼の一言は「10年前と少しも変わっていませんね。すぐに○○さんとわかりました。」と言われたことかな。
c0070439_193484.jpg
いよいよ、レース当日である。スタートは朝の5時であるから、逆算すれば、起きる時間は深夜の2時、朝食は2時30分である。不思議なことに、こんな時間でも食事は喉を通る。緊張感に体が反応する感じである。スタート会場の湧別町に向かった時間は朝3時10分である。バスの車中は、不思議なほど落ち着いている雰囲気である。大多数がサロマの常連であるせいかな。窓の外に目をやると、3時30分頃なのに、もう空が明るくなっている。やはり、ここは北海道の東端であること、サロマに来ている事を実感する。4時には会場に着き、早速100kmランの準備に取り掛かる。
c0070439_120226.jpg
4時40分には荷物を預ける。54km地点には赤袋、ゴー地点には青袋というように仕分けをする。レースウェアになっても、ちっとも寒くない。今日は昨日と違って暑くなりそうな予感が高まる。周りの参加者に頼んで記念写真を一枚撮る。このあとの写真は二人一緒にゴールするフィニッシュ写真だな……と楽観的に考え、スタート集団の最後尾に整列する。スタートの5分前である。

      (続く……)

by hyocori-hyoutan | 2006-06-29 23:22 | サロマ100km

サロマ100km 無念のリタイア でも心は来年!

火曜日の夕方、我が家に戻ってきた。結果は70kmリタイアというか、関門に引っかかった。前日は13度、当日は23度くらいであった、急に10度の気温が高くなったのは仕方ないことであり、完走できなかった理由にはならない。妻との70kmにも及ぶ併走で、走りながら思い描いたのは二人で手を上げたフィニッシュシーンであったが、叶うことは出来なかった。微妙な誤算の積み重ねが70km関門閉鎖に遭遇したのかも。でも、70km、約8時間にも及ぶ妻との併走は楽しいものでもあった。
c0070439_2348171.jpg
100kmを走るのは、精神力だけでは走れない。やはり基礎的な脚力、体全体の筋力も必要である。多くの完走者を見たが、40歳台、50歳台の強いこと、その世代の精神力とネアカさに感激した。全国には逞しい人がたくさんいる。でも、100kmマラソンは苦しくても楽しめるものであることを再確認した。せっかく15年ぶりにチャレンジした100kmマラソンをこのままにしておくことはできないなあ。

明日から、サロマ100km漫遊記を書かなきゃ……。

by hyocori-hyoutan | 2006-06-27 23:21 | サロマ100km

出発前日 酒飲んでも 精神高揚!

明日23日(金)は、いよいよ今年のメーンイベントである「サロマ100km」へ旅立つ。今、夜も11時過ぎたところで、準備完了しパソコンに向っている。夕食時に一度終わった晩酌も、寝る前の寝酒として缶チューハイを冷蔵庫から取り出し、氷をグラスに入れて飲み出す。でも、ちょっと薄く感じたので、隠し味(?)として焼酎を注ぎ足して飲む。美味い……。

ベランダの外からは雨音が聞こえる。どうも大雨らしい。でも、幸いなことに「大雨警報」は発表されていない、まだ注意報の段階である。このまま小康状態が続くことを祈るのみ……。明日の朝まで持てば、梅雨のない北海道に飛び立つことができる。

「若い頃の思い出として心の中に残しておけば、いいや!」と思った100キロ、サロマの地に再び足を運べる喜びは大きい。この年齢でチャレンジできたのだから、この喜びを、これからもまだまだ継続して行きたいと思う。

ゴールの喜びだけでなく、その前の10時間にも及ぶランニング中には、いろんな考えが次から次へと浮かんでは消えていく。日頃の日常生活とは違って自分と向き合い、自分に問いかける時間がメチャクチャ多い。それが魅力なんだな、朝から晩まで走り通すこと、そして強い自分と弱い自分が交互に顔を出してくる。こんな単純な一日は、なかなか経験できるものではない。

もう寝なくては……と思いつつ、目は覚めている。なかなか寝付かれそうにない。それに、朝4時からは日本ーブラジル戦もある。仮眠はとっても精神の高まりがあるから、朝4時には目が覚めそうな気もする……。

では、行ってきます!サロマからでもインターネットが出来る機会があれば、生の興奮を伝えたいと思う。ブログも鮮度が勝負ですものね。

by hyocori-hyoutan | 2006-06-22 23:08 | サロマ100km

バックも膨れあがる フルマラソンより大変 100km準備 

さすがに、出発の2日前になると慌しくなった。旅行用ケースに必要なものを詰め込む。まずレースウェアを詰め込む、今回は50kmで着替える予定なので、ウェアも倍である。そして、九州より約10度も気温が低いサロマ湖周辺なので、若干の厚めのウェアも詰め込む。でも、どうせ、出発前日の明日には、全部ひっくり返して、持ち物を再確認するだろう。

ただ、サロマの大会当日の天気の高温ではなく、曇り空で17-10度と上々のコンディションみたいである。過去の大会を見ても22,23度に最高気温が上がると完走率も60%を切るみたいである。実力的には中ほどと思っているランナーであり、やはり気温が気になる。

大事なことは、その前にもある。北九州地方に大雨が降って被害でも出れば、仕事柄、「北海道に行ってきます!」ともいいづらい。テルテル坊主を軒先(マンションだからの玄関ドアに…)ぶら下げておこう!あとは日頃の行いも良いから多分晴れる(理想は曇り)だろう……。

by hyocori-hyoutan | 2006-06-21 23:46 | サロマ100km

夢の中 記者会見で 本音語る!

5日前の記者会見!

記者: サロマを迎えるにあたっての今の気持ちはいかがですか。

小生: 15年ぶりの出場です。出場するまでに走力を回復することにできたのは、多くのランニング仲間と走ることを共有できた結果であり、仲間に感謝したいと思います。

記者: 前回サロマに出た時の思い出は何ですか。

小生: やはり到着した女満別空港からサロマ湖に向うバスの車窓から見た、果てしなく広がるジャガイモ畑ですね。北海道に来たという実感が沸きました。それに、オホーツク海につながるサロマ湖の岬まで前日に走りましたが、初夏でありながら、その荒々しい波が印象に残っています。もちろん、レースでは、70km過ぎに調子が上がりゴボウ抜きしたことや、ゴール後に氷袋をスタッフから頂きアイシングすると、翌日の筋肉痛が軽減したことです。

記者: 今回の目標は何ですか。

小生: もちろん完走です。途中歩いても時間内にゴールに着けば完走と考えています。それと連れ合いと一緒の参加ですから、二人とも完走ですね。どちらかが棄権だと盛り上がりませんですから。でも、私は切り替えが早いから、棄権でも気にしませんがね。

記者: サロマの完走後の計画はありますか?

小生: できるなら、あと10年連続でサロマ100kmに挑戦したいですね。一つひとつの結果よりも、10年連続のチャレンジが貴重なものと考えています。

記者: ライバルは誰ですか?

小生: 申し訳ありませんが、ライバルはいません。当日の天候も、100kmのコース道路も、周りのランナーも、自分が100kmを完走するためには欠かせない協力者です。もちろん、相棒も、完走するための精神的な支えと言ってもいいでしょうかね。

記者: では当日の完走を期待しています!頑張ってください!

小生: ありがとうございました。

   (今の心境はこんなものでしょうかね……)

by hyocori-hyoutan | 2006-06-20 23:13 | サロマ100km

調整順調 ランニングも 気分ランラン!

ルネサンスが休みの月曜日なのに、走る気持ちのテンションは高い。だって、サロマの6日前だもの!とりあえず15kmは走りたいと思い家を飛び出す。外はまだ明るさの残っている午後7時である。

履いた靴は、ナイキカタナケージで、一ヶ月前に店頭に並んだ、本当の新製品である。旧版よりちょっと厚めかなと思う。サロマでは50km-100kmの後半に履こうかな……と思っている。後半は脚の疲れはピークに達しており、微妙な衝撃も破滅的な衝撃に転化するもの、だから、クッションや反発性に優れているナイキエアーにかけてみよう。

㌔6分ペースで走り続けるが、サロマの相棒は快調に飛ばしている。こっちは後方20mをひっそりと走る。予定の折り返し地点の「まみずピアの1km先」も快調に通過!20m前の相棒に声を掛けようかと思うも「まあ。いいや!」と思い、ただ走る続ける。

すると、「折り返し地点は、まだ?」との声がかかる。「もう過ぎたよ!」と答える。

「調子いいみたいだから、海に中道ホテルまで走ろうか!」と言うことに意見がまとまり9.5km地点になる、ホテルの入口まで走る。㌔6分をちょっと切るペースであった。涼しいみたいだけど、湿度はかなり高くなっている。着用したロングのTシャツは汗びっしょりである。ホテルの交差点前で、そのTシャツを脱ぎ、少し痛い腱鞘炎の手であるが、両手で絞って汗を出す。推定500ccの汗は絞り出せる。

復路も明日に疲れを出さないためピッチは上げない。日曜日にナイキショップで買った「暗闇発光ベルト」を足首に巻きつけてのランであったが、調子がよくなくすぐに発光が切れる。3000円の品物なのに、がっかり……。多分、ボタン電池の切れかかっている感じである。仕方なく、そのベルトを手に持ってのランになる。

海の中道バイパスでは、すれ違う車から応援の声も飛ぶ。声を出したドライバーより、暗闇から突然の応援に、こっちの方が驚くが気持ちは悪くない。結局、最後までピッチ上げずに走り切った。とりあえず19kmランであったが、50kmまでは5時間30分でいけるかな……と思った。調整順調としておこう!

by hyocori-hyoutan | 2006-06-19 23:10 | 日々ランの雑感

効果がすごい ファイテン教に 入門した感じかな……

サロマの一週間前になると、無理をしてはいけない気持ちも高まり、本日のランはゼロにした。ちょっと脚も疲れ気味、一時好転していた腱鞘炎も痛みが増したせいかもしれない。でも、そのエアロビクスも今日は75分のロングタイムであり、Tシャツ2枚ビッショリの汗は出たから運動量としたらマアマアかな。

そして、午後からは、娘と妻と天神に買い物に行く。それぞれの目的に応じて別行動であったが、出合ったのはファイテン福岡天神店である。前述したように腱鞘炎の調子が良くなく、手首にしびれと無理な動きをした時の痛みがあるから、ファイテン頼みに店を訪問したもの。
c0070439_045694.jpg
買った物は、アクアチタン手首サポーターの右手用である。既に持っているサポータを手首につけると調子がいいこともあり、一歩進んで専用のサポータを購入した。元気ならば暑苦しいサポーターであるが、ちょっと調子が悪いと、確かにその効果が感じられる。痛みが和らぐから不思議である。

そして、古傷のアキレス腱周囲の炎症を抑えるために、アクアチタン等内蔵の「かかとサポーター」、足首等をサポーターする「バンテ-ジ」も購入した。これも、以前から欲しいと思っていたものである、信じるものは救われるといったイメージを持っての購入である。c0070439_0512017.jpgファイテンは、大好きな高橋尚子のスポンサーであり、ホークスの松中選手、タイガーズの金本選手愛用のものであり、効果はすごいと思う。

うちの奥さんは熱狂的な高橋尚子のファン、ファイテンなくしては走れない人間であるが、その影響を受けて、本日、ファイテン教への入門した感じかな……。全てサロマで完走するためである。

c0070439_11422.jpgそして、時間は午後5時過ぎているのに、博多駅のヨドバシカメラにラン用の腕時計を買いに行く。今使っているタイメックスの時計はベルトが切れる寸前であり、昔から欲しかったナイキのラン用時計を購入するためである。妻が、サロマ100キロに挑戦するにあたり、走ることの楽しさを教えてくれた小生への感謝の気持ちでのプレゼントということである。嬉しい限りである。

お互いにランにしろ、ファイテンにしろ影響を受ける関係は、いい関係かな……。相手を尊敬していなければ影響は受けないものね。

by hyocori-hyoutan | 2006-06-17 23:10 | ランニングと人生

自転車 パンクすれば ただの厄介もの!  

今週は、タイヤ修理のため自転車屋さんに何回も出かけた。原因がパンクなのかムシなのか不明である。24時間かけてゆっくりと空気が抜けるから厄介である。

月曜日の朝、博多駅前の路上有料駐輪場に自転車をロックして、徒歩3分の職場に出かけた。そして、午後5時半過ぎに帰宅バイクのため、駐輪場に行き我が自転車を引き出すと、空気が抜けている!ショック以外の何ものでもない。仕方なくバスで帰宅する。そしてルネサンスで一通りにスポーツを楽しんだ夜10時過ぎに、再びマイワゴン車に乗って、駐輪場に向かいパンクした自転車を載せて帰宅する。サッカーの日本ー豪州戦も車中のラジオ観戦であった。

いたずらかなと思ったが、一応、火曜日の夜に自転車店に行き修理をしてもらう。チューブについている「ムシ」からの空気漏れということであった。しかし、同じように事が続く。朝、自転車に乗っていって、夕方、空気抜けが続くと、本当に嫌になる。

このマイ自転車、マウンテンバイクも乗り出して4年半、走行距離は多分、毎日の片道8kmくらいの通勤に使っているから、18000kmは走っている事のなる。

買い換えてもいい頃と思う気持ちと、愛着があるため、まだまだ乗るぞ!と言う気持ちが交錯する。明日は土曜日の休みの日、もう一度、自転車に行って根本的な修理をしてもらおう!新車を買うと4~5万円だもの。
 ……物は大切に!……

by hyocori-hyoutan | 2006-06-16 23:48