幸せと 愛は創り上げるもの 嬉しいよ!   

c0070439_8385210.jpg
2008年2月24日(日)には、ボクは神戸にいた。ホテルを朝10時半に出た。朝から積雪しており今冬最大の寒波襲来みたいだ。助手席にはオクさん、後ろの席にはオクさんの両親、その後ろに娘①、②の6人が乗車している。神戸のポートアイランドから六甲アイランドにかけての湾岸道路を走る。見知らぬ道だが十分に調べているから道を間違えずに、約20分で結婚式場「神戸○○館」に到着した。一日二組の挙式のみで、午前の挙式披露宴がお開きになるまで、控え室で待つことになる。
c0070439_8414844.jpg
息子の結婚式といってもまだまだ実感はなかったが、控え室では徐々に緊張をしてくる。2時過ぎにチャペルに誘導されて記念写真撮影がある。ひと呼吸のあとに挙式が始まる。バージンロードを新婦が父親と一緒に入場していく。新郎は祭壇の手前で待っている。そして新郎新婦は手を取り合って神父の前に立つ。讃美歌のあとに、神父さんの聖書引用からの説教がある。

「愛は心を豊かにしていく、そして人に対して優しくなる。人を陥れないし不正義を許さない。愛は人間のもっているものの中で一番大切なものである……。」

結婚式という晴れの舞台、正装の儀式の中で愛の尊さを再認識された。日頃の生活の中で「愛」なんて考えることはないが、普段着の生活の中でも愛に満たされて生活することは幸せなことだと……。愛は与えられるものではなく、愛は創り上げていくものだと思う。息子にも、愛を創り上げる喜び、家族のために尽くす喜びを感じて欲しい。その息子の顔を見ると、今までとは違う責任感のある、嬉しそうな顔である。親としても嬉しいものである。
c0070439_839739.jpg
挙式が終わると、寒空のもとであったが長い白亜の階段を新郎新婦を降りてくる。未婚の女性だけが参加できる楽しい余興もあった。新婦の持つ12,3本のテープの片方を列席者の女性がもつ。新婦とつながっているのは一人だけ。その人が次の幸せを掴むというものだ。新婦が投げたブーケを掴んだ人が幸せになれる……のと同じものかな。
c0070439_8392616.jpg
披露宴の始まる前は、プールサイドでウェルカムパーティーみたいなものがある。カクテルを片手に新郎新婦と一緒に気軽に会話を楽しむ。しかしあまりにも寒い。強力な屋外用ストーブファンが回っている。そのそばは暖かく居心地がいい。新郎新婦の周りには、友人が取り巻いていて笑い声が聞こえる。それを遠くから見守るのもいいものだ。普通の結婚式の親と違うのは、デジカメを片手に撮りまくっていること。
c0070439_8394829.jpg
そして披露宴は始まる。親しい友人と親族だけのこじんまりとした披露宴だ。席札の裏には、それぞれの新郎新婦からの感謝の言葉が書いてあった。もちろん、列席者一人ひとりごとに違う。隣りのオクサンとお互いのコメントを見せ合う。そして、目を合わせてちょっと涙ぐむし、ちょっと笑顔がこぼれる。そうだ!それぞれに思いを込めたメッセージを書ける人を新郎新婦が招待することが本当に披露宴かもしれない。それが幸せなんだ。披露宴は新郎のお礼の言葉から始まる。御礼と自分の気持ちを述べる。堂々としている。やはり幸せだということが人間を成長させる。新郎新婦の紹介はプロの司会者がテキパキと上手に勧めて行く。思わず親も忘れていた逸話の紹介もあった。ウエディングケーキも二人の名前入りだ。お互いにスプーンでケーキを食べさせる儀式は、ボクたちの結婚式と同じだ。
c0070439_8403530.jpg
各テーブルを廻ってお礼を述べる。多くの友人と話をしたが、どの話も新鮮であった。高校を出て東京の大学に行ったのが19歳……それ以来もう8年も経過した。その間の息子の成長を見守って育ててくれたのは、多くの友人だ。親は親の役割、友は友の役割がある。いつまでも親にとっては子どもであるが、友の前では大人である。そして新婦の前でも大人にならなきゃいけない。でも夫婦は大人付き合いだけでもよくない。お互いに甘える支えあうことも必要かな。多くの友人に会えたのも結婚式の大きな収穫だった。デザートタイムは再び披露宴会場の外の芝生の上で始まる。ワインの飲みすぎで頬はほってりとしており、寒さは感じない。ゆったりとした,心も落ち着く結婚式であり,感激すること、この上ない。
c0070439_8413671.jpg
そして、最後は両親への花束贈呈と挨拶でお開きとなる。ここは昔の結婚式と同じである。酔っ払っていたものの、何とか恥をかかずに両家の代表の挨拶もできた。良かった、良かった。司会のプロアナからも挨拶に感激したと誉められ、大いに満足である。その後は、さらに主賓の新郎の挨拶で本当のお開きとなる。ボクの結婚式披露宴の時はしゃべる場は与えられなかったが、息子は、十分に自分の思いを述べていた。いいことである。自分で話すことは自分に責任を持つことだから。息子の結婚式に列席して、人生の駅伝というタスキを息子に渡した思いである。そのタスキは、ボクの親からタスキをもらい、わが息子夫婦に渡した。そして息子夫婦もそのタスキを次の世代に渡すであろう。このタスキリレーは、休んでも歩いてもいいものだ。途中のリタイアだけは許されない。でもタスキは渡すためではなく、タスキを掛けている、その時の一瞬一瞬を大切にして欲しい。ボクもタスキを渡したとはいえ、まだまだ、君たち夫婦と一緒にしばらくは走り続けていくよ!

by hyocori-hyoutan | 2008-02-29 08:37 | 家族

近畿への旅 思い出は 語り尽くせず……

1493kmの旅から戻ってきました。神戸での息子の結婚式、京都、奈良の親を連れての旅行……。4泊5日の長いようで短い旅でした。まだまだ写真の整理もしていません。明日からボチボチ整理しましょう。まずは明日からの仕事……。これも頑張りましょう!

by hyocori-hyoutan | 2008-02-28 00:06 | 家族

ちょっとのお出かけ 週末は休みです

ちょっとお出かけです。慶事のため長距離で出かけてきます。また、帰ったらブログに掲載します。早く寝なきゃいけないのに準備で夜更かしです。明日は早い!

by hyocori-hyoutan | 2008-02-23 00:49 | 家族

お任せで 理髪で居眠り 男前

本日は休みの日、週末には大きなセレモニーがあるので、髪切りにいつもの理髪店に行く。ボクは、20歳代後半から民間の理髪屋に行ったことがない。職場の福利厚生施設の理髪店に行っている。格安だし気心が知れているので楽しく通っている。

スポーツ刈りの得意なおばちゃんだ。手際よくバリカン、はさみを上手く調和してあっという間に刈り上げていく。こっちはいつも「お任せコース」だから、気持ちよく居眠りをして気がつけば男前に出来上がりだ。マラソンレース前ならば、「勝負カット」を頼んで、超短めのスポーツ刈りをお願いしていた。そして今は、髪の量は幸いなことに昔のままであるが、髪は黒から白が目立ってきたので、「遊びで染めてやるよ!」と言われて、いつもサービスで髪を染めてくれる。だから時間も他の人より長めになる。可愛がってもらった。一時期ご無沙汰した時もあったが、久しぶりに行っても、髪の癖までしっかりと覚えてくれていた。

そんな思い出の理髪店だが、時代の流れが押し寄せてきた。福利厚生施設としての理髪店の廃止の決定がなされた。今年の3月末で閉店になってしまう。今日を含めて2回しか行くことがないだろう。地下にある理髪店、約束の時間に遅れたら怒られるので、慌てて階段を駆け下りていったことも思い出である。

今日はお土産に、苺大福を持っていったが、逆に髪櫛、耳かき、美味しそうな若布のお土産まで頂いた。ありがたいものである。月一回の理髪店、気心が知れてはじめて落ち着くもの。ボクの人生にとっても大切なもののひとつであった。寂しい限りである。

帰り際に,おばちゃんが色紙を出してきた。今までの顧客だった人に寄せ書きをして貰っているとのこと。ボクも早速寄せ書きをした。
”お任せで 理髪で居眠り 男前”

by hyocori-hyoutan | 2008-02-20 21:52 | ああ無常

バレンタインディ もらったチョコ 気持ちと美味しさに感謝!

c0070439_141232.jpg
バレンタインディに沢山のチョコを頂きました。

おばあちゃん、オクさん、娘①さん、娘②さん、K1女史、K2女史、職場の若いレディさん……ありがとうございました。必ず一個はボクが最初に食べてます。あとは皆で頂いています。チョコ食べた分は、ちゃんと走って節制をしますので、ご安心を……。

by hyocori-hyoutan | 2008-02-16 01:46 | 家族

スポーツと体育って? そして文化になるには

こじこじさんへ
返信しようと思ったら、字数が多すぎて送信できませんでした。だからブログで返信です。

スポーツで飯が食える、誰もこれまで進んでいない道を切り開くエネルギーはすごいですよ。
フィットネストレーナー、コンディショニングトレーナー……日本ではまだ知れてないですが、道を切り開く人は素晴らしい。

体育とスポーツの違い……このテーマは深いしいろんな物語を生み出します。「体育」とは、運動原理の追求、競技の開発や普及、そして時代を生き抜くための体力養成の手段としての鍛錬などが考えられるのかな。「スポーツ」とは、人間らしく生きる、体を動かすことが楽しい、スポーツを通して社会が明るくなる……。つまり、人間が人間らしく生きるための文化(非生産的で無駄なことみたいで、生きるためには必要不可欠なもの)みたいな気がします。

そして、明治以来の西洋スポーツを体育として取り入れたことに、スポーツ文化が育たなくなった気がします。今もスポーツと体育の整理が日本では難しくなっています。

じゃ、日本にスポーツはなかったのかというと、あった気もします。日本古来の武道(柔道や剣道)が日本式スポーツです。学校教育の枠に囚われず、達人から子どもまで一緒に道場で稽古をして人間教育として成り立っていたが、時代の流れについて行かなかった。

逆に欧米のスポーツ文化は、日本伝統のスポーツ文化枠に入れずに、道場ではなく学校教育という体育に押し込めて行った。

体育だから、体罰としてグランド10周や腕立て伏せ100回が生まれる。スポーツなら体罰は生まれない。文化だから……。

でも、なかなかスポーツ文化が育たない日本の中で、その流れが変わってきた。そのキッカケは、20~30年前から始まった民間スポーツクラブであると思う。金を払ってスポーツをする、体を動かす。まだまだスポーツクラブのパイは小さいですが、小さいから大きくなれる可能性も秘めています。

スポーツが文化として捉えられるように頑張りましょう!

by hyocori-hyoutan | 2008-02-16 01:27 | ランニングと人生

ふっと眠られず 中途半端に スポーツを考える

この頃、夜中に目を覚ます。3時頃から5時頃まで布団の中で起きている。そして朝方に熟睡することになる。そんなときは、職場でも睡魔が襲う。パソコンをしてても、キーボードの上に指を乗せたままで、kkkkkkkkk……みたいな感じなる。バックスペースキーで消しても、また同じことを繰り返す。

走りはまあまあ、家庭は満足、仕事もマアマア……だけれど、やや思うように行かないことがあると眠られない。思い切って言うべきか、我慢しているべきか、中途半端に突っ込んで妥協することが多いのが今までのパターンである。今の仕事のスポーツは得意中の得意……。スポーツに従事することの幸せを感じつつ、スポーツを理解していない人の多いのも悩みの種。

スポーツを文化並に扱わないから、いろんな偏見も生まれてくる。ボクの嫌いな言葉は「スポーツ馬鹿」である。「文化馬鹿」という言葉はない。「芸術馬鹿」もない。スポーツだけにある言葉だ。一芸に秀でていることを尊敬してても、スポーツだけは例外である。スポーツだけはプラスアルファの何かが求められる。

「させられるスポーツ」から「するスポーツ」に……、「集団スポーツ」から「個人スポーツ」へ……
「ただのスポーツ」から「代価を払うスポーツ」へ……。時代は変ってきている。その中でスポーツを支える人間の考え方がなかなか進んでいない気がする。

日々、テレビでも新聞でもスポーツ情報が多数だが、底辺を支えるスポーツ文化の成熟がまだまだみたいな気がする。これも中途半端な突っ込みになった。まあ、今日はこれくらいにしておこう。

by hyocori-hyoutan | 2008-02-15 01:48 | 生活の知恵と愚痴

出水ツル 風に負け坂に負け 逆風の風邪もあった……

朝は6時から大浴場での入浴も可である。それにあわせて5時半には起きてしまった。昨晩は1時間おきに目が覚めて熟睡できず。朝風呂に入ってやっと気合が入って来た。朝食もいつものフルマラソン日の朝食より軽めである。こんなに寒いと、レースウェアにも悩む。ランパンか、ハーフタイツか、ロングタイツか……。上着もロングかショートか……。全てに対応できるように準備はしてきているので、ぎりぎりまで悩む。決めたのは上は半袖、下はショートタイツである。宿からナンバーカードを貼り付けたウェアを着用して、大会会場に向かう。
c0070439_1048067.jpg
参加賞は参加者特製Tシャツに、ツルもなか、アクエリアスがついてきた。もちろん参加プログラムもあった。フルマラソン参加者は1075人になっていたが、会場のアナウンスによると当日参加者は900人ほどと放送をしていた。だからスタート時間が近くなっても、余裕の写真撮影ができる。とりあえず寒さ避けにビニール袋をかぶっていたが、スタート直前には日も射して来て風もないようなので、ビニール袋はオクさんに預けてスタートをする。
c0070439_10593760.jpg
目標とすれば、5km26分で入って、10-15kmの上りは27分くらいで、あとの下りでは26分に戻して、30kmまでは2時間36分~37分で通過して、ラスト12kmを踏ん張ろうという作戦であった。
c0070439_1537418.jpg
【0-5km:26分15分】走り始めの5kmは予定通りで通過する。ほぼ平坦な市街地の周回であり風の影響もなく無難な出足である。まったく集団のままで併走する感じ……・
【5-10km:26分17分】8km過ぎから広域農道で入り上り坂になる。それなりに坂道練習に備えてきたつもりであり、無理せずに集団の中で体力を温存する。
【10-15km:28分48秒】2分半もペースダウンである。一人だけペースから遅いため、後方の集団が一気にボクを抜いていく。抜かれてもペースは維持していく。気持ちは下りで抜きかえしてやるという気持ちを失わないようにする。それにしても15km地点手前の2度目の急坂上りはきつかった。
【15-20km:27分28秒】下り坂なのにピッチが伸びない。上りの自重が下りの躍進に結びつかない。一進一退の展開である。体は余裕あるのに脚が前に進まない。それでも、前半の坂も無事に済んだし後半の平坦路で盛り返していこうと気持ちであった。
c0070439_15585320.jpg
【20-25km:34分28秒】プッツンである。緊張の糸が切れた。何と前区間と比べて7分も余計に時間がかかった。砂利道等の路面が悪い状態が続いていた、向かい風が強くなってきた……等の悪条件が重なったとはいえ、気力が失せた。風邪のせいかもしれないが歩く寸前まで落ちていく。気持ちが途切れれば尿意を催す。給水所の仮設トイレで一回目の小用を足す。
【25-30km:36分57秒】農家の軒先から沿道の応援が続く。こっちは応える余裕もなく黙々と歩きに近い走りだ。収容バスは来ないかな……と思いをはせる。でも来ない。寒風の中で立ち止まって収容バスを待つのも寂しいから走り続けるしかない。27.5kmの長万崎の折り返しを通過する。すると風向きが変った。向かい風から追い風に……そして、心の中にも追い風が吹いてきた。再び元気になりだした。

【30-35km:31分17秒】一時は4時間40分でゴールと思っていたが、ペースが上がった。今度は先行する選手を抜き始める。前区間よりも5分半もペースが速くなった。メチャクチャなペース配分になってしまった。「上手く行けば3時間40分でゴールだ」と言ったので、オクさんが心配して待っているかもしれない。遅くなれば心配が増すかもしれない。そのことも走りを速める要因だ。復路の砂利道は往路と違って軽快に通り過ぎる。ペースも一定してきて、やっとゴールタイムが予想されてきた。
【35-40km:32分36秒】ほとんどの給水所に立ち止まり水分を補給するが、手にするコップが違う。いつもは冷たいスポーツドリンクであったが、今日のレースには、ホット茶が置いてあった。熱いお茶を「ふっーふっー」を冷ましながら立ち止まって飲んだ。猫舌気味のボクがレース中に熱いお茶を飲むこと自体が、体調に異状をきたしている証拠だろう。40kmの給水所で、ついに4回目の仮設トイレで小用を足す。
c0070439_15381096.jpg
【40-LAST:14分24秒】やっとここまでたどり着いた。もう完走できる。相変わらず㌔6分を少し上回るペースだが、周りのランナーを抜いていく。見慣れた陸上競技場も見えてくる。ゴールでは、オクさんがデジカメを片手に待っていてくれた。手を振ってゴールだ。悪戦苦闘のペースもメチャクチャなレースであった。まだまだ修行が足りず。
c0070439_15393227.jpg
ゴール後は、うどん&おにぎりをテントの中で食べる。参加者への無料引換券で食べることが出来た。冷えた体には熱いうどんが美味しく感じられた。でもゴールした安堵感からか炭酸飲料も飲みたくなりサイダーも飲む。風邪で喉の調子もおかしいが、その喉のいがいがを刺激のあるサイダーでほぐしていく。そして、大抽選会にも参加する。特賞は北京国際マラソン招待である。密かに期待していたが、予想通りの落選であった。

疲れた体であったが翌日は仕事であり、往路と同じ道路を通って福岡に戻る。いつもはエアコンの暖房を入れないのだが、ガンガンに暖房をかけて運転をする。マラソン完走でまた風邪と熱が出て来た。日頃の体調管理の大切さを感じた遠征だった。

by hyocori-hyoutan | 2008-02-13 10:40 | ランニング大会奮闘記

出水ツル レース前日の 高まりと不安

前日の受付だけ済ませばいいや……という軽い気持ちでいたら、案の定、出発は午前10時40分頃になった。行きつけのガソリンスタンドで軽油を満タンにして、愛車デリカスターワゴンでお出かけだ。本曇りの天気であったが、九州を南下するにつれて本格的な雨となる。
c0070439_02419.jpg
ノンストップで日奈久まで到着した。日奈久からは国道3号線バイパスを使って、出水を目指す。高速を降りてすぐに「道の駅:田浦」に着いた。昨年は満腹で食べることが出来なかった「太刀魚丼」と「太刀魚刺身」を注文する。
c0070439_032832.jpg
ビールは飲まないものの満足であった。ついでに、デコポンや太刀魚干しなどををお土産にする。更にパール柑詰め放題500円の出店があったので、ビニール袋が破れないように根性で詰め込む。詰め込んでしまえば、その重さはルンルンで軽くなってしまうもの。
c0070439_094515.jpg
これで、出水遠征の目的の一つ達成して、一路出水を目指す。車の右手には不知火の穏やかな海が見える。太刀魚丼を食べている間に、天気は雨から曇り、そして晴れ間も覗くように回復してくる。出水では総合体育館に直行して受付を済ませる。フルの参加者は1000人足らずで、マンモス大会にはない、のどかでゆったりとした気分になる。受付を済ませてもまだ時間の余裕があるから、「出水ツル観察センター」にツル見学に行く。20年ぶりくらいである。20年前のことはほとんど記憶に残っていない。優雅に飛ぶマナツル、ナベツル、そして舞い降りる様は「滑空」ということばふさわしい気がした。
c0070439_0311610.jpg
もちろん、ここでも記念写真を一枚撮る。寒さが厳しく感じられるのは、やや風邪ぎみなのか心配になってきた。
c0070439_033845.jpg
宿に戻り、早速大浴場にも行く。サウナに入り熱湯風呂に入り体を温める。食事はレース前日のため控えめにしようとお湯割り2杯だけにし、夜9時は床につく。いつもはベットなのに今日は和室の布団であったため、何故か寝心地が悪く熟睡できない。おまけに咳も出てきた…。 夜中に目を覚ますたびに、明日のレース用に買ったスポーツドリンクを飲み干していく。    (続く)

by hyocori-hyoutan | 2008-02-11 23:54 | ランニング大会奮闘記

完走!

4時間18分50秒でした。強風と坂道に悪戦苦闘…。マラソンを甘くみたらアカン。

by hyocori-hyoutan | 2008-02-10 14:30 | ランニング大会奮闘記