生活習慣病 仲良く付き合うには 禁暴飲暴食!

高血圧の薬を飲み始めて1ヶ月たった。朝食まえに一錠飲む。エックスフォージという薬だ。インターネットで調べてみると…
「血管収縮作用を遮断し、また末梢血管の拡張により高血圧症の血圧を下げます」
と記載されていた。これが良く効く。血圧も130/70くらいで安定だ。血圧が安定していたら気分がいい。血圧が高い時は何度も血圧計で測りなおして一番低い血圧の記録紙をドクターに渡していたが、今は薬飲んでいるので一回しか測らない。これも高血圧だった父親譲りの遺伝だから半分は仕方なし。

もうひとつの薬も飲み始めた。糖尿病を予防する薬だ。ベイスン0.2錠を食前に一錠飲んでいる。これもネットで調べてみた。
「炭水化物をブドウ糖に分解する酵素を阻害し、小腸からのブドウ糖の吸収を遅らせます」
と記載されていた。ブドウ糖を飲んで食後30分、60分、120分の血糖値を調べたら、食後の血糖値の上昇が激しかった。しかし2時間後には正常値近く(ちょっと高め程度)まで下がっていた。ドクターが言うには「隠れ糖尿病」らしい。空腹時は正常、食後は上昇して2時間後にはまたもとの正常値に戻る。だから通常の健康診断では正常で見つけることができない。食後のインスリンの出が悪いらしい。これも糖尿病だった母親からの遺伝かな。昔むかしの粗食の時代には生存するためには、好都合の遺伝子であったが、過食の時代では逆に危険因子を抱えることになるらしい。

ということで、高血圧に糖尿病の生活習慣病を抱え込んだみたいだ。生活習慣といっても遺伝的要素が強いと言われたのが少しの救いかな。まあ、あと5kg減量すれば数値も自然と良くなるだろう(素人考えだが…)インスリンは体の脂肪に吸収されるとの記載もあった。脂肪が減ればインスリンも出てくるだろう。一病息災ということばもある。酒の飲みすぎに注意しよう。残念だが「ランニング、運動をしていれば全て大丈夫」という年齢ではなくなったのだからね。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-28 03:12 | 健康化大作戦

ゴッドハンドも 過労になった わが身は治せず

東京に行った時には必ず寄るところがある。アキレス腱付着部炎症の治療である。もともと右足だけであったが、今は均等に左右ともにカカトがいたい。それでも、以前と比べると軽快はしている。その病状の好転の理由は、この「ゴッドハンド」治療である。
c0070439_2323341.jpg
東京に着いて、鎌倉見物のあとにこの治療院に出かけたものの休診であった。ドクターの体調不良によるものだ。がっかりだ。せっかく東京まで来たものの治療が受けることができず残念であった。そう思っていると、帰路はアキレスが余計痛くなったような気がした。また、近日中に東京に来る予定もある。それまでにドクターも元気になってくれたら嬉しいが…。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-28 02:41 | 健康化大作戦

時を忘れ 楽しく過ぎる日々 でも残りわずか 

c0070439_1056720.jpg
孫が近くにいたら楽しいだろうが、遠くにいても会いに行く楽しさもある。日々の成長の早さを感じるのは、案外近いよりは遠くに住んでいて会う機会が限られている方かもしれない。そう思っている方が寂しさを紛らわせることができる。
c0070439_10561922.jpg
今日も一緒にお出かけだ。外に行く時は本当にうれしそうである。ぎこちない足取りであるが、軽やかに楽しそうである。川越市に行ってきた。小江戸ー川越めぐりである。川越観光会館では「川越まつり」の山車の見学もした。スクリーンいっぱいに広がる川越まつりの興奮あふれる本番も見ることができた。
c0070439_1101129.jpg
街を見学して歩いて行くと、日本の音風景百選に選ばれた「時の鐘」を見ること聞くこともできた。江戸初期から一日4回の鐘を川越市の街中に鳴らし続けている。
c0070439_1105461.jpg
c0070439_12354955.gif
楽しくても帰らなければいけない。台風も近付いてきた。飛行機が無事に出てくれるといいが、孫は相変わらず食欲旺盛だ。一緒に食事をしていても気持ちがいい。食事制限に努めたいが今日は仕方ないだろう。ビールの後に焼酎を1,2杯飲み干す。明日は家路に着く。オクさんはもうしばらく孫との語らいが続く。
c0070439_10564356.jpg
さあ、家に帰ったら数日は独り暮らしだ。掃除に洗濯できるだろうか。まあ、オクさんが帰宅する前日に一回すればばれないかな。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-22 23:59 | 家族

ダンボとミッキーとも 終日遊ぶ ディズニーランド

c0070439_9592611.jpg
埼玉からディズニーランド(TDL)までマイカーでやってきた。TDL近くに来ると車窓から「東京スカイツリー」も見えてきた。
c0070439_9593920.jpg
いつもなら、オープン前の8時頃から開門に並ぶが今日は、赤ちゃん連れだし夜遅くまで入るつもりだったから、昼ごろにTDL正門にたどり着いた。
c0070439_9595823.jpg
今日も暑い。残暑が厳しい。着いてすぐに昼間のパレードが始まった。何といっても、このパレードのサービス精神が旺盛なのには感激をする。
c0070439_100206.jpg
孫と一緒だから、乗り物にはあまり乗らない。乗れないのだ。オクさんが孫と一緒にコーヒーカップに乗ったり、幼児に安全なリトルワールドにも入る。
c0070439_10132730.jpg
c0070439_10134961.jpg
夕暮れが近くなった。暑さも和らぎTDLで遊ぶには快適になってきた。幸い、冷房の利いたレストランで十分に休養をとったせいか元気回復だ。
c0070439_1004339.jpg
c0070439_101261.jpg
遊具「空飛ぶダンボ」には危ないので乗り事は出来ない。仕方ないので、その遊具の前に置いてあった空を飛ばないダンボ君に乗って記念写真を撮る。
c0070439_1011861.jpg
そして待ちに待った夜のパレードが始まった。これでもか、まだ続くのか…と思うくらいにボリューム一杯のパレードであった。孫も大きな目を更に大きくして眺める。ミッキーなどのディズ二ーキャラクターが満載だ!
c0070439_1013693.jpg
c0070439_1014996.jpg
そして、パレードが終わってすぐに帰るかと思ったら、ショッピングタイムの時間になった。どこのショッピングコーナーもお土産の品で山積みである。購買欲のたくましさに脱帽だ。じっと見ているだけである。まあ、残念だったのは強風のため「花火」が中止になったことだけかな。そのあとは家路に急ぐ。帰路は往路と違ってスイスイと高速道路を走ることができた。それでも帰宅時間は、夜の11時近くになってしまった。もう少し大きくなれば、孫も積極的に遊べるだろう。その時にまた行こうね。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-22 22:58 | 家族

鎌倉 長谷寺 鶴岡八幡宮 一通りぐるりと探索

c0070439_095334.jpg
鶴岡八幡宮に行ってきた。この日は偶然にも有名な流鏑馬の奉納儀式がとり行われる日だった。ただし、開始は午後1時過ぎからじっと待つわけにもいかず、馬が走る「やぶさめ馬場」だけを撮影した。せっかく来たからにはお土産は、鎌倉彫のスープスプーンを2個買った。金や銀のスプーンもいいが、漆塗りの落ち着いた鎌倉彫のスプーンもいいものだ。
c0070439_0101351.jpg
c0070439_0102888.jpg
次に行ったのは、鎌倉の大仏さんである。恥ずかしながら生まれて初めての「鎌倉の大仏」さんである。吹き晒しの大仏さんでちょっとかわいそう。
c0070439_0424098.jpg
そこから歩いて数分で長谷寺に到着した。ここは見ごたえがあった。
c0070439_0431985.jpg
階段を歩いて行くと可愛いお地蔵さんがいた。「良縁地蔵さま」というらしい。ネットで調べたら、以前は「和み地蔵」さまと言っていたらしい。家族が仲良くするのは当たり前だから「和み」だったかもしれない。でも家族の絆も薄くなりがちの現在だから、家族の絆は縁があってのもの、良い縁を大切にしなさいという意味の「良縁」かもしれない。
c0070439_112744.jpg
c0070439_113989.jpg
さあ長谷寺からは江ノ電に乗って鎌倉駅まで戻ろう。JR鎌倉駅に着けば、都心まで1時間当たらずで到着だ、まだ日が高い。まだまだ遊びまわる時間はあるかな。
c0070439_122031.jpg

by hyocori-hyoutan | 2011-09-21 23:08 | 家族

東京で 孫と再会 土産は写真とビデオ

無事に福岡に戻って来た。台風の進路が心配だったが、どうにか台風直撃の一日前に帰宅できた。5泊6日の東京の旅だった。最初の一泊は都内のホテル泊にした。その翌日は鎌倉見物に出かけた。鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、小町通り探索、長谷寺見物…、都内に戻りスポーツ店や都内のショッピングにも出かけた。娘は埼玉県に住んでいるので一度娘宅に行ったら、なかなか都内探索もできないので最初に思う存分遊んだ。

楽しんだ夕方には、西武池袋線で娘宅に…。宿代がかからない分は外食に招待をした。よちよち歩きの娘の長女も、2ヵ月半ぶりに会うと、歩くという運動量も増えたせいか、顔も一回り小さくなりより可愛くなっていた。ジジ馬鹿のコメントですがね。それでも4泊をして十分に孫とのスキンシップを楽しんだ。

でも会えば別れがある。池袋駅まで一緒に出てきて、改札口でお別れをしてきた。まだ1歳3カ月だから別れる意味もわからない孫であるが、ちょっと寂しそうな顔だった気がする。家に戻り、さっそくスカイプでご対面だ。パソコンのディスプレー越しに、孫に声をかける。パソコンの向こう側では、大きな笑い声が聞こえてくる。孫も元気みたいだ。さあ、明日から仕事頑張ろう。

それと孫宅で撮った写真350枚、ビデオ30分を整理しなければいけない。これも大きな仕事だ。忘れないうちに整理して娘夫婦にプレゼントしよう!そこまでがジジの仕事だ。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-20 23:08 | 家族

しばらく 遊びに専念 東京でご対面(孫娘)

東京に遊びに行ってきます。来週の秋のゴールデンウィークの先取りで行ってきます。2か月前からは仕事の計画がわからないから、その時期に飛行機を予約するのは勇気がいったが思い切って予約した。何とか仕事、会議が入らないように調整していた…。結果オーライで何のスケジュールも入らなかった。良かった。これで思い切り遊んで来れる。

6月末の東京に帰って行った孫娘(1歳3カ月)とも2カ月半ぶりの再会だ。週一回はスカイプで顔を見ていたので成長の様子は分かっているつもりだが、テレビの画面と生の再会は違うもの。どれくらい体重が重くなったか抱っこするのも楽しみだ。

まあ、一眼レフのカメラバッグを持参するので、一杯の写真、ビデオを撮ってくるのが楽しみだ。遊び出発まであと少し…。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-15 15:18 | 家族

熊本で 大学アスリート 躍動する

土曜日から熊本県民総合陸上競技場に行ってきた。日本学生陸上競技対抗選手権大会が開催されていたので、一泊二日の観戦ツアーだ。いつもは東京で開催されることが多いが、今年は珍しく地方開催だ。しかも隣県であるのなら、これを見逃す手はない。土曜日の朝一に福岡から高速を飛ばして熊本へ…。
c0070439_12542991.jpg
c0070439_1256989.jpg
陸上競技場は緑の囲まれた公園内にあった。パークドーム熊本(室内テニス場、プール等の多目的スポーツ施設)も隣接していた。福岡の東平尾公園と比べても広いし美しい。上の写真は200mトラックレースだ。スクールカラーに彩られたユニフォームが躍動している。
c0070439_1257361.jpg
c0070439_12572472.jpg
正午すぎには、もう33.5度になっていた。暑いのは当たり前だが、競技の熱気とスタンドを吹き抜ける風が気持ちいい。ボクは、もちろん長距離が好きだが、生の迫力はハードル競技だった。男子110ハードル、女子100ハードルのスタート前の集中力とハードルを越える瞬間の筋肉の躍動は素晴らしい!スピードを落とさずに、ハードルなんて障害になっていないような動きで風のように過ぎ去っていく。この動きは若者しかできない動きだ。
c0070439_12581628.jpg
c0070439_12591642.jpg
夕刻には5000M決勝が開催された。早稲田の新鋭の大迫選手、創価大のジョセフ・オンサリゴ選手の一騎打ちと思われたが、ラストで200mで別の選手が飛び出してきた。駒大の村山謙太選手だ。
c0070439_133770.jpg
この下の写真では6番目の白いユニフォームの選手だ。鋭いロングスパートで2選手を振り切りにかかる。大迫、ジョセフ選手もラスト50mから差を縮めrていくが再逆転はならず。なかなか、場内が盛り上がるいいレースだった。
c0070439_130947.jpg
c0070439_1334976.jpg
上の写真は400mハードルだ。日本の得意種目、世界との壁も薄壁だ。スピードと持久力の限界を要求される。最後のハードルを越えてからも、もうひと勝負だ。最後に逃げる足を持っているかどうか、一流選手でも足がもつれているようなフォームになってしまう。
c0070439_134366.jpg
ハードルも楽しかったが、三段跳び、ロングジャンプも楽しかった。3本目までにベスト8に入っていなければ、残り3本を飛べない過酷なルール。一本、一本に集中していく。幅の狭い踏み切り板を猛スピードで踏み切る。足を合わせることも至難の業、日ごろの繰り返しの練習が本番のドンピシャ一発につながる。そして、必ず起こってくるラスト3本でのどんでん返し。終わってのお互いをたたえる選手同士の握手も気持ちがいい。
c0070439_134465.jpg
残すところ、競技マイルリレーと3000m障害レースだけになった。あっという間の2日間であった。世界陸上と比べたら記録は落ちるかもしれないが。大学生の熱気、日本を代表する選手たちの真剣な競技は感動ものだった。地方開催だから見ることができた。またいつか見たくなった。
c0070439_1352236.jpg

by hyocori-hyoutan | 2011-09-11 23:53 | スポーツに一言

朝ラン プラス朝寝 あわてて職場へ

秋の風物詩の筥崎宮の「放生会」前なのに、秋本番を思わせるような涼しさが続く。涼しさに誘われて朝からランニングに出かけた。本日は昼から勤務なので午前中の有効活用のランだ。朝のうちにノルマ消化で走ってしまえば後は楽、ゆっくり過ごせるものだ。

天気も良く快調と言いたいが、昨晩のトレッドミル走の影響で筋肉痛が残っている。思ったように走れないが、それなりのフォームでどうにか10km走は達成した。さて、走り終わってしまえばリラックスタイムだ。朝の情報番組を寝転がって見ていたらそのまま朝寝した。そして、昼の「笑っていいとも」に番組は移っていた。テレビにつられて笑っている…でも現実に戻る。昼1時からは仕事だった。あわてて準備、リュックを背負い自転車にまたがり職場にスタートだ。

朝ランしたし、朝寝はしたし、気分は良し。これで仕事もうまくいけばいい。今日のテレビ占いの「うお座」ボクの星座の運勢を聞くのは忘れたが、あまり気にせず仕事に励もう。仕事もひと山越えてストレス源でなくなったから、職場への足取り、ペダルをこぐピッチも早くなる。

秋は例年以上に遊びごとも多い。健康には気をつけて遊びまわりたい。今日は取り留めのないブログだった。週末は、遊びの第一弾で熊本へ陸上観戦の予定だ。一流、若者のアスリートのパワーを見学して、そのパワーをもらいに行こう!

by hyocori-hyoutan | 2011-09-07 21:54 | 日々ランの雑感

血圧下がって 走力も一緒に 下がらないように

すっかり涼しくなった。涼しさにつられてランのペースも少しだけ上がる。今日は夕方一人ラン…。思いきっりペースを上げたいが、ゆっくりペースに慣れた体は反応しない。でも、いつもの照葉の街先の折り返しは平均より1分早い。この地点で約2.5kmだから、本日のコース11kmから換算すると大体5分早く家に着くかなあ…と考えながら走る。いつもより少しペースが早いだけで交差点の状況が一変する。いつも赤から青になってノンストップになる信号機が、まだ十分に「赤」のままだ。ゆっくり休憩できる。これに味をしめて、信号機から信号機までを意識して一生懸命走って、ゆっくり休む。ちょっとインターバル的な走りかな。

涼しくなったが日の沈みも早くなった。香椎パークポート内の歩道も暗いところがあるが、そこは慎重に足元を見ながら走り続ける。そして、かもめ大橋の上り坂に入る。今日は天気がいい。志賀島、能古島の島々を右手に見ながら走る。ヤフードーム、福岡タワーもはっきりと視界に入ってくる。走りが快調だと流れる景色も美しく見える。いつもと同じランコースであるが改めて考えてみると、この景色は美しい。海のそばに住んでいてよかったと思う。

貝塚ランプからは家まであと少しだ。都市高速下の名島橋を軽快に走り抜けて行く。ここから先は更に楽だ。くたびれるけど信号の間隔が短くなるから休憩もとれる。そして香椎浜ランプ下でゴールとなる。タイムは1時間05分でゴール。予定通り約5分ほど早かった。1kmラップ換算では30秒弱速く走ったことになる。キロ6分20秒が5分50秒くらいになったかな。でも、この30秒のラップを上げるのは大変だった。本当はキロ5分くらいで軽快に走りたいが、なかなか体が動かない。

それでも充実感はあふれてくる。楽しみな体重計に乗ってみると、ラン前後で1.3kg減だった。もちろん汗も多いであろうが、この涼しさでの1.3kg減は嬉しいものだ。高血圧も降下剤の効果が凄い。たかが一錠飲むだけで、@130-75くらいで安定をしている。体重落ちて血圧下がって…良いことづくめだ。あとはランの記録が落ちないように頑張るだけ…。

by hyocori-hyoutan | 2011-09-05 23:48 | 日々ランの雑感