ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

朝一番に風呂に入ってじっくり体を温める。昨年と比べて体調はいい感じだ。湯冷めもしないように細心の注意を払う。朝食は軽く丼一杯に抑えておく。大会会場には、朝7時40分に到着する。フルマラソン参加者1000人程度の大会だから駐車場も余裕を持って泊めることが出来る。トイレも文化センター等が併設されているから、十分キャパシティがある。いよいよ出発の時が来た。午前9時に号砲がなる。
c0070439_22222790.jpg

【0-5km:25分51秒】号砲がなり、スタート地点までは17秒かかる。でも何らトラブルもなく平穏なスタートである。流れに身を任せたままに走り始める。とりあえず出水市陸上競技場周辺を周回する最初の6kmは自重して走ることにする。たまたま前方には、地元の学校先生と思われる3人グループ(結構走り込んでいそう……)がいたので、その後方について省エネ走法に徹する。

【5-10km:25分27秒】この5kmも流れにあわせる。ちょっと上り加減であるが、ほとんどピッチは変らずに快調に脚を進めていく。7.5km地点の商店街には一箇所目の給水所があった。アクエリアス、ウーロン茶、ホット茶、水が置いてある。ボクは早めに給水をしていく。きちんと立ち止まりコップを飲み干して走る。飲む飲料はアクエリアスである。

【10-15km:26分34秒】この区間の走りは、このツルマラソンのポイントの一つである。高低差70mはあるし2度の峠越えがある。無理せずにペースダウンを最小限に抑える走りが要求される。昨年はこの区間で50人ほど抜かれ5-10km区間と比べて2分半ペースダウンしたが、今年は1分少々のペースダウンに抑えることができた。上手い具合に集団の流れに乗っている。いい調子だ。でも無理はしていない。

【15-20km:24分41秒】この区間は90mの高低差を駆け降りる。無茶しちゃいけない区間だ。でも無駄なブレーキはかけたくない。その按配が難しい。15-16kmの1kmは4分45秒で通過した、それは速過ぎる。ちょっと意識的にペースを落とす。でも、周りのランナーは皆速いので、判断が難しい。
c0070439_22531153.jpg
【20-25km:25分36秒】下り終えた20-25km区間は路面もジャリ道もあり、ペースを乱し易い区間だ。中間点は1時間47分50秒で通過した。この地点までくれば周りのランナーともしゃべらないものの一体感が生まれてくる。そして、「脚力の残り」と「残りの距離」を天秤にかけてみると、青島太平洋マラソン並の記録が予想されてくる。

【25-30km:26分28秒】唯一の折り返しがある区間である。微妙にアップダウン、向かい風の強い区間である。やはり1分程度のペースダウンだ。でも頑張らない。まだ先が長い。折り返し地点で自分の前後のランナーを確認していく。オクさんは確認できなかったが、元気に走っている事を祈って走り続ける。
c0070439_23154932.jpg
【30-35km:26分26秒】折り返すと風向きが変って追い風となる。自然の風だけでなく、ボクの体の中にも「ゴール」に向けて風が吹き始めた。息を吹き返してくる。残りの力を少しづつ搾り出していく。体にも力が入って来る。そんな時は意識的に力を抜くが、スピードは変らない。やはりリラックスすることの大切さを痛感する。再び国道の下の砂利道を走るが、まだリズム感は維持している。そして、35km地点の通過タイムを見て、ゴールの予想タイムを確信する。

「今のペースのまま、㌔5分20秒を維持していけば3時間40分切りだ!」

【35-40km:27分22秒】これから先は、1km毎の路面表示との戦いが始まった。36km地点5分30秒で通過、37km地点も同じ5分30秒で通過……。あと10秒のペースアップが出来ない。給水所があっても給水せずに走る。一度の給水で立ち止まれば7~8秒のタイムロスが生じる。もう、その7~8秒のロスが許されない状況になってきたのだ。周りのランナーも必死に走り続ける。皆3時間40分切りを目指している。でも、今のままでは、あと1分は及ばない。

【40-42.195km:11分14秒】40km通過、3時間28分50秒(グロス)……。もう本当に追い詰められた。今のペース㌔5分半を5分まで引き上げないと、目標の40分切りは達成できない。一か八か、ペースを上げる。青島のラストを思い出しながら走る。とりあえず41kmまで行こう。41kmまで頑張ればあとはどうにかなる。41km地点通過、残りは6分だ。㌔5分でどうにかクリアーだ。目標達成可能な限界値までペースを上げて走っている。元気が出てくる。周りのランナーを2,3人抜いていく。陸上競技場が見えてくる。道路周りの応援者からも声が飛ぶ。

「40分切れるぞ!」
「ありがとう、頑張ります!」と応えてピッチを緩めず。大きく左にカーブを切って陸上競技場のトラックの中に入る。あと70mほどでゴールだ。その横に電光掲示板もあった。示しているタイムは「3時間39分40秒」だ。

「ヤバイ!」 心で叫ぶ。その瞬間にピッチが短距離競争になる。猛然とスパートする。帽子を取って歯を食いしばり、痛めつけてきた脚とは思えない空を飛ぶようなバネでゴールに突き進む。ゴールの瞬間に電光掲示板は40分を表示したような気がする。微妙なタイムで駆け込んだ。

でも、これだけ頑張ったから、心は晴れ晴れとしたもの。40分切れたか、切れなかったなんてどうでも良くなった。あとは、車まで行ってすぐに着替えを済ませて、オクさんのゴールを待つ。しばらくすると疲労困憊しているが、スタートした時と同じ笑顔のオクさんが戻って来た。これで、ボクもホット一息だ。

やっと、ゴール横の記録証発行コーナーに行く。タイムはグロス表示で3時間39分59秒であった。それを見てまた笑顔である。また一つ、マラソンの奥の深さを教えられた。前半の1分、1秒はどうでもいいが、最後の1分、1秒の大切にすることがマラソンの楽しさだ。

最後の1分、1秒を大切に感じるのは、最後まで理性を失わず計算できる走るが出来た証だからである。こんな走りが出来たのは久しぶりである。快感……。
by hyocori-hyoutan | 2009-02-09 22:18 | ランニング大会奮闘記
出水ツルマラソンに出かける楽しみの一つは、「道の駅 たのうら」に立ち寄ること。今年も立ち寄る。そして食べた昼食は「太刀魚重」である。昨年は「太刀魚丼」を食べたが、この「太刀魚重」はワンランク上である。「丼」と比べて「重」は揚げ方が違う。「丼」は唐揚げに近く、「丼」はしっとりとした天ぷらである。そのため太刀魚の肉厚が感じられてより美味しく感じられた。美味しそうだったので、写真を撮るのも忘れて食べ始めた。仕方なく食後にメニューを写真に収めた。
c0070439_2142284.jpg
もう一つの魅力は、「デコポン」である。今年は昨年と比べて入荷量は少なかったが、味はピカイチであり、早速、遠方に住んでいる子ども達にも、箱ごと宅配便で送付する。この「道の駅」は八代から伸びている「日奈久高速道路」を降りた所にある。ここまで来れば、目的地の出水まで40km、約1時間である。
c0070439_21534630.jpg
そして、着いた。一年ぶりの出水である。一年ぶりでも懐かしいものだ。街のあちこちには、明日のマラソン大会の看板が立てかけてある。こちらの方も、その看板を見て武者奮いだ。昨年の失敗は繰り返さないことを心に誓い、受付場所の出水市総合体育館に向かう。
c0070439_21581979.jpg
受付のあとは、宿舎の薩摩つる乃湯に向かう。今年は、ツルの飛来地への観光にも行かず、宿舎でゆっくりと寛ぐことにする。このマラソン大会には、夫婦での参加している人には無条件で「夫婦賞」は貰える。昨年はお茶の組み合わせセットであったが、今年は雲海酒造「さつま木挽」である。これで今晩は、心地よい眠気に導いてくれるかな。露天風呂に入り、サウナに入り、今回はじっくりと休養に勤める。明日は明日の風が吹く。じっくり眠ろう。

といいながら、夜は一時間おきに目が覚めた。熟睡できなかったが、本番のランには影響はないだろう。
by hyocori-hyoutan | 2009-02-09 21:40 | ランニング大会奮闘記
鹿児島県出水市から戻って来た。1泊2日での出水ツルマラソン遠征だった。記録は大満足……後半は粘りに粘って最後まで諦めなかった。タイムは3時間39分59秒(ネットでは3時間39分42秒)で、青島のタイムを2分あまりの更新だ。帰路の220kmのドライブは気分も上々で睡魔も襲って来ない。結果よければ疲労も吹っ飛んでしまう。引きずる脚だけはしょうがないかな。

詳しい完走記は、また明日、今日はもうお休みだ……。
by hyocori-hyoutan | 2009-02-08 22:49 | ランニング大会奮闘記
c0070439_2272736.jpg
久しぶりに東京に出かけた。寒波も緩み穏やかな冬日になった。時はバレンタインンデーも控えている。飛行機の翼には、ハートのマークもついている。うっすらと浮かんでいるのは富士山だ。東京には、午前中に着いた。羽田空港からは京浜急行で泉岳寺経由で浅草に行く。まずは、旅行の荷物を浅草の宿に預ける。
c0070439_2275395.jpg
早速繰り出した街は、お茶ノ水界隈である。テレビ放映もあった有名なラーメン店「大勝軒」に立ち寄り「つけ麺」を注文する。でも、とんこつ味の細麺に慣れたボクにとっては、やや好みが違ったかな。そして、夕方には浅草に戻り浅草寺に立ち寄ると、ちょうど「節分」であった。「浅草観音文化芸能人節分会」が開催されていた。ボクに知っている文化人では「小沢昭一的こころ」の小沢昭一さん、大昔のNHKの「お笑い三人組」に出演していた三遊亭金馬さん……などが出席されていた。何となく浅草の地で節分会に出会ったのは得をした気分だった。
c0070439_22291353.jpg
c0070439_22293541.jpg
そして、当然のごとくチェックインをした後は、夕方のランニングにスタートだ。東京一日目であり、まだまだ元気一杯だ。走り出した先は、日本橋方面である。浅草橋から大手町、そして皇居に出た。地図は持ってなく頭に残っている地図イメージだけでどうにか皇居にたどり着いた。道に迷わず良かった、良かった。皇居一周を走り始めてみると、100mに10人は走っている。1kmで100人だ。皇居一周5kmだから500人は走っている計算だ。こっちは5分少しのペースだから、どんどんとランナーを抜いていく。抜き出すとペースは段々と上がる。大手門でスタートしてゴールだ。タイムを見ると26分ジャスト(5km)だった。結構いいペースで走った。夜の大濠公園以上の賑わいにちょっと感激した。そして高層ビルのネオンも印象的だった。
c0070439_2373228.jpg
さて、次の日は新宿の京王プラザホテルで開催された「生涯スポーツコンベンション」に出席である。今回で5回目の出席くらいかな。今年で第20回目の記念大会だ。記念対談は、二宮清純氏と栗山英樹氏である。二宮氏の話のリズムがいい。次から次と切れにいい発言が続く。努力と天才、天才の目を摘む指導、個性のない選手達、個性を伸ばせる地域の力の再生……そんな話が続く。なかなか面白い。
c0070439_23244742.jpg
終わった後は、山用品の専門店で買い物だ。トレイルラン専用の靴、登山ズボン、ぺっとボトルフォルダー等を買い漁る。東京でのスポーツ用品のショッピングは楽しみに一つだ。そして、その夜は、東京に住んでいる娘②との会食だ。夜の8時過ぎに池袋で待ち合わせをして、居酒屋で食事を取る。元気に暮らしている事を確認できて一番の嬉しさであった。そして、夜の11時過ぎに娘②と別れ地下鉄に乗って浅草のホテルに戻る。でも深夜近いにもかかわらず東京の人の多さは驚きだ。
c0070439_23274215.jpg
最終日は、浅草散策で空港に向かう時間までの半日をゆっくり過ごす。浅草に2泊しながら浅草の街を歩いていなかった。そして、早めの昼食は天ぷらで有名な「葵丸進」で特製天丼、特製かき揚げ丼を頂く。ボリューム満点である。さすがにテレビで何回も取り上げられるだけの有名店だ。何と11時30分開店と同時に満席になるのだからね。
c0070439_23364417.jpg
今回の東京旅行は2泊3日……。駆け足の旅であったが、何度行っても楽しい東京であった。住み続けるには、人が多すぎる東京であるが、1年に一度は行っても楽しい東京である。今度は東京マラソンに当選(今年は26万人応募で3万人当選)して東京に行ってみたい。空港には今年の東京マラソンの歓迎フラッグが掲げてあった。東京マラソンはマラソン大会を越えた、大都会「東京」のセールスイベントになっているのが、羽田空港で見たフラッグから読み取れた。
c0070439_23453064.jpg

by hyocori-hyoutan | 2009-02-06 22:04 | 東京遠征
週の初めの月曜日、インフルエンザ明けの出勤であり、職場の皆様方に迷惑をかけないよう、無神経な奴と思われないように深々とマスクをして、声も低めに朝のご挨拶である。

「お早うございます。迷惑かけました。もう平熱が2日続きましたからもう大丈夫です。」と、インフルエンザ完治で人様にうつらないことを強くアピールした。

しかし、その数分後には机の上の電話がなった。電話の主は同じ職場でボクの前にT氏だ。

「熱が出て病院にいったら、インフルエンザと言われました。とりあえず今日は休ませてください。」
「はい、わかりました。養生していてください。」

もう、インフルエンザはうつらない……PRしたつもりだったが、実はもう、うつってしまっていた……。何となく申し訳ない気持ち、バツが悪かった。こうなれば、鼻の周り、口の周りが鬱陶しくとも今日一日中はマスクは外されないな……と思う。そして、家でマスクは面倒くさかったが、さすがに職場では緊張感のため(?)か、無事に終日マスク着用を果たすことができた。

実は、今週は少し休みをもらって明日は休みだ、遊ぶに行くつもりだ。インフルエンザを早く治したかったのは、インフルエンザのままであれば、遊びにも行けないところであった。でも、どうにか遊びの計画に間に合うように元気回復をしたのはラッキーだったね。

マラソン前で無理なランもしなくていいし、しばしの骨休みとしよう。
by hyocori-hyoutan | 2009-02-02 23:04 | 生活の知恵と愚痴
インフルエンザから復活のランニング、14kmを走った。たったの3日間の完全休養であったが、とてもランニングが新鮮に感じられた。嬉しかった。やはり健康が第一である。それと完全休養にもかかわらず、熱のため食も進まず通常より1,5kgも体重が落ちていたのは、予想外の喜びであった。よくボクが使う言葉に「太る体質だから食を抑えても体重が減らない」という言い訳があるが、それが全くの嘘であったことが証明された。食べても太るではなく、自分に甘いから太るだけのことであった。

気持ちよく走った後は、自宅で別府大分マラソン大会のテレビ観戦だ。注目の足立(旭化成)であったが気合が入りすぎて勝負所で失速……。その他の日本人選手も見せ場があまりないままに終焉を迎えた。個人的にはGアスリートクラブの練習でリードをしてくれたトヨタ自動車九州の中崎選手を応援していた。結果は10位であった。

