1000m タイムトライアル 3分46秒!

c0070439_23324443.jpg
宗像にある「グローバルアリーナ」に初めて行って来た。Gアスリートクラブの記録会兼懇親会だ。JR福岡教育大前からグローバルアリーナの送迎バスに乗って15分程度で着いた。かなり山深く入った印象であるが,専用のラクビー、サッカー場、400m専用トラック、テニスコート場などが広い敷地にゆったりと配置されている。
c0070439_23264288.jpg
夕方4時半に受付を済まして、午後5時40分からの1000mトライアルに出場するためにアップをする。トラック外周を6周して約3kmのアップとなる。3分前にスタート地点に並ぶ。8名の選手がエントリーしていた。周りのメンバーの実力を外見から読み取るよう洞察力を深める。まあ、後から3番目くらいか……と思う。スターターの号砲で飛び出す。予想は3分45秒とする。100mで22秒5である。でも、実際はそれ以上にみんな速かった。スタートして50mほどでビリである。やっと200m地点で一人抜いてブービーの位置を確保した。400mのラップを読み上げてくれる。「84秒!」と声が上がる。キツさはピークである。前方は10m前であるが、少しづつ縮めていく。800m地点になるとスピードを維持するためにフォームが乱れ、息遣いも激しくなる。前のランナーもラストスパートに入った。10m差が13,14mと広がっていく。それでも踏ん張って落ち込みを最小限にする。喘いでゴール……。タイムは3分46秒であった。これだと大濠公園(1950m)では、7分40秒くらいの記録である。マアマアであろう。汗がゴール後にも再び噴出して来る。
c0070439_23541927.jpg
次は、女子1000mのタイムトライアルである。スターターは今井正人選手という豪華版である。女性トップ2は速い。きちんとタイムを刻んでいく。ゴール後にトップの女子選手に聞いてみると、3分45秒で走ったとのこと。ボクより速いし走りこんでいることがフォームから分かる。
c0070439_011512.jpg
c0070439_013327.jpg
続いての種目は、1500mと3000mのタイムトライアルである。出場はトヨタ自動車九州、西鉄の実業団、実力派クラブチームのトヨタ九州RCの面々である。特に圧巻は3000mのトライアルである。1000m毎のラップをトヨタ自動車九州の中崎選手がひっぱって行く。それに西鉄の選手がくらいついていく。面白い展開であり、フィールド内でみる迫力に圧倒された。3000mは8分10秒くらいでトップはゴールしていた。何であんなに速く走れるのか不思議である。そして、トライアル後は、ゲストハウスに戻って浴槽で湯に浸かる。アップ3km、トライアル1kmの計4kmしか走っていないが十分に疲れた。そして、懇親会のビールの美味しいこと。これはいつも言うように、走ったものしか分からん、分からん。楽しい会話、美味しいビールで2時間があっという間に過ぎていく。帰路もバスでJR駅まで送ってもらい、家に帰ったら11時、充実の楽しい一日だった。
c0070439_0363316.jpg

by hyocori-hyoutan | 2008-07-27 23:25 | Gアスリートクラブ

順調に  距離を踏んだら もうすぐ300km

今日、23日(水)は仕事も休みである。恒例のルネサンス2回通いを計画した。まずは、昼前に15km走である。飲み会の影響は全くなしで快調そのものである。トレッドミルの上で10分も走れば体もほぐれてくる。あとは気持ちのおもむくままにペースを上げていく。12km/hでもキツクはないのだから、減量の成果は表れていると思う。その調子のよさは夜も同じように軽く走れた。

今月も300kmペースで推移しているが、このまま行くと秋のレースには好記録を期待したいものだ。三瀬林道マラソン(新コースになったみたい)、下関海響マラソン(新設)、青島マラソン(恒例)と予定は詰まってきた。もちろん、まだエントリーはしてないので確定はしていないが、徐々に気持ちは高めていかなければ……。

明日一日頑張って仕事すれば、また休みの予定だ。デリカD5に乗って遠出をしたいが、オクさんとの日程調整がつかずなかなか遊びにいけない。それにしても、ガソリン代の高騰は限られた懐の中でのやりくりだから頭が痛いもの……。

by hyocori-hyoutan | 2008-07-23 22:49 | 日々ランの雑感

納涼会 焼酎ロック 酔いは廻る

昨晩は夏を乗り切る納涼会に出席した。最初はビールであったが、ランニングをしていないので早めに焼酎に切り替えた。最初は水割りでおとなしく飲んでいたが、途中から面倒くさくなり、焼酎ロックにした。すると。日頃飲んでいないので、すぐに酔いが回る。飲んでいると日頃の鬱憤が発散、思っている事、感じている事を素直に出してしまう。それが自分のいい面であり、悪い面……。

感性が鋭い面もあり、相手を許さない面もあり、誰にでも損得なく心に思っていることをズバズバと言う……。まあ、世渡りは下手な方であろう。無難にことを運んだらいいものを、黙っておくことがガマンならない。まあ、それを全て含めて自分なのだから仕方なしかな。

昔と違うのは、どんなに飲んでいても二次会に行くことは全くないこと。昔は必ず屋台や焼き鳥屋、そしてスナックに繰り出していたが、今はそんな事をしたら次の日は走れないから、すぐに帰る。気がつくと、家でもう一杯焼酎を飲んでいた。これくらいはご愛嬌かな。

家での禁酒は約3ヶ月間も守ってきた。外の飲み会だけは規制をしていなかったが、羽目を外しすぎると少しは規制強化をしなきゃいけないな。

by hyocori-hyoutan | 2008-07-23 22:10 | 生活の知恵と愚痴

痩せたウエスト ズボンもすっきり でも飲んじゃった!

土曜日のインターバル練習のあとは、夕方から天神で買い物に行く。大丸では気に入ったズボンがあったので試着の上、購入する。そのサイズは体重が落ちたせいで、昔と比べて7cmも細くなっていた。これでメタボともお別れだ。試着室の鏡にお腹を引っ込めたわが身を映し出し、痩せた姿にニンマリだ。別にスタイル優先でなく、高血圧や肝機能の上昇を考えれば、もう元の体重には絶対に戻らないぞ!

と思い込んでいたものの、その夜は久しぶりに娘2人とオクさんも一緒になったので、櫛田神社そばの焼肉「大東園」に出かける。美味しい肉を食べると同時に、やはり焼酎ロックも3杯ほど飲み干す。気持ちのいいものだ。帰りは娘が運転して家に向かう。ボクはデリカD5の3列目のシートに身を沈める。3列目であって見晴らしがいい。少しづつ2列目、3列目が高く傾斜しているので気持ちよし。家まで25分であったが、デリカは運転するだけでなく、後ろの座席でもくつろげるのが嬉しい。

by hyocori-hyoutan | 2008-07-21 11:34 | 家族

真夏のインターバル 噴出す汗 気合の声も出る 

朝から30度を越す気温……。ジョッグでトラックの外側周回の土のコースを4周ほど走るが、それだけで汗が噴出して来る。今日のポイント練習は400m×10本である。もちろん実力差に応じて、A組@84秒、B組@92秒、C組100秒に分かれている。ボクはもちろんスピードがないからA組は無理なので、B組にエントリーする。

400m10本のインターバルトレなんて20年ぶりだ。もちろん心臓の負担が大きいからあまりしたくない練習だが、自覚症状がないから思いっきりのチャレンジだ。昔は72秒~76秒がノルマの練習であったが、今は基本的には㌔1分のタイムが悪いから、インターバルトレでも@3分半を@4分半に切り替えた練習が出来たらOKである。

まずは、ウォーミングアップである。これがボクにとっては速いスピードだ。どうにか4周で終えて本番に備える。このアップだけで汗が噴出して来る。Tシャッツを着替えて万全の体制を築く。

「さあ、行こう!」
A組に続けてB組もスタートだ。気合を込めていたら思わず声が出る。余裕の1本目である。控えめの95秒であった。㌔4分ペースであった。2.3,4本目はペースが上がる。93秒程度に上がる。問題は5本目であった。400mタイムトライアル+200mジョッグの最初の限界点に到着した。

ここで、支配するのが諦めの早さである。決して無理はしない。息切れがし始めた5周目はリタイアを決意……。そして1周を休憩して6周目から再度、集団に入る。でもキツイ!すぐに遅れ始める。もう92秒は無理である。そこで得意のシフトダウンをする。C組(@100秒)につく。幸い6周目を終わったところであった。最後尾につけて様子を伺うが、もう105秒(@4分/h)に落ちているから結構楽につける。

結局、真内コーチ(元旭化成)がリードするC組で後半4回のインターバルを出来た。特にラストは96秒付近までリカバリーできた。これは気持ちよかった。たかがトータル8~9kmの練習であったが、吹き出した汗はすごい勢いであった。練習後の疲れは気持ちいいものであったが、のど乾きもすごかった。帰路のコンビニLOWSONに立ち寄り、モンブランのアイスバーに食いつき、ダイエットコーラーをほぼイッキに飲み干す。こんなことはきついトレーニングをいした者しか分からない。

でも、本当にまさか、400m10本の練習をするなんて思いもしないことだった。こんな馬鹿なことが出来ることが、自分にとっても嬉しいこと……と自分で自分を誉めてしまった。

by hyocori-hyoutan | 2008-07-20 00:04 | Gアスリートクラブ

朝早く 起きて繰り出す 追い山見物

朝3時半に起きて櫛田神社に向かってマイカーで出かける。案の定、博多の町のパーキングは早朝にも関わらず満車状態であった。探すこと15分……町外れでやっと空きの100円パーキングを見つける。
c0070439_23161846.jpg
大浜から櫛田神社まで歩いて15分、街の角々には大きな桶に水が汲んである。「追い山」が通過するときの力水である。櫛田神社は大混雑である。10分前、5分前とだんだんと緊張が高まる。一番山笠がスタートする。時間は午前4時59分……祝い目出た♪の歌が境内から聞こえてくる。
c0070439_231641100.jpg
空は明るくなった。暗闇の中からだんだんと空が明るくなる。昼間ではなくこの時間帯での祭りだからこそ味わえる自然と対話できる祭りだ。刻一刻と祭りの表情が変っていく。
c0070439_23165799.jpg
上川端通り流れだけは5mもある飾り山も担ぐ。もちろん、5kmもの博多の街を走ることは不可能だから「櫛田入り」だけである。でも、その迫力は他の追い山を凌ぐ。
c0070439_23171792.jpg
ホテルオークラの前の決勝点付近も大きな人垣が出来ている。出発点で見た男衆の活気は残っているものの、さすがに疲労感は残っている。ボクも生まれも育ちも福岡であるが、街の中心部の博多部から外れているから山笠は担いだことはない。山笠をやはり見るより参加した方が面白いであろう。この朝方からの熱気は、100キロマラソンのスタート前とちょっと似ている感じだ。

by hyocori-hyoutan | 2008-07-15 23:15 | 家族

恒例の ドッグラン折り返し 今日はバテバテ

最近恒例になった月曜日の「海ノ中道ドッグラン」までの往復17kmに今日もチャレンジした。仕事も終わった後で、お腹も空いているし気合は入らないが、走っていると調子が出てくるだろう……そんな気軽な気持ちで走り出す。最初から汗が噴出す。でも風も適当に吹いており、7月にしてはマアマアのコンディションと思う。

いつものようにキロ5分半のペースだ。ポイントになる海中大橋もリズムよく上り下る。雁の巣レクセンター30分30秒で通過、海の中道に入ったら少しぺースが上がり5分15秒くらいになる。まあ、路面表示があるから間違いなし。そして、ディキャンプ場(ドッグラン)の管理事務所前でゴール。トイレ休憩をして、着ていたTシャツを脱いで汗を絞りだす。この調子じゃ帰路はシューズまでびしょ濡れになる予感……。

帰路は少し追い風……。夜7時過ぎとはいっても、まだまだ足元は明るいので安心して走れる。一人ランだしペースを上げて往路の3分ペースアップを目指す。順調な走り方でその可能性も高くなる。しかし、本当にペースを上げなければならない「照葉の街」で息切れ、水分切れ……。結局、前半と同じペースになってしまう。家の500m前の自販機でペットボトル500mlを一気飲み……美味かった。

そして、家に戻るとすぐにシャワーを浴びる。ずぶ濡れになったシューズもついでに洗い上げる。気持ちの良い夕方ランで今日も熟睡だ。明日は久しぶりの追い山見物(山笠)の予定だ。朝3時起床……もう寝よう!

by hyocori-hyoutan | 2008-07-14 22:15 | 日々ランの雑感

出足のペースで 負荷を背負って 持ちこたえず

8000mのポイント練習日である。昨晩は飲み過ぎてちょっと体が重い……、でもオーバーワークでないから脚の筋肉は調子良さそうである。そんな体調であったが、8000m(㌔4'30"で7000m,残り1000mはフリー)のポイント練習にチャレンジだ。
c0070439_043869.jpg
(この写真メンバー実業団選手ばかり……体が違う)
本日の参加メンバー㌔4'30"組は10人,㌔5'00"組は5人,㌔5'30"組は4人であった。ボクは,㌔4'30"ペースの最速グループにエントリーする。みんな速そうだから消極的に最後尾につくが、スタート直後のペースは予定より少し速めとなる。
c0070439_051156.jpg
一周333mトラックを1分30秒でいいのに,実際は1'25"で入る。この5秒のオーバーペースが身体に堪える。比較的脚は元気なのだが呼吸が乱れる。腕を下げてリラックスに努めるものの息づかいは荒い。でもボク一人ではない、最後尾を併走するもう一人のランナーも呼吸が乱れている。
c0070439_054753.jpg
とても8000mまでは持ちそうにない。2000mを過ぎると周回遅れになる㌔5'00"集団が目の前に迫ってきた。ここで気持ちは決まった。㌔5'00"グループに乗換えだ。もう、これ以上㌔4'30"グループの中で踏ん張るのは困難だ。でも、30秒のペースダウンは楽に走れるはずだが楽でない。一度乱れた呼吸はペースを落としてもすぐには呼吸が戻らない。
c0070439_06569.jpg
それでも,㌔5分ペースで2,3周走っているとやっと楽になってきた。4000,5000mも㌔5分ペースで過ぎていく。ただ,最初の2600mまで4'30"で走ったツケが体に残っている。周回ラップを計算するのが億劫になっている。冷静に計算することができない……。
c0070439_064979.jpg
ラスト1000mになった。ラスト1000mはフリーだ。余裕のあるランナーは飛び出す。こっちも少しは余裕があったので3番手で飛び出す。思い切ったペースアップは出来ない、ちょっとだけのペースアップだ。それでもラスト一周のなると2番手ランナーが落ちてきたので、最後の直線でかわして2番手に上がってゴールだ。

走り始めは最悪,真ん中はひたすらガマン,最後はどうにかペースアップ出来た8000mポイント練習でした。タイムは,0-3000mが13'30"(@4'30")で,3000m-7000mが19'30"(@4'52")、ラスト1000mが4'30"でトータル37'30"でした。正確には,周回遅れの㌔5分グループに乗り替えたので、8333mをポイント練習で走ったことになる。

シューズ,靴下まで汗でずぶ濡れになりサイコーにいい気分になっちゃいました!

by hyocori-hyoutan | 2008-07-13 23:30 | Gアスリートクラブ

デリカD5 カメラも多彩 安全満載

デリカD5のリアビューのモニターカメラが素晴らしい。シフトチェンジしてバックに入れると、モニター画像は自動的に車両後方を映し出す。予想進路軌道を表示してくれるので、モニター画像を見ながらバックすれば安全そのもので追突の可能性は低くなる。更にサイドミラーもでかいし安全性は高い。
c0070439_0281082.jpg
それでもボクは心配だから、オプションでリアアンダーミラーも取り付けた。これだけ備えれば大丈夫だろう。ボク以外にオクさんも娘も運転するので安全には力を入れた。だって新車は嬉しいものだが、ぶつけた時のショックが大きいものだから。
c0070439_0581711.jpg
モニター画像はバックばかりではない。左サイドも前方も表示してくれる。狭い路地から見通しの悪い交差点に出る時は前方左右のカメラ、車庫入れのときはサイドカメラ……。世の中便利になったもんだ。15年間ぶりの新車は「浦島太郎」みたいな気持ち、カルチャーショックを受ける。
c0070439_120642.jpg
c0070439_1202196.jpg
このようなシステムを三菱自動車では「マルチアラウンドモニター」というとのこと。他の自動車メーカーでは同様なシステムがディーラーオプションでウン十万円も別途料金になっている場合が多いが、デリカD5の場合は標準装備(G-NAVI package以上)になっていたのが嬉しい。

by hyocori-hyoutan | 2008-07-11 00:26 | デリカD5

日曜大工 やれば出来る これ実感

充実の一日だった。走ることは大好き、食べることも大好き、遊ぶことも大好き……でも日曜大工(古い言葉かな……)は大嫌いというか出来ない。元々不器用だからね。でも、今日は頑張った。水屋の扉の留め金具の取替え、食卓テーブルのキャスターの取替えも行った。出来た!ナフコのツーワンスタイル空港店に行って適合する備品をきちんと調達して行った。

結果も上々でうちのオクさんからも褒められた。ついでにカビキラーを十分に使ってバスルームの掃除も徹底的に行った。いつもルネサンスでシャワー、風呂に入っているので家庭内浴槽の掃除はおざなりぎみだったが、やる時はやるよ。でも掃除や大工はきついものでくたびれる。だから最後はルネに行って疲れをとるために13kmを走ってきた。これで疲れが取れるのだからおかしな体になったもんだ……。

by hyocori-hyoutan | 2008-07-09 01:54 | 家族