目指すは 301km走破 12月で年間新を 

今年の1月~11月までの走行距離が3217kmに到達した。ここ2ヶ月は月間200kmちょっとと失速気味だ。それでも前半の貯金が残っているのか、平均月間300km近くを維持している。そこで昨年(2009年)の記録を調べてみると、年間3517kmであった。ここで計算式、3517km-3217km=300kmとなる。つまり12月に300km走れば昨年と同距離、301km走れば昨年を上回る。決まりだな、12月の目標は301kmを目指そう。

それにしても、10月はシティマラソン、11月は行楽で長期観光などがあって、ルネサンス通いも10月5回、11月5回しか行けなかった。これは近年では珍しいことだ。ルネサンス通いも13年くらいになるが、今ではエアロビクスも中退したし動機付けも緩んできた。今一度、体を鍛えるという基本理念に戻ることを考えよう。

12月は青島太平洋マラソンが待っている。今年は2月の出水ツルフル、4月の菊池ハーフ以来のレースだ。レースの間隔が開いているのは、それだけ充電期間も長かった。また、東京でのゴッドハンド治療後では初レースになる。最後まで足、アキレスに疲労がたまらなかったら、好記録も期待できる。

さあ、明日から12月、忘年会もほどほどにして一年の終わりを締めくくろう!

by hyocori-hyoutan | 2010-11-30 23:59 | 日々ランの雑感

11/19 江ノ島、鎌倉 初めてきたよ 人多し(2)

c0070439_2312274.jpg
江ノ島観光が終わって早速、江ノ電に乗って鎌倉に出かける。乗ること20分くらいで鎌倉駅のひとつ前の和田塚駅で下車する。目的地は線路沿いにある甘味処である。何たって昔の路面電車の風情を思い出す。
c0070439_23122197.jpg
単線の線路をわたると、そこは甘味処の玄関である。駅ホームの改札も通らずに甘味処に入る。入口からあふれた客はただ待つしかない。そんな時に玄関から出てきた店の人の一言…「お客さん、線路沿いに並ばれるのは危険です。どうぞ、敷地内で並んでください」
c0070439_23125438.jpg
入った店は「無心庵」である。注文したメニューは「クリームあんみつ」である。蜜は本格的な黒糖を使ったもの。かき揚丼を食べて、まだ2時間くらいなのに美味しいもの、甘いものは別腹である。
c0070439_23172111.jpg
食べ始めて、数分で完食である。周りの人も満足げである。ここで予想以上に時間を費やした。さてさて観光日程の変更が必要になってきた。なんといっても関東は九州よりも日没が1時間も早い。午後4時過ぎであるが、もう夕闇の雰囲気が出てきた。
c0070439_23143521.jpg
当駅とは「和田塚駅」のこと。ここから鎌倉の大仏見学で「長谷駅」に向かうか、鎌倉の「鶴岡八幡宮」に向かうか…である。ここでは、鎌倉を選んだ。もう日が暮れる。お土産街のある鶴岡八幡宮の方が日没後も楽しいだろう。
c0070439_23144932.jpg
日が暮れてもすごい賑わいだ。右に左に目移りをしながら本殿を目指す。いつもなら右に左の店に立ち寄るが、今日は孫娘、娘夫婦と一緒だ。帰りの道中も2時間から3時間はかかる。立ち寄る時間もない。仕方なくノンストップで本殿に到着だ。
c0070439_2315491.jpg
もうすっかり日が暮れた。鶴岡八幡宮は約250万人の正月三が日の人出だと…全国で5番目だと…ちなみに福岡の大宰府天満宮は約200万人で全国10位だ。大宰府に行った事はある。一度行くと二度といきたくない大混雑だ。鶴岡八幡宮の正月はすごいだろう。今の暗闇の静けさからは想定できない。

もう夜の7時過ぎだ。鎌倉まで来て「鎌倉の大仏」さんをお参りすることも出来なくなった。これもいいもの。また来てください…と言われたのかもしれない。また鎌倉に遊びに来ます…と心に誓って車に乗り込む。娘夫婦の埼玉県まではまだ遠い。本当に遠い。案の定、帰宅は夜11時になってしまった。孫娘のYちゃん、遅くまで付き合ってくれてありがとう…と思っていたら、家に帰っても興奮して、なかなか寝ない生後5ヶ月の女の子でした。

by hyocori-hyoutan | 2010-11-30 23:52 | 東京遠征

24時間ホルダー ゆっくり走って 脈拍アップを目指す

土曜日から24時間ホルダーをつけている。半年に一回の定期検査だ。ホルダーをつけるとやはり動きにくい。それでも、24時間の総脈拍数が7万回を下回れば良くないと前回医者から言われたので、心電図ホルダーをつけていても脈拍をあげる努力をする。つまり運動だ。

心電図ホルダーは、首からぶら下げたビニール袋の中に入っているが防水じゃない。トレッドミルに乗って傾斜をつけて歩いていると汗が徐々に出てくる。時々汗がしみこまないようにビニール袋を拭くものの、30分もしたらTシャツは汗でずぶぬれだ。よくビニール袋の中を見ると少し汗が侵入したみたい。あわてて拭き上げる。そんな訳で集中力は高まらず7kmのスロージョグ、傾斜ランは終わる。それでも1時間はトレッドミルの上で頑張った。平均脈拍はこの負荷で120くらいだった。

それでも、まだ運動が足らない。日曜日の朝は7時半から1時間のウォーク&ランを行った。海中大橋手前までが3km、往復で6kmちょうど1時間であった。5分の4は歩いたが、それでも汗はじわじわと出てきた。いつまで走れるか分からないが、このウォーク&ランだったら80歳までは大丈夫かな。もちろん、その間に病気しないことだな。結局、24時間ホルダーをつけても脈拍アップに勤しんだが、その結果発表は来週だ。努力が報われるかな…。

by hyocori-hyoutan | 2010-11-28 23:49 | 健康化大作戦

11/19 江ノ島、鎌倉 初めてきたよ 人多し(1)

c0070439_2322275.jpg
11/19(土)は車で鎌倉に遊びに行く。江ノ島の駐車場に車を止めてひとまず、江ノ島見学だ。橋を渡って江ノ島へ。
c0070439_23222027.jpg
狭いおみやげ物通りを通って展望台を目指す。孫の赤ちゃんは乳母車に乗って押していく。
c0070439_23224868.jpg
急坂を登っていくと本殿が見えてくる。お参りを済ませて眼下を見渡すところに行く。江ノ島に渡る長い橋を見下ろす。
c0070439_2323345.jpg
再び同じ道を通って参道へ。行きに予約して名前を書いていた店に入る。江ノ島といえば「しらす料理」である。ガイドブックに有名な「たこ島」に入る。
c0070439_23364830.jpg
食堂のサンプルを見てもなかなかオーダーが決まらない。結局、中のテーブルに座って、横の人、後ろの人の先客の食べているものを見て美味しそうなもの注文する。
c0070439_2337663.jpg
それぞれに注文をする。海鮮丼は1800円だったかな。すし飯で美味しそうだ。いや美味しかった。
c0070439_23372985.jpg
それと名物のかき揚丼も見事だった。桜海老のかき揚に"しらす"が山盛りだ。何たって丼がでかい。その大きさに合わせたかき揚も立派だ。これだけ食えば腹いっぱいだ。
c0070439_23375221.jpg
ということで、今日は腹いっぱいの昼食まで!

by hyocori-hyoutan | 2010-11-28 23:21 | 東京遠征

11/18 東京スカイツリー 今が旬 見上げて首痛し

c0070439_21475661.jpg
飛行機からの景色に見とれていると遠方に雲の中に浮かんでいる山が見えてくる。間違いなく富士山だ。せっかくの飛行機の中、すごい写真が撮れる。レンズを望遠にしてズームアップだ。雲を雄大な裾野にリングさせた崇高な富士山の写真が撮れる。出来としてマアマアかな…。
c0070439_2148578.jpg
東京に着くと目的のカカト、アキレス腱の治療を終えて観光に向かう。旬な観光スポットはやはり東京スカイツリーだ。地下鉄銀座線の浅草駅に下りて、撮影カメラスポットを目指して歩き始める。最初は吾妻橋からの写真を撮る。。観光客の多い浅草だから橋の付近は人だかりがすごい。見えるスカイツリーはビルの谷間からの写真しか取れない。ビルと同じような高さに見えるが、実はこの横のビルとスカイツリーの距離はすごく離れている。
c0070439_21484810.jpg
吾妻橋を渡り墨田区役所の中の建物を通り抜け業平橋に向かう。その路地からもスカイツリーの威容はますますでかくなる。
c0070439_21493980.jpg
そして業平橋近くの橋の上も撮影ポイントだった。あとこれでスカイツリーまでは500mに近寄った。
c0070439_21495628.jpg
やっと着いたぞ!建設現場の柵まで到着した。完工時は634m、今は497mの表示だ。あと140mも高くなる。今は第一展望台まで完成していた。
c0070439_21504538.jpg
c0070439_21513599.jpg
一番近くの地点まで行って見上げてみる。天高く伸びている一本、一本の柱は少しづつよじれている。そのためタワーが傾いている錯覚にとらわれる。じっと眺めていると首が痛くなる感じだ。
c0070439_2156340.jpg
東京タワーが333mで、それを300mも越えた高さである。この建設途中の写真は希少価値があるのかもしれない。多くの一眼レフカメラを抱えたカメラマニアが押しかけていた。幸い青空にも恵まれた。いい写真が撮れたものだ。気がつくともう3時半だった。東京の秋の夕暮れは早い。3時過ぎなのに陽が長くなっていった。さあ、今晩の宿に戻ろう。東京一日目も過ぎていく。

by hyocori-hyoutan | 2010-11-25 21:47 | 東京遠征

ゴッドハンド 半年ぶりでも 効き目はすごい

18日(木)から東京に出かけた。朝7時過ぎの朝一番の飛行機で東京に向かう。毎回格安の飛行機で東京に向かうが、無事に羽田空港に車輪を下して着陸して減速すると一安心だ。今回の目的である東京板橋のゴッドハンド治療院に向かう。羽田から浜松町に。浜松町から山手線で恵比寿へ、恵比寿から埼京線で板橋へ。駅前の治療院へ。雑居ビルのエレベーターの乗って4階へ、いつもの治療院のドアを開けて待合室へ。すでに先客が5,6人である。待合室の張り紙には新しい張り紙があった。

ひとつは、「この治療院には有名人の方の来られます。握手や写真撮影を求めることはやめて下さい。有名人でもプライバシーがありますから」とのこと。
もうひとつは、「初診料を8000円から10000円に改定します。再診は5000円据え置きます」とのこと。

やはりすごい人気のカリスマゴッドハンドだ。まあ、こっちにとっては再診料5000円据え置きは助かった。待つこと10分足らずで順番が回ってきた。「半年前に来たアキレスとカカトの骨が炎症を起こして石質化したもです」と言うと、「ああ、そうだったね、今日はどうかな」と言いてくれた。治療が終わると、階段の上り下りで感触を確認確かめる。やはり微妙に良くなっている。一回目は飛躍的に良くなるが、2回、3回でもよくなると感じるのは素晴らしい事だ。

治療が終わると、もう自由時間だ。せっかく東京に来たのだから、今が旬の観光地に出かける。墨田区に建設中の東京スカイツリー見学に出掛ける。

by hyocori-hyoutan | 2010-11-21 21:21 | 東京遠征

舞い落ちる枯葉 湯立ては踊る 長者の湯

11月7日(日)にくじゅう登山をしてきた。3年前の10月下旬は大船山は真っ赤に紅葉をしていた。今年は暑かったから11月でも紅葉が見れるかな…と思っての登山であったが、残念ながら紅葉は既に終わっていた。
【長者原~すがもり越…1時間50分】長者原から硫黄山道路を経由のすがもり越を目指す。舗装された道路を40分ほど歩くとすがもり越えへの登山入口の標識が見えてきた。砂利道に大きな石ころが歩く道をふさぐ。とりあえず一歩一歩と歩くしかない。
c0070439_0451913.jpg
【すがもり越~北千里ヶ浜~法華院温泉…40分】すがもり小屋があった場所で昼食をとる。パンとゼリー、それにおにぎりだ。牧ノ戸ルートと比べる登山者は少ない。昼食といっても寒いからさっさと食べて、また歩き出す。岩場を下って北千里ヶ浜に出てくる。ほっとである。平坦で歩きやすい。もう法華院温泉まで30分たらずだ、しかし急な岩場を下っていかなければならない。そしてたどり着いた。法華院温泉だ。ここで記念写真を1枚!
c0070439_0453593.jpg
宿に着いたのは午後2時半頃だった。今日中に大船山に登るを諦めゆっくりと温泉につかる。夕食前には、坊がつるキャンプ場まで散歩に出かける。すると雨ヶ池ルートは進入禁止になっていた。登山道の改修工事でヘルコプターで資材を運搬するらしい。そのために進入禁止になっていた。仕方なし。明日の下山ルートの変更をしなければならない。
c0070439_0455497.jpg
山中の温泉宿、というより山小屋の食事は美味しい。ビールを飲んでカップ酒を飲む。それでも6時に食べ始めた食事も7時に終わって部屋に戻る。部屋には何もない。テレビも何もなし。談話室にあった本を部屋まで持ってきて読もうと思うが電気の明かりが暗い。本が読めない。しかたなく布団にもぐりこんで寝ることにする。まだ午後7時半の就寝である。
c0070439_0513727.jpg
【法華院温泉~段原…1時間10分】
朝風呂に入って優雅な気持ちになる。山での行動は早い。朝8時には上り始める。昨日よりは気持ちがいい。土曜日の熊本での大学同窓会の酒もやっと抜けた感じである。段原に着くころから風が強くなる。尾根沿いの風が吹き上げてくるところだ。帽子が飛ばされないように手で押さえる。かなり寒い状態だ。標識に気温計がついていた。覗いてみると、何と摂氏2度である。それに風速20mくらいの突風である
c0070439_0462825.jpg
【段原~大船山山頂…20分】
本当に山頂に立つのを止めて下山しようと思ったほどの強風である。石にしがみついて風に耐えながら上ること20分で頂上につく。
c0070439_0464096.jpg
c0070439_0472649.jpg
不思議なことに山頂に立つと風がない。風がおさまった。何たって大船山からの景色は最高だ。三俣山や中岳、鬼が鼻、久住山間で見渡せる。朝のうちの登山だからまだ雲がかかっていない。絶景である。紅葉はなかったがこの景色で十分だ。
【大船山~法華院温泉…1時間30分】
帰路も同じ時間をかけて法華院に降りてくる。ここからはまた重いリュックを背負っての登山である。北千里ヶ浜から硫黄山の横をすり抜けて久住別れまでのルートを取った。
c0070439_047396.jpg
【法華院温泉~久住別れ…1時間30分、久住別れ~牧ノ戸…1時間30分】
このルートはすがもり越えよりは長いけれども楽だ。歩きづらい岩場がないから楽だ。ハイキング気分で山道を楽しむ。法華院から3時間で牧ノ戸到着。すると牧ノ戸のレストハウスが建替えになって綺麗になっていた。平日なので車も満車じゃない。
c0070439_047516.jpg
【牧ノ戸~長者原…50分】
さて、ボクのマイカー"デリカD5”は長者原に置いている。長者原までの3.5kmの道のりの九州自然歩道を歩いていく。すると、山では見られなかった紅葉が長者原まで降りて来ていた。紅葉を眺めて一日の山行を振り返る。賞味6時間50分も歩いた。よく頑張った。楽しい晩秋の一日だった。
c0070439_04848.jpg
c0070439_0481456.jpg
長者原につくとホテルで温泉につかる。露天風呂には枯葉が一杯浮かんでいる。次から次に落ちてくる。いや落ちるのではなく舞い上がりながら落ちてくる。冷気にさらされた湯気も立ち上がるものの、強い風に引きづられて行くように、さっと消えていく。今年も暑い暑いと言っていたが、もう晩秋だ。どんな年だったか…。思い巡らすにはあまりにも風情がありすぎる。ここで一句。
「舞い落ちる枯葉 湯立ては踊る 長者の湯」

by hyocori-hyoutan | 2010-11-18 01:57 | 家族

忙しい 落ち着かないと 書けないブログ

ブログを書く時間がない。シティマラソンのことも3,4回分はある。でも時間がない。明日からは大学同窓会、そして紅葉のくじゅう登山だ。まあ、しばらくは書けないかな…。でも元気、元気!

仕事の10月から、遊びの11月へ…。すでに心は飛んで飛んで♪♪である。

by hyocori-hyoutan | 2010-11-06 00:05 | 生活の知恵と愚痴