それと、テレビ中継の中で最高齢出場の保坂好久選手(60歳)のことが取り上げられていた。60歳台の世界最高記録2時間38分15秒の更新目指している。その保坂選手は昨年12月の福岡国際で2時間34分台(当時59歳)で完走しているのだから、更新は十分に可能だろう。このブログを書いている時は、まだタイムは知らない。明日の朝刊が楽しみだ。

ボクにとっては、別府大分マラソンは忘れなれないもの。ボクのホームページの若かりし頃の記録にも掲載しているように、2時間42分31秒で走った思い出の大会だ。何と1987年、今から22年前の実話だけれども……時の流れは残酷であり、かつまた全てのものを美化させる。時間があればクリックしてね。
c0070439_2284233.jpg
c0070439_229260.jpg
写真2枚は1986年、第35回別府大分マラソン大会に出場した時の写真だ。スタート風景と、子ども3人とゲートの前で撮った記念写真だ。いや、本当に懐かしい。
by hyocori-hyoutan | 2009-02-01 21:23 | 日々ランの雑感
c0070439_1431415.jpg
映画「マンマ・ミーア」を家族3人で観に行ってきた。シティ劇場での舞台も大興奮だったので、劇場版が完成したのなら行かない訳には行かない。素直に、大変楽しく秀れた作品だ。ボクはオンチだけれども、明るく踊りまくるミュージカルは大好きだ。簡単なストーリーだし、舞台でも観ていたので、すぐにミュージカルの世界に没頭できた。そしてアバの軽快な音楽に乗せられて、座席の下の足元ではリズムも取ってしまうほどだ。サスペンスものでは、ブログにストーリーは書いたらいけないけど、ミュージカルではいいだろう。
c0070439_142262.jpg

エーゲ海に浮かぶ小さな島に住み、小さいホテルを経営する母(ドナ)と娘(ソフィ)が主人公であり、その娘の結婚式の前日から物語は始まる。娘のお父さんは不明であったが、ソフィはドナの日記を見てしまい、生まれた時に付き合っていた男性3人(父親の可能性のある人)に結婚式の招待状を出してしまう。もちろん、ドナには内緒にして……。その3人の男性は人生で成功したものばかりで、昔のドナに会いたくて招待を喜び勇んで島にやってくる。そして、ドナの昔の友人も2名が結婚式にやってくる。そして、戸惑うドナ……、自分が父親だと思い込む3人、底抜けに明るいドナの友人2人、そしてソフィとそのフィアンセも父親捜しに巻き込まれる。
c0070439_149567.jpg
そして、翌日の結婚式では、思いもかけないハッピーエンドだし、舞台でのアンコールステージみたいなシーンも繰り返される。もちろん、ダンシングクイーンだ。たった2日間だけの出来事の映画であるが、リズム感のある音楽で満たされ、人間愛に満ちた登場人物がユーモアたっぷりに一生懸命生きていく。観ているうちに体も揺れてリズムを取ってくる。こんなに楽しくなれる映画は最近少ない。だからこそ巡り合えて嬉しかった。
c0070439_241876.jpg
舞台と同じようにカーテンコールで3曲ほど歌ってくれた。サービス精神が旺盛の映画だ。それと、びっくりしたのは、舞台と同じ演出であり、登場人物のキャラクターもそのままであったこと。だから素直に舞台からスクリーンへも移行できた気がする。原作(舞台)に忠実だな……と思っていたら、監督、脚本、制作の3人は舞台と同じ人物が携わったとのこと。そうでしょう!

エンディングが終わっても、「このまま、もう一回観たいね。」と囁いた。もちろん総入替だから駄目だけどね。でも、お土産に「マンマミーアCD」と「パンフレット」を売店コーナーで購入した。もちろん、帰路のマイカーの中では、買ったばかりのCDを入れて、honey,hohey♪……mamma mia♪……♪と口ずさみながら……。
by hyocori-hyoutan | 2009-02-01 00:17 | movie

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan