ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「産後うつ」とういう言葉を聴いた。いままでは漠然と判っていたが、女子アナの自殺で新聞やテレビで取り上げられた。将来に対する不安や、子育てはこうあるべきだ…みたいな脅迫概念、高い理想と現実とのギャップなどから生じるものだろう。だから同じようなことは人生のいろんな場面でも現れることだが、決定的に違うのは、出産に伴う体の変化などから生じたこと、つまり体から心に波及してことだ。体の不調が心に及ばないようにしなければいけない。

男には判らないといっても、判ってあげる場面は一杯ある。一緒に子育てを考えることであり、育児や食事、洗濯…いくらでも手伝えることはある。そして精神的な支えになって一緒に悩み、解決策を模索することだろう。女子アナの場合、夫は海外出張中だったらしい。育児休暇といえば、母親だけでなく父親も取れる時代になった。母親だけに押し付けてはいけないことだ。

我が家にも、生まれて間もない赤ちゃん、その母親がいる。しっかりとフォローしてやらなければと再確認をした。母親と赤ちゃんがともに成長して、赤ちゃんを中心とする家庭の輪(和)が高まることをしないといけない。幸い、東京に戻って仕事をしている娘婿は毎晩、パソコンのテレビ電話で赤ちゃんと会話をしている。遠く離れていても父娘の感覚は大切にしている。おむつ替え、沐浴も積極的に行ってくれる。そんな心配はないみたいだ。

昔々の我が家の子育てを振り返ると楽しい思い出というより、やらなければならないだけの気持ち(でも使命感じゃない)で粛々と楽しくやっていた感じがする。あっという間の子育てだった。「もう一度やれ!」と言われたら考えてしまうけど楽しいものだったかな。

昨日、娘が携帯に撮った孫娘の写真を見せてくれた。
「お父さん、今日昼間に撮った写真よ。よく撮れているでしょう」
「うん、よく撮れているよ。でも赤ちゃんコンテストに出すには、寝て目を閉じているからどうかな?」
娘が赤ちゃんコンテストに応募しようと言っていたので、その写真と思っていた。

すると、娘が笑いながら…
「だまされたね。この写真は20数年前の私よ。昔のアルバムから撮ったのよ」
「えっ、そうだろう。ちょっと写真が古い感じがした。それにしても赤ちゃんとそっくりだね」
「お父さんでだまされたの二人目。○○さん(娘のダンナ)にも写メールを送ったらだまされよ」
「だって、信じてしまうよ。それにしても鼻や目、それに髪の毛の生え方までそっくりだ」

こんな会話が続いたのは幸せなことだ。孫娘と一緒に暮らせるのもあと50日になった…。
by hyocori-hyoutan | 2010-07-29 23:57 | 家族
エネルギー枯渇あるいは低血糖であった昨日の恨みは、次の日できちんと返す。そんな一日であった。朝のランのあと、職場についたのは始業20分前、濡れタオルで体を拭き、そして乾いたバスタオルで汗を体からふき取る。でもその後に汗がまた噴出す。机に座ったものの、着ているポロシャツにはジワーと汗が染み出してくる。急いで団扇で扇ぐこと20分である。冷房は効いているが汗はなかなか引かない。こんな真夏の一日の始めである。

自転車通勤じゃない以上、帰りも走らざるを得ない。着替えてランパン、ランシャツにリュックを背負って走り始める。最近のフォームであるピッチ走法の膝上げフォームである。横を車が通り過ぎるので、意識的に我流のいいフォームを心がける。まあ、昨日のエネルギー枯渇に陥ることもなく、6分を切るペースで九州大学横の細道を走りとおす。残り2kmで28分である。最後は軽く流して7km40分で家にたどり着く。

さすがに昨日の反省は生きていた。午後4時頃に甘さ十分の缶ジュース(約120cal)を飲み干し、低血糖を防ぐ。走りも快調だった。この暑さで7km40分は上出来でしょう。仕事も毎日順調にこなし、走りも順調にこなせば問題なし。ビールもロング缶1本に我慢して今日は寝よう!
by hyocori-hyoutan | 2010-07-27 22:32 | 日々ランの雑感
我が家に滞在する孫娘はもうすぐ満1ヶ月を迎える。娘は母親らしく、うちのオクさんはより母の母らし、そしてボクもちょっとジジらしくなってきた。「おとなしくて泣かないな…」と思っていたのは生まれて1,2週間だけだった。今はよく泣く。それも両手は回転させながら、両足はキックを交えながら、そして泣き声も女の子らしくひ弱な声から、泣き疲れたみたいな裏声を交えて泣き叫ぶ。

おっぱいが欲しいのか、眠たくてぐずついているのか…。赤ちゃんが泣き叫ぶのに理屈はない。ただ泣きたいだけだ。家事も沐浴などを娘&オクさんに任せているボクは、時々抱っこして家中をうろつきまわる。それでも泣き止まなければ玄関のドアを開けてちょっと外の空気に触れさす。自然の風や自然の音が赤ちゃんの耳の中に入る。すると不思議なことにすっと眠りに入っていく。そういえば、我が子育てでも泣き止まない時は、よく外に連れ出した。

外では、へたくそな、音痴な歌声を孫娘にこっそりと吹き込む。歌は、坂本九の「涙くんさよなら」だ。
…♪涙くんさよなら、さよなら涙きん、また会う日まで…♪孫の守をしながら我が子育ての日々を少しづつ思い出していく。今は、孫娘は熟睡中だ。でも夜中に必ず起きる。その夜中にも、泣き止まない孫娘の子守に当たるのは、母親とその母親だ。いつも逞しいのは彼女たちだ。ボクは泣き声も聞きながら二度寝をしてしまう。
by hyocori-hyoutan | 2010-07-25 22:20 | 家族
久しぶりに革靴を履いて通勤したのは2日前であった。いつものランニングシューズではなかった。そして、一つ前の駅から歩いて職場に向かった。ちょっと大き目の靴だった。少し抜けそうな感じがしていたから、この靴ではあまり長く歩いたことはなかった。でもその日は、ひとつの駅区間を30分も歩いた。

カカトに違和感があったものの、気にせずに歩き通して職場に着いた。着いてから気になって靴を脱ぎ靴下を脱いで確認をした。するとカカト上のところに大きな水泡が出来てしまった。ボクのカカト上は、長年のアキレス腱付着部周囲炎で腱が石質化して盛り上がったままになっている。その部分と靴が30分の間も擦れ続けて水泡が出来てしまった。このままじゃ走れないと思い、すぐに針で水を抜く。大きな水泡だったから水を抜くと皮が余ってしまう。それに常に靴と接する部分だ。

このままじゃ走れない。多分一週間は走れない…。と思っていたが、患部は乾きは予定以上に早く、もう固定してしまった。だから今日は14kmもカカトに違和感もなく走れた。良かった、良かった。走って怪我するなら諦めもつくが、今回のように歩いて故障するなんて気の緩み以外の何でもない。ともかく、用心をして歩き走ろう。それでなくてもこの暑さでボーとしているのだからね。

さて、明日仕事に行けば、また土日の休みだ。今年は孫のお世話(特に何もせず、泣き止まない孫を抱えてあやす程度しかできないが)で夏も過ぎていく。これもまた楽しみなもの。撮り貯めたビデオや写真の整理はまた一苦労だ。
by hyocori-hyoutan | 2010-07-22 21:56 | 日々ランの雑感
夕方から10km走である。自分で作った香椎浜10kmコースである。最近走った時は56分で走った。今日は連休でのお疲れモード&酷暑の夕方というコンディションを考慮して最初からゆっくりランを心がけて60分走破を目標にする。結果からすると61分かかった。ともかく体はバラバラ、特に脚の運びにリズムがない。上腕の腕振りも弱い。暑さに負けているのは明白だ。どうもトレッドミル上ではリズムが出るが、外ランでは右に左に体が揺れてスローモーションみたいな脚の運びになってしまう。

これも年のせいかな…と思ってしまう。とてもレースに出れる状態じゃない。そんな感じである。思い付きであるが、加齢に立ち向かうには走りこみだけでなく、下半身の筋トレの必要性を感じる今日の練習であった。後ろ向きなことばかり考えて走っても面白くないと思っていたが、家に戻って冷たいシャワーを頭からかぶり、滝での修行者みたいにじっと黙想をする。快感である、冷えた肩、脚、足首を冷やしていく。脚力は落ちても、特に夏場の走った後の冷たいシャワーは格別だ。もちろん冷たいビールも格別だ。
by hyocori-hyoutan | 2010-07-19 23:18 | 日々ランの雑感
今日は他都市のマラソン担当者から電話があった。その内容は…
「前年度の参加者にDMで参加要項等のリーフレットを発送していますか?」

前年度参加者へのDM発送はいろんなマラソン大会でも行っているが、何故、そんなことを聞くか尋ねてみると…

「その人は、前年度参加したからDMが届いてから申し込もうと思っていたのだが、他の人にはDMが届いて自分には届かなかった。そして待っているうちに定員に達してしまって参加できなくなった。だから、DMが届かなかったのは主催者の責任だから何とか参加させろとのこと…。同じような事例があったらその対処のやり方を参考にしたいのですが?」そんなマラソン担当者の困惑した電話だった。

正直、あっけをとられた。何でそんなことに電話をしてくるのか。DM発送はあくまでもサービス、あるいは主催者の参加者募集の効果的な方法として採用しているだけで、DM発送に今年度の参加申し込みの特権が付いているわけではない。逆に、前年度参加していない人からは、前年度参加者だけへのDM発送のクレームも来ている。

世の中には自己中心的な人も多い。ちょっと寂しくなりますね。
あなたはこのことをどう思う?
by hyocori-hyoutan | 2010-07-16 23:32 | 生活の知恵と愚痴
早速届いたぞ!価格ドットコムで最安値のネットショッピングの店から購入した。6300円のロジクール製のwebカメラだ、今一番人気のwebカメラだ。CD-romからインストールしたらすぐにテレビ電話が出来るようになった。まだテスト中だから、狭い我が家のパソコンルーム内で、たった一人で複数パソコンにログインしてテレビ電話を楽しんだ。テレビ電話に映るのは自分の顔だけだ。そして音声テストも行う。

「テスト、テスト、ただいまマイクのテスト中。聞こえますか。」
狭い部屋で一人でしゃべりこむ。何を一人でしゃべっているのか、不思議に思った家人が覗き込む。理由を説明しパソコンの画面を見せてやって、やっと理解する。家人も面白がって楽しんだ。まあ、パソコン2台の横つながりのテレビ電話だから感激も薄いが、これが東京や大阪からのテレビ電話であれば感激すること間違いなし。これで孫の成長も日々見れる。楽しみが増えた。
c0070439_2349415.jpg
それも無料だからね。家族間の携帯電話が無料になっているのは、このネットを使ったテレビ電話の影響も大きいのだろうな。時代遅れだから今頃になってそのことを痛感する。こんなテレビ電話を見ていると、今の時代に生きていて良かったと思う。子どもへプレゼントしても安いものだ。オヤジと息子や娘との会話はなかなか盛り上がらないかもしれないが、盛り上がらなくてもテレビ電話であれば、オヤジの顔色を見てオヤジの気持ちを察してくれるかもしれない。阿吽の呼吸の復活だ。一番喜んだのはオクさんだ。携帯電話の写真メールや動画で喜んでいたが、これからは楽しく孫の成長を一日ずっと観れるからね。
by hyocori-hyoutan | 2010-07-14 23:48 | HP&ブログ
仕事を終えて家に帰る。何もなければ6時半前には家に着く。いつもその後はルネに行っているが、孫娘(生誕3週間)がいるから、ちょっと行き辛いこともある。オクさんは、夕食や沐浴の準備で大忙しでルネは休み…。ボクは体調管理でどうしてもルネに行きたい。

「ルネに行っていいよ。帰りにジャスコで美味しいものを買って来てね」
その甘い言葉に甘えて、即座にルネバックの中にウェア、タオル等を詰め込んで…
「行って来ます!帰りにケーキ買ってきます」
と飛び出していく。

出来れば8時過ぎには戻ってきたい。
ルネサンスでのトレッドミルベルトの回転スピードもやや上げがちに走る。
「よっし!あと1kmはスピードを12.5km/hに上げて、そのあとは11km/hに落とし、もう一度12km/hまで上げて行こう。そうすれば、8時前には11km走破になる。あとはサウナ5分で更に300gの汗を落とそう…」

そんなささやかな計画を頭に描いて、必死のノルマを果たしていく。そして、自分のノルマを果たしたあとは、家族への約束のノルマも果たす。ジャスコの"赤い風船"でケーキを4個購入して家路に着く。
「ただいま、赤い風船でケーキ買って来たよ!!」笑顔で迎えてくれたら、一人ルネの罪滅ぼしになる。そして、予定通りの罪滅ぼしになった。ついでに、泣き止まない孫娘を抱っこすること30分で、難なく眠りにつかせることが出来た。これも貴重なお手伝いになった。明日もこの作戦で行こうかな。
by hyocori-hyoutan | 2010-07-13 23:34 | 日々ランの雑感
webカメラの設定に励んだ。スカイプをインストールしていけば簡単に設定できるみたい。でもインストールはすぐに済んでもカメラが…、音が…でない、見えない。試行錯誤を繰り返す。家にはパソコンが3台ある。ボクが使っている東芝ノート(Windows7、webカメラ無)とAcerネットブック(XP、内蔵webカメラ有)、そしてNECコンパクトノート(VIsta、内蔵カメラ有)の3台だ。順調に済んだのは一番安いネットブックだった。東芝ノートは、内蔵カメラがないのでカメラテストは出来なかったが順調に終わった。

問題は、NECノートだった。何度のチャレンジしてもスカイプに音がつながらない。アドレスは2つ設けたから、他のパソコンにテレビ電話を架けてもプープーといった後も、もう一方のパソコンの受信アイコンをクリックした途端、通話が切れてしまう。繰り返すこと20,30回になる。素人考えで、同じ無線LANの間ではテレビ電話が出来ないのかな…とアナログ的な考えをしてしまう。でもネットブックと東芝ノートはつながっているのだから、その論理は成り立たない。気がつけば夜中の12時を過ぎてしまっていた。もう寝ようと思い布団にもぐりこむ。

でも気になることがあればすぐ目が覚める。夜中の4時半から目を覚まして、またパソコンに向かい合い、スカイプを再インストールするが結果は同じだ。結局原因はつかめなかった。もちろん、インターネット検索で、原因究明を探ったが、「ポート何番を○○番に変更…¥「録音デバイスが認識されていませんので…」そんな解決策が示されるが。パソコンに無知だから怖くて操作できない。泥沼にはまったら元に戻すことができないからね。

スカイプを導入しようとしたのは、孫がそのうち東京に戻るので、テレビ電話で孫の成長を見ましょうという考えにもとづくもの。まあ、今日も家に戻って続きの作業をしよう。本当にくたびれる。そうそう、通販で頼んだ人気NO.1のwebカメラも明日か明後日には届くだろう。苦労すれば喜びも大きい事を願いつつ、webカメラの開通に努力をしよう!
by hyocori-hyoutan | 2010-07-13 07:07 | HP&ブログ
走りのフォームはいつも考えている。最近はストライドを伸ばさずに走っている。ちっちゃなフォームから大きなフォームへ変身するには大きなストライドと思っていたが、無理にストライドを伸ばせば腰が落ちたフォームになる。それより、気持ち分だけ手前に着地してリズム感を大切にピッチを刻んだ方が結果として疲れにくく、ペースが持続する感じだ。

トレッドミル上では、一歩一歩の歩幅も表示している。今まで時速12kmになると、歩幅も100cmを越えていたが、意識的にピッチを意識して膝上げを行ったら100cmを超えなくなった。このフォームだと疲れが出にくいし楽みたいだ。しばらくはこのフォームを意識してランニングに励もう。

とりあえずエントリーをしている大会もないし、じっくり日々のランを楽しもう。今年の秋はランニング大会参加よりも運営に重点を置かなければいけないみたい。これもまた楽しみだ。
by hyocori-hyoutan | 2010-07-08 22:02 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan