ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

9月の最終日だ。9月末まで有効な休暇が一日だけ残っていたので、とりあえず休んだ。遊びにいく予定もないので、当然ルネサンス通いの予定である。しかしながら不覚にも、朝一番の仕事をちょっとして自宅に戻ると朝寝をしてしまった。気づくと11時である。もうすぐ昼だ。12-14時は佐川急便からの宅配便が届く予定なので自宅待機せざるを得ない。またまた買い物だ。320GB のポータブルHDDが3980円で購入だ。これは自分の買い物ではなく地域活動用だ。

テレビをつけると国会の予算委員会のテレビ中継が放映中だった。尖閣諸島を巡る中国漁船の拿捕釈放の集中審議だ。聴いていて迫力のなさに唖然とする。あまりにも紳士的な質問に対して、客観的な回答である。どれも今回のことは仕方ないが、今後このような問題があれば断固たる対応をする…という回答が多かった。問題は今回の問題をきちんと反省したり責任を取って、相手国に要求するのが筋と思うが、全て相手任せの雰囲気が強い。

今回のことをこれからでも解決する姿勢なくして、次回から毅然と対応できるわけがない。このように素直に謝る人間ほど性質の悪いものはない。責めても謝ってしまえば終わり…。反省しなくても謝ってしまえば終わり。次の攻める手段がない。謝れば勝ちである。内部的には勝ちかも知れないが、外部的には勝ちにはならない。謝って責任を取らない人間は国を代表する指導者の器じゃない気がした。

怒ってもしかたない。総選挙まではまだまだ先だろう。まあ、怒りを納めるためにルネに行く。ちょうど昼2時半過ぎだった。この時間帯は少ないかな…と思っていたが、なんとトレッドミルは一台もあいてない。しかたなく10分ほど時間を潰して、やっと空いたトレッドミルに乗り込む。今日は2回予定しているので無理せずに走る。12km走ってルネを一度退出。再びオクさんを連れてルネに退出後1時間で再登場だ。そしてまた12kmだ。さすがにくたびれたが、退出した1時間にアイスクリームやスナック菓子一袋(これがいけない!)を平らげたお陰で、どうにか後半の12kmを走りきれた。

今は夜、明日は金曜日、一日行けばまた休み。日曜日はトライアスロンの運営補助で勤務の予定だ。10月は業務上、日曜出勤が多くなる。仕方なし、スポーツの秋だからね。そして、メーンイベントは、10/31の"シティマラソン福岡2010”だ。前日のイベント仕込みが大変だ。ちょうど日本シリーズのセリーグのホーム試合と重なる。ヤフードームでの試合ではないが、いろいろと忙しくなるみたい。もちろん、忙しくて大変だがホークスには日本シリーズに出て欲しい。思い出深い、シティマラソン福岡、日本シリーズになって欲しい。
by hyocori-hyoutan | 2010-09-30 22:07 | ああ無常
本日も朝一番にルネサンスに走りに行く。ちょっとお腹もすっきりになったが、節食のために力も入らない感じである。でも今は減量のためには大切な時、日頃でも体重は上下変動しているが、その枠を超えた軽~いエリアに入らなければ、減量の意欲継続にはならない。ともかくスピードより距離と思って走り出す。予定では15kmの予定で体は軽~くなっているのだが、体調は重い感じ、力が入らない。時速9.5kmのスローを維持する。距離表示が4km、6kmになった時に、トレッドミルの減速ボタンを押して7kmに調整する。ゆっくりボトルの水を飲み干し休憩だ。300m歩いて、またスピードアップボタンを押して9.5kmまであげる。そうして何とか8kmまでたどり着いた。

Tシャツ着替え休憩を入れて、再びトレッドミルに乗る。
「もう今日は走るのやめ…。あとは歩いて距離を稼ごう。ただし坂道トレだ。目標3kmで30分!」
そう言い聞かせて、傾斜8%、スピード6km/hで腕を振って歩き出す。やはり走るより傾斜をつけても歩くのは楽だ。汗は8kmランのあとだから、ボトボトとトレッドミルのベルトを濡らしていく。

でも、一度切れた気持ちは立て直せずだ。自己に暗示をかけて
「3kmでも2kmでも今日のノルマのうちだ。トータルで10kmならいいんじゃない。だって最近頑張ったし、減量の成果も現れたいるよ」
と思って、2kmでやめた。

シャワーを浴びてサウナに入って、ロッカールームにある体重計に乗る。そして、デジタル表示された体重の数字を見てニヤリとする。周りには誰もいなかったが、その場面を見られたら変な人になるかな。

さあ、家に帰って一服したら空港に行かなきゃならない。一週間ぶりにオクさんが東京から戻ってくる。さてさて、ボクの痩せたのに気づいてくれるかな。自分から言い出さずに、オクさんの動向、気づくかどうか試してみよう。いや、楽しくなった
by hyocori-hyoutan | 2010-09-26 15:31 | 健康化大作戦
今日はプロ野球漬けの一日だった。昼間は西武対楽天、夜はソフトバンク対日本ハムの戦いだった。両試合ともに1点差勝負の際どさであった。もちろんボクはソフトバンクホークスファンである。楽天頑張れ!と思っていたが、そうは勝利の神様は一方のみを後押ししない。3-2で辛くも西武の勝ちであった。これでソフトバンクの今晩の優勝胴上げは翌日以降になった。この西武-楽天戦はホームチームが勝てないでビジターが勝つという真剣さの伝わるゲームであった。

さて、夜のソフトバンク対日本ハムは、互いにエース同士のぶつかり合いだ。杉内は最近4試合勝ちに見放されている。といってもほとんど打ち込まれての途中降板だから調子は下り坂だ。相手のダルビッシュも球界を代表する投手だ。でも、こんな優勝を争う試合だから、エース同士の投手戦になるのか打撃戦なるのか分からない気がした。しかし投手戦だった。まさに神様が行司役みたいであった。どっちに転んでもいい試合だった。今年のダルビッシュは好投するけど味方の援護がない。7回に川崎の適時打で1点をソフトバンクが入れた。この虎の子の1点を守ることができるか。

杉内は続投だ。1点ビハインドのダルビッシュが9回を投げきったから、勝っている杉内がリリーフを仰ぐことはできない。ボクは9回の裏の日本ハムの攻撃を見ることができなかった。怖かった。一死1,2塁のピンチだ。長打が出れば逆転サヨナラ。シングルヒットでも同点だが、勢いが完全に相手に移る。もう見れない。パソコンの部屋に行ってパソコンに向かう。それでも気になったから、1,2分して、パソコンの「お気に入り」からソフトバンクの試合の経過をちょっと見てみた。
c0070439_23181170.jpg
さあ、どうなっているか不安は高まる。すると9回裏のスコアボードに"0"がきちんと書いてある。ボードに"0"があるということは、試合が終わったということ。1対0でソフトバンクが勝ったということ。ダルビッシュに勝ったということだ。素直にちょっと安心する。明日の試合があるから大喜びのちょっと「下」というところだ。

こうなるとスポーツニュースを見なきゃならない。夜10時半からのNHKのスポーツニュースを見る。勝利インタビューは完封勝利の杉内が立っていた。途中から涙声になる、言葉も詰まってしまう。ここ4試合の無様さに、チームに貢献できなかった悔しさに涙していた。神様が味方してくれたのは事実だが、神様は誰にも力を貸してくれない。頑張ったもの、心の熱い者しか味方してくれないものだ。心臓に悪いけど感動を与える試合だった。明日は感動よりも楽天相手の勝利を呼び込む楽な試合展開になって欲しい。無理かな…。
by hyocori-hyoutan | 2010-09-25 23:19 | HAWKS
人間ドッグが10月に控えている。毎年心臓の異常は仕方がないが、その他にも肝機能検査や血糖値検査、そして高血圧検査もある。どれも正常値の上限もしくは基準を突破していることも多々ある。毎日健康に元気に暮らしているものの、やはり数値が気になる。そんな気持ちをいつも持っているのに、毎日、ビールと焼酎、それに合わせて油ものや炭水化物が大好きなもので、いくら走って脂肪を燃やしても体重は現状維持か、微増の日々を暮らしていた。いつの間にか3年前くらいに成功した減量の成果も、少しづつ食いつぶしてきた。ところがである。何日か前に、久しぶりに計測した血圧をみると正常範囲をはるかに超えていた。

ーーこれはいかん!可愛い孫の顔もまだまだ見たい。定年後も楽しい思いをしたい。旅行やマラソンもまだまだしたい。そんなしたいことが一杯あるなら、一時の快楽である飲酒も止めてしまおう。どうせ減量をするなら、中途半端はいけない。ロング缶をレギュラー缶にしても、すぐに焼酎に移ってしまう。タバコが10月から値上げするということで禁煙を目指す人もいる。ボクも禁酒を目指そう。目指すなら、せめて1ヶ月は完全な禁酒をしなきゃ…ーー

まだまだ初めて数日間しか経っていないが、まずは人間ドッグまでは過激な減量を、そしてその後も日々の生活のリズムを年齢相応にして節食に努めよう。本当はこれを境に美食家になればいいのだが、節食を継続して胃袋を小さくしても美食家は無理だろうな。
by hyocori-hyoutan | 2010-09-25 22:15 | 健康化大作戦
祝日も外イベントで仕事の予定であったが、雨予想の天気のため前日に中止が決まった。そのため、朝はゆっくりしていていいのだが、朝8時に目をさまして新聞を取りに玄関ドアを開ける。涼しい風が吹き込む。夜中に雨がかなり降ったみたいだ。事前中止でよかった。それにしても涼しい。雨の天気なのに爽やかな感じがした。

二日続けての深夜遅くまでの残業の疲れは思ったほどない。逆に2日間完全休養だから足首のアキレス君の調子はいいみたいだ。朝一番にルネサンスに行くつもりだったが、パソコンを開いたのが失敗だった。"youtube”にアクセスして検索していたら、思ったより面白くあっという間に時間が過ぎ去る。検索したジャンルは「昔の歌謡曲」だ。今は忘れられている歌手の名前を入れると次から次にお宝映像、お宝歌謡番組が出てくる。テレビ局、ラジオ局が収蔵しているビデオよりも、多くの愛好家がアップした"youtube”映像の方が質量ともにすごいと思った。

検索した歌手は、ちあきなおみ、荒木一郎、吉田拓郎…。とても新鮮で時間がたつのを忘れてしまう。そして、びっくりしたNO.1は天地真理だった。昔々大好きだった「天地真理」が最近(といっても10年前くらいか)テレビにでた映像が出ていた。びっくりするほど太っていて、歌は下手で…。本当にびっくりした。怖いもの見たさにアクセスしてみたら、本当にビックリするよ。それにしても、過ぎ去っていく歳月は本当に残酷な演出をする。、
by hyocori-hyoutan | 2010-09-23 23:59 | ああ無常
久しぶりに残業をした。午後11時に仕事が終わり帰宅したのは深夜11時40分だった。あっという間の残業タイムであった。本当に残業中の時間経過は早い。

「もう午後9時だ。もう帰ろう」
それから10分経過した頃と思い、また時計を見る。
「あれ、もう夜10時になってしまった!」

仕事に集中していたら時の経過が早い。我ながら見事な集中力であると自己自慢がしたくなった。やっていた残業の中身は会議の進行の資料作りだ。限られた会議時間の中でいかに参加者に納得した説明が出来るかどうか、そのテクニックにこだわった。こだわったことは写真の活用だ。写真を取り込んで説明文を書き入れる。取り込んでいる写真は約100枚…一枚一枚に説明をつけていたら、ほぼ事業の骨組みは出来上がる。

こだわった仕事も目鼻がやっとついてきた。明日に急用がなければ明日に完成かな。ボクの信条である「急がば回れ!」がうまく機能してくれると嬉しいものだ。事前準備に時間をかけて、本番はさらっと流れる。会議まであと一週間…手抜きせずに、しかし遊び心を忘れずに…。心の余裕があれば会議出席者にも心の余裕が出来るものだ。
by hyocori-hyoutan | 2010-09-22 01:10 | 生活の知恵と愚痴
ランニング三題…といっても三連休中のランニングの話。

〇18日(土)…朝の7時半くらいから外ランに行く。思ったより暑いから都市高速の下を走る。日陰で気持ちよし。ずっと日陰のままでいて欲しいがやはり日陰もなくなる。貝塚から思い切って箱崎埠頭に向けて右折する。長い~長い橋を上りきって一路「照葉の街」に向かう。横にはオクさんが併走だ。走るランナーも多い。最後はジャスコを周回して9kmかな。ここでオクさんは自宅へ。ボクは更に距離稼ぎで香椎浜周回へ。それでも結局プラス3kmで大満足となる。12kmで後のシャワーも気持ちよし。

〇19日(日)…家に帰っても誰もいない。オクさんも東京に行っちち。孫娘もいない。時間は十分だ。こんな日は2時間、20km走と思いルネサンスに気合を込めていく。ロング走のときはペースを上げない。じっと9.5km/hくらいに抑えながら走る。予定の8kmでTシャツ着替え休憩を入れる。まだまだ20kmへの意気込みは衰えない。予定としては4kmづつの分割で3回走ればトータルで20kmと計算をする。でも、ペースは上げないでも気持ちは萎えてくる。8+4+4の16kmで満了とする。トータルで1時間45分のランニングであった。やっぱしトレッドミルでの2時間越えは厳しい。

〇20日(月)朝起きてだらだらしていたら10時半になる。いつもの香椎浜コースで10kmプラス4kmくらいを考えてスタートだ。思ったより暑い。7kmくらいまでは55分ペース。残り3kmでは信号機を狙って休憩したくなり意識的に赤信号待ちを入れてくる。だから後半で3分もロスして、トータル58分少々の記録になる。まあ、3連休で一日も休まずに走ったので「まる印」をあげよう。

さあ、明日からも仕事(23日も仕事…)を頑張ろう!
by hyocori-hyoutan | 2010-09-20 22:13 | 日々ランの雑感
朝の8時30分に家を出て東京までの長旅に出かけた。荷物は車に3列目に一杯積んでいる。前の席には娘夫婦、2列目の席にはチャイルシートにおとなしく乗っている孫娘、そして、うちのオクさんも子守を兼ねて東京までのドライブに同席することになった。見守るのは、おじいちゃんとおばあちゃん、そしてボクである。駐車場を出て一路高速道路に向かう。
c0070439_050204.jpg
何たって1200kmの長旅だ。途中で一泊をする。もちろん中間点の大阪で一泊である。大阪には、もう一人の可愛い孫の男の子(2歳ちょっと)も待っている。うちのオクさんにとっては一石二鳥の長旅ドライブになる。そして元気な娘婿どのも一晩じっくり寝れば東京まで大丈夫であろう。
「また、近いうちに東京に遊びに行くよ!」
「いつでもきてください」
笑顔で娘婿も応えてくれた。そして車は交差点を曲がって見えなくなった…。

行ってしまった後は寂しいものがある。幸いなことに、今日は朝10時からリサイクルステーションの当番で3時間ほど従事しなければいけない。ちょうどよかった。家に戻るより外で気を晴らしておこう。そんなときのリサイクルステーション当番は、真面目に取り組む。紙袋に無造作に入れた雑紙、いい加減な新聞紙のヒモの結び方、ダンボールもそのままとか…、そんなマナー違反の古紙等を徹底的に再包装をしてギュウギュウに結び上げる。お陰でノルマの3時間があっという間に過ぎ去った。この後は、ルネサンスに行ってもう一仕事だな…。
by hyocori-hyoutan | 2010-09-20 00:31 | 家族
明日の朝、娘夫婦と可愛い孫娘は東京方面に帰ってしまう。思えば出産前が3ヶ月、出産後も3ヶ月もいた。幸い娘婿の長期出張のおかげで久しぶりに娘たちとも楽しく暮らせることができた。孫娘はあとちょっとで3ヶ月になる。あと2,3ヶ月は会えないかもしれない。どんなに大きくなっていることだろうか。家の近くにはオクさんの両親もいる。つまり曾孫になるわけだ。おじいちゃん、おばあちゃんにとっても楽しい6ヶ月だっただろう。今晩は、ささやかな食事会をしたが、楽しさの中にも少しの寂しさもある。
c0070439_0391663.jpg
ボクは、半年間に貯めた写真やビデオをDVDに焼き付けてラベルも印刷した。前もってやっておけばいいものを、最後の最後まで大忙しであった。しばらくは寂しくなるが、まあ仕方のないこと。時々東京に行くことを楽しみにしておこう。もう寝なきゃ明日の朝は早い…。
by hyocori-hyoutan | 2010-09-19 00:33 | 家族
走ることの良さは季節を先取りできること。今日も午前中(9時くらい)から走り始めた。マンションの上層階は涼しいがエレベーターで1Fに降りてみると、蒸し暑い…嫌な感じである。でも不思議と走り始めると風が流れてくる。その風は秋の風である。しばらく走ると都市高速下の日陰に入る。一段と涼しくなる。そして香椎浜ジャスコの周回では直射日光に当たるが、風が日差しを和らげてくれる。

秋が近いといっても、かく汗は真夏並みであるのが嬉しい。Tシャツ一枚では、汗が流れ落ちて靴まで浸み込むから、首にスポーツタオルを巻いて走る。タオルが汗を吸い取ってくれるので、ランパンや脚に流れる汗のスピードを緩和してくれる。それにしても、走っているランナーは多い。もう秋のレースのための走りこみか?、健康のためのジョギングか?

久しぶりにボクの横にはオクさんが併走をしている。走っているランナーは一人がほとんどだ。二人で走れる喜びをかみしめながら走る。フォームは試行錯誤の連続だし、常に新鮮な気持ちで走るが精神衛生上もいいみたいだ。

いつもの10kmジョグを終えて家路に向かおうと思ったが、秋が足音を高めながらやってくるのが嬉しくてプラス2kmのジョグを加えた。9,10月も頑張って走ろう。仕事は「シティマラソン福岡」が終わるまで忙しいが、忙しい時こそ走りたくなるものだ。
by hyocori-hyoutan | 2010-09-12 23:26 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